NFT入門 PR

【NFT】とは?世界を変える新たなテクノロジーを解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
NFTのイラスト画像

 

悩んでいる人
悩んでいる人
NFTって何のこと?

今後のために
知っておいたほうがいいの?

ボクたちに
どう関わって来るの?

 

本記事では
こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 【NFT】とは?世界を変える新たなテクノロジーを解説
  • 【NFT】の圧倒的な5つの将来性
  • 【NFT】との2つの関わり方

 

プロフィール画像

 

ひしはり
ひしはり
こんにちは、ひしはりです。

 

2021年3月、世界に衝撃を与えた
2大オークションニュース。

NFT化されたデジタルアート1点
約75億3,000万円で落札。

Twitter共同創業者のNFT化された
初ツイート約3億1,600万円で落札。

どういうこと?

完全に意味がわかりませんよね。

ボクも初めてこの事実を知ったときは、
頭の中が「?」で確変状態でした。

そこでそんなボクと同じように
頭の中が「?」なあなたのために
本記事ではNFTといったものについて
基礎的なことをわかりやすく解説します。

本記事を読めば、
この謎めいたNFTとはいったい何なのか、
今後どうなっていくのか、
またそんなNFTと
この先、関わることになっていくのか、
といったことがザックリわかります。

この先の世界を変えていくであろう
新たなテクノロジーNFTを知って、
ぜひ、そんな未来を想像して
悶絶してください。

【NFT】とは?世界を変える
新たなテクノロジーを解説

NFTの画像

 

NFTとはNon Fungible Token
(ノン・ファンジブル・トークン)

の略です。

訳すと
非代替性(ひだいたいせい)トークン
代替(だいたい)不可能トークン
となります。

【トークン】

本人であることを証明する証しとしての
認証デバイスそのもののこと。

また、硬貨の代わりに限定的に
用いられる代用貨幣などのこと。

 

ここでいうトークンは、
ブロックチェーン(後述します)上での
デジタルデータ・デジタル資産のことを
指します。

 

ひしはり
ひしはり
非代替性とか
代替不可能なんてなんだか
むずかしい言葉ですよね。

 

かんたんにいうと、
替えがきかない1点ものということです。

つまりNFTとは改ざんもコピーもできない
唯一無二性の価値と所有権を
デジタル上で証明できる
デジタルデータ・デジタル資産のことです。

デジタル資産といえば、
ここ数年、よく話題に取り上げられる
暗号資産(仮想通貨)
思い浮かびますよね。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)といったものが、
有名です。

【暗号資産】

電子データとして暗号化された
デジタル通貨のこと。

世界での呼称と合わせるために、
2020年5月に金融庁によって
正式名称が改められた
それまでの仮想通貨のこと。

 

当ブログではわかりやすいように
当面のあいだ、
暗号資産(仮想通貨)といった形で
同時記載します。

暗号資産(仮想通貨)については、
別記事のNFTに必須!
【暗号資産(仮想通貨)】の
概要や種類を解説
にまとめていますので、
そちらをぜひ、参考にどうぞ。

実はそういった
暗号資産(仮想通貨)とNFTには、
前述したブロックチェーンと呼ばれる
共通のテクノロジーが使われています。

ブロックチェーンは、
インターネットを凌駕する
次世代のテクノロジーといわれています。

【ブロックチェーン】

特定の管理者が存在しない
分散型台帳技術のこと。

公開された情報を
世界中のパソコンで
複数のマイナーが同時に
承認、管理できる技術のこと。

 

【マイナー】

公開された情報の内容や記録の暗号を
解読・検証・合意形成をし、
新たなブロックを
つなぎ足していく人のこと。

この作業をマイニング(採掘)と呼び、
マイニングする人のことを
マイナー(採掘者)と呼ぶ。

 

ひしはり
ひしはり
つまり世界中のマイナー全員が
監視役です。

 

NFTはそのブロックチェーンの中に
改ざん不可能な固有のデータを
記録することで、その唯一無二性の
価値と所有権を証明することができます。

たとえばスポーツショップで売られている
同じサッカーチームのゲームシャツの価値は、
どれも同じです。

でもそのシャツに有名選手の直筆サインを
あなたの名前入りで書いてもらうと、
そこには世界で唯一無二の
価値が生まれますよね。

 

ゲームシャツのイラスト画像

 

さらにその有名選手に
あなたがサインしてもらっている実際の動画を
証拠としてセットでもらえることで、
そのサインが本物であることが
証明できますよね。

 

ひしはり
ひしはり
まさに世界で唯一無二の
非代替性ゲームシャツに
なるわけです。

 

そういったことが
ブロックチェーンとNFTの技術によって、
デジタル上で証明できるように
なったんですね。

冒頭の2大ニュースの
デジタルアートやツイートも
唯一無二のホンモノであることを
いつ何どき世界中の誰に対しても
証明できるからこそ、
価値が爆上がりしたんですね。

2大ニュースの詳細は次のとおりです。

【Everydays: The First 5,000 Days】
(毎日 最初の5000日間)

アメリカのデジタルアーティスト
Beeple(ビープル)
本名マイク・ウィンケルマン氏の
デジタルアート作品。

2007年5月1日から5000日間
(約13年8ヶ月ほど)に渡り、
毎日1作品を制作し続け、
それを1つのデジタルアートとして
まとめたもの。

世界的オークションハウス(競売会社)
クリスティーズのオークションで、
約6,930万ドル(約75億3,000万円)
落札された。

 

【ジャック・ドーシー氏の初ツイート】

Twitterの共同創業者でCEO(当時)の
ジャック・ドーシー氏の世界初ツイート
「just setting up my twttr」
(ちょうどツイッターを
設定しているところ)が、
デジタルプラットフォーム
Valuables(バリュアブルズ)
約3億1,600万円で落札された。

世界で初のツイートだったため、
「デジタル時代のロゼッタ・ストーン
とも呼ばれた。

 

【NFT】の圧倒的な5つの将来性

NFTと地球儀の画像

 

そんなまだまだ聞き慣れないNFTですが、
これからいったいどんな将来性、
未来への可能性があるのでしょうか?

ということで、現在期待されている
NFTの5つの将来性は次のとおりです。

 

 NFTの5つの将来性

  • 新しい文化の創出
  • 無形資産としての価値提供
  • 金融包摂の手段としての期待
  • メタバースでの新たな経済圏の誕生
  • 新たなビッグビジネスとしての台頭

 

以下で順に解説します。

新しい文化の創出

 

今後さらにアート、ゲーム、スポーツ、
トレーディングカード、ファッション、
音楽などあらゆるジャンルの
あらゆるものがNFT化されて、
ブロックチェーン上で
暗号資産(仮想通貨)によって
取引されていきます。

すでに
トレーディングカード業界においては、
2020年10月にカナダの
Dapper Labs(ダッパーラボ)によって
アメリカのプロバスケットボールリーグ
NBAをテーマにした
NFTトレーディングカードサービス
NBA Top Shot(NBAトップショット)
スタートし大成功を収めています。

 

NBA Top Shot(NBAトップショット)公式ページの画像 出典:NBA Top Shot公式ページ

 

無形資産としての価値提供

 

現在の世界経済は
無形資産が台頭して来ています。

無形資産とは、文字どおり実体のない
知的財産(特許や商標権、著作権)や
特定のスキルやノウハウを持った
人的資産などです。

NFTはそういった無形資産を
ブロックチェーン上において特定し、
デジタルデータ・デジタル資産として
唯一無二性を与えて価値を生み出し
提供することができます。

金融包摂の手段としての期待

 

このなんともむずかしい言葉は、
金融包摂(きんゆうほうせつ)
読みます。

英語では、
ファイナンシャル・インクルージョン
呼ばれます。

【金融包摂】
(ファイナンシャル・インクルージョン)

世界のすべての人々が貧困や難民など、
置かれた状況に関わらず、
金融サービスにアクセスできて
またそれを利用できること。

 

NFTにはその金融包摂の手段としての
期待と可能性が大いにあるんですね。

たとえば、成人の23%(約4人に1人)しか
銀行口座を持っていないフィリピンでは、
Axie Infinity(アクシィインフィニティ)
というNFTを活用したNFTゲーム
(ブロックチェーンゲーム)の収入が、
コロナ禍のフィリピン経済を
支えたといった事実があります。

ゲーム内のキャラクター(Axie)を
育成してNFT化し、ゲーム内通貨で
そのキャラクターを取り引きして
そのゲーム内通貨を換金することで、
プレイヤーは収入を得るといった仕組みが
実際に生活を支えたわけですね。

 

Axie Infinity(アクシィインフィニティ)の公式ページ画像 出典:Axie Infinity公式ページ

 

メタバースでの新たな経済圏の誕生

メタバースの画像

 

メタバースとは
インターネット上に構成される
3D(3次元)の仮想空間のことです。

メタバースの語源は
超越を意味するMeta(メタ)
世界を意味する
Universe(ユニバース)との造語で、
1992年に発表された
ニール・スティーヴンスン
『スノウ・クラッシュ』という
SF小説から来ています。

「おもしろそう、ぜひ読んでみたい」
思ったあなたは、以下のリンクからどうぞ。

 

スノウ・クラッシュ 上

スノウ・クラッシュ 下

 

メタバースの世界では、
ボクたちはアバターと呼ばれる
自分の分身となって活動します。

そのメタバースの世界では
新たな経済圏が一から構築されていて
その経済圏の中のすべてといっても
いいくらいのものがNFT化されて
暗号資産(仮想通貨)によって
すでに取り引きされています。

 

NFTで取り引きされている例

  • 土地
  • 不動産
  • アート
  • ゲーム
  • ファッション
  • イベントチケット

 

いうなれば仮想空間として
もうひとつ別の地球が
一から誕生する感じですから、
その新たな経済圏がもたらす
ビジネスチャンスや可能性には、
計り知れないものがあるわけですよね。

こういった暗号資産(仮想通貨)や
ブロックチェーンを基盤とした
新たな経済圏のことを
トークンエコノミーと呼びます。

新たなビッグビジネスとしての台頭

 

前項のメタバースでの
新たな経済圏の誕生でも触れましたが、
NFTにはとんでもない
ビジネスチャンスが生まれています。

今後の世界において
NFT関連のビジネスは、
間違いなくビッグビジネスとして
台頭していくと予想されています。

その代表例にあげられるのが、
Game Fi(ゲームファイ)という
ビジネスモデルです。

Game Fiはゲームに
DeFi(ディファイ)をかけ合わせた
オンラインNFTゲーム
(ブロックチェーンゲーム)
全般のことをいいます。

【DeFi(ディファイ)】

Decentralized Finance
(ディセントラライズド・ファイナンス)
の略で、分散型金融のこと。

 

分散型金融とは、
中央に特定の管理者を置くことなく、
自律的かつ自動的に提供される
金融サービス全般のこと
をいいます。

このGame Fiのコンセプトは、
ゲーム好きにはたまらない
ゲームをプレイしながら稼ぐことができる
Play-to-Earn(プレイ・トゥ・アーン)
という夢のようなものです。

 

ひしはり
ひしはり
対戦形式で見せる
eスポーツとは、
また違ったコンセプトですね。

 

【eスポーツ】

Electronic Sports
(エレクトロニック・スポーツ)
の略。

コンピュータゲームを使った対戦を
スポーツ競技に見立てたもの。

将来的なオリンピックの新種目としても
注目されている。

 

たとえば、今までは人気ゲームの
ドラゴンクエストや
ファイナルファンタジーを
どれだけプレイしても
1円も稼げませんでした。

ですが、Game Fiの世界では、
ドラゴンクエストのレアアイテムだったり、
強化したキャラクターだったり、
ファイナルファンタジーの
武器なんかだったりが、
NFT化されて唯一無二性の価値が生まれ
デジタルデータ・デジタル資産として
高額で取り引きされるようになって
その収益で食べていける時代が
来るかもしれません。

前述したフィリピンの例のように
もうすでにNFTゲーム
(ブロックチェーンゲーム)業界では、
そういったようなことが
現実に行えるようになっています。

デジタル空間、
バーチャル空間を介して展開される
NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)の
フィールドでは今後、
ゲームを生業とする人たちが
どんどん増えていくでしょうね。

【NFT】との2つの関わり方

ネットコミュニケーションのイラスト画像

 

ここまで世界を変える
新たなテクノロジーとしてのNFTと、
そんなNFTの将来性について
ザックリと解説して来ました。

では、それを知ったからといって、
実際のボクたちにNFTが
どう関わって来るのでしょうか。

本章ではそのあたりのことについて
解説していきます。

この記事を読んでいるあなたが
一番知りたいことが
きっとこの部分ですよね。

いったいこのNFTが
自分にどう関わって来るのかってこと。

NFTとの関わり方は
大きく分けると次の2つです。

 

NFTとの2つの関わり方

  • 楽しむ
  • 稼ぐ

 

以下、解説します。

① 楽しむ

 

まずは純粋に「楽しむ」です。

すでに始まっていますが、
今後、ますますさまざまなジャンルで
NFT関連のサービスが出て来ます。

NFTによって将来性を
大きく期待されるジャンルは、
次のとおりです。

 

将来性抜群!NFT関連ジャンル

  • 音楽
  • アート
  • ゲーム
  • スポーツ
  • ファッション
  • トレーディングカードなど

 

レアなNFTアートや
NFTトレーディングカードを
コレクションして
コミュニティーの仲間と自慢し合ったり、
NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)を
楽しんだり、NFTの楽しみ方は
人それぞれ千差万別で、
従来のコンテンツの何倍も刺激と興奮に
満ち溢れていくでしょう。

メタバースの世界では、
自分好みのアバターを
NFT化されたオシャレなファッションで
着飾って楽しむこともできます。

信じられないかも知れませんが、
近い将来、ボクたち人類の社会は、
リアルな現実社会から
バーチャルファースト
(仮想ファースト)の社会へ
移行すると予想されています。

【バーチャルファースト】

リアルが主、バーチャルが従だった
これまでの社会の逆転。

バーチャルが主、リアルが従の
次世代の社会のこと。

 

つまり、今リアルな現実社会で
楽しめているすべてのものが、
今後バーチャルなメタバースの世界に
移行するということです。

 

ひしはり
ひしはり
1日の大半をメタバース内で
過ごすようになると
いわれています。

 

そんなメタバース内では、
あらゆるもの(サービス・アイテム等)が
NFT化されて暗号資産(仮想通貨)によって
取り引きされていくわけですね。

にわかには信じられないかもですが、
さまざまな国も国内外の大手企業も
世界はすでにバーチャルファーストの
社会に向けて舵を切っています。

 

ひしはり
ひしはり
もうこれだけで
ワクワクしますよね。

 

② 稼ぐ

 

次に「稼ぐ」です。

ここはもう、興味しかないですね。

ということで、
おもな稼ぎ方は次の5つです。

 

NFTでの5つのおもな稼ぎ方

  • 出品して稼ぐ
  • 転売して稼ぐ
  • 利回りで稼ぐ
  • 利息で稼ぐ
  • ゲームで稼ぐ

 

NFTは自分でアートや写真、動画など
作品を作り、それを出品して
売ることで稼ぐことができます。

また購入したNFT作品を転売したり、
メタバース内でNFT化された土地などで
利回りを得たり、売ったりして
稼ぐこともできます。

さらに所有しているNFTを担保にして
暗号資産(仮想通貨)の
貸し借りもできたりして、
それによっての利息で稼ぐこともできます。

最後は前述したようにGame Fiによって
NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)を
プレイしながら稼ぐこともできます。

自分で育てたゲーム内のキャラクターを
取り引きして稼いだり、
NFT化されたデジタルスニーカーで
ゲーム内をウォーキングや
ランニングすることで
稼いだりもできます。

まさにゲームをプレイしながら、
お金も稼げてしまう
Play-to-Earn
(プレイ・トゥ・アーン)です。

こんな感じでNFTとの関わり方には、
これまでの常識をくつがえす
新しい刺激と可能性で満ちあふれています。

ぜひ、そんな中から
自分に合った関わり方を
見つけていってくださいね。

まとめ:【NFT】とは?
世界を変える
新たなテクノロジーを解説

まとめの画像

 

今回はNFTについて初心者の方向けに
基礎的なことを解説して来ました。

最後にもう一度まとめておくと、

 

本記事のまとめ

【NFT】とは?世界を変える新たなテクノロジーを解説

  • NFTとはNon Fungible Tokenの略
  • NFTとは非代替性トークンのこと
  • 暗号資産とは仮想通貨のこと
  • ブロックチェーンとは分散型台帳技術のこと
  • マイナーとはマイニング(採掘)をする人のこと
  • 金融包摂とは金融サービス利用の平等化のこと
  • メタバースとはネット上の3D仮想空間のこと
  • トークンエコノミーとはトークンによる新たな経済圏
  • Game FiとはゲームとDeFiをかけ合わせたもの
  • DeFiとは分散型金融のこと
  • Play-to-Earnとはゲームをしながら稼ぐこと

【NFTの5つの将来性】

  • 新しい文化の創出
  • 無形資産としての価値提供
  • 金融包摂の手段としての期待
  • メタバースでの新たな経済圏の誕生
  • 新たなビッグビジネスとしての台頭

【NFTとの2つの関わり方】

  • 楽しむ
  • バーチャルファーストとは仮想ファーストのこと
  • 稼ぐ

 

ひしはり
ひしはり
こんな感じですね。

 

新時代のテクノロジー、
次世代テクノロジーは、
不可逆的で一方通行です。

その進化に逆戻りはないんですね。

今の時点で自分に対して
必要不必要に関係なく
テクノロジーや時代の波は、
容赦なくボクたちを飲み込んでいきます。

インターネットが普及した時も
スマホが普及したときも
同じことが起こっています。

気づけばバーチャルファーストの日常が
当たり前の光景になっている日が
必ずやって来ます。

これからの世界がどんなふうに
変わっていくのか楽しみですね。

最後に今回の記事を書くのに
参考にさせてもらった
おすすめのNFT本を
ご紹介しておきますね。

 

 

というわけで今回は以上です。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

参考:NFTに必須!【暗号資産(仮想通貨)】の概要や種類を解説