サラリーマン副業

初心者必見!ヤフオクの出品方法を画像付きでわかりやすく解説

オークションの鐘の画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
ヤフオクで出品するにはどうしたらいいの?

ヤフオクって誰でも簡単に出品出来るの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ ヤフオクの出品方法を画像付きでわかりやすく解説

❷ まずは「出品」するための下準備をしよう!

❸ 「Yahoo!JAPAN」のホームページから出品

❹ 「商品の情報」を入力

❺ 「商品の配送」の設定

❻ 「商品の掲載期間」の選択

❼ 「商品の価格」の設定

❽ 「出品者情報・設定」の設定

 

ありがたい事に
今や転売やネットオークションは
誰でも簡単に出来る
時代となりました。

正しくルールに乗っ取って行えば、
そんな転売等も個人で行えますし、
ご自宅にある不用品等の
販売も行えます。

本記事を読めば、
「ヤフオク」での出品経験が
「100回以上」ある私が
画像付きでわかりやすく
出品方法を解説しますので、
その通りにやってもらえれば、
フリマ感覚で簡単に
「ヤフオク」に出品出来て
ちょっとしたおこづかい稼ぎが
出来る様になりますよ!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

ヤフオクでの出品経験「100回」以上あり。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは2100人ほど。

ヤフオクの出品方法を画像付きでわかりやすく解説

ヤフオク出品の画像

 

まずは簡単な
「ヤフオク」の説明ですが、
「ヤフオク」とは
「 Yahoo! JAPAN」 が提供する
「インターネットオークションサービス」
の事でもともとは
「Yahoo!オークション」
呼ばれていました。

ユーザーの間で略称として
「ヤフオク」と呼ばれていたものが
そのまま正式な名称になった様です。

 

ひしはり
ひしはり
今や「ヤフオク」は
ネットオークションの代名詞になりましたね。

 

ヤフオクでの大まかな出品の流れは
以下の様になります。

 

① Yahoo!JAPAN IDに登録

② Yahoo!プレミアム会員に登録

③ 出品する商品を用意する

④ 出品する商品の写真を撮る。

⑤ 写真をパソコンにアップロードする。

⑥ Yahoo!JAPANのホームページから出品

 

それではさっそく
「ヤフオク」の出品方法を
初心者の方にもわかりやすく
画像付きでご紹介して行きますね。

① まずは「出品」するための下準備をしよう!

サインインの画像

 

まず最初に実際に
「ヤフオク」で出品するために
以下の様な下準備をしておく
必要があります。

「Yahoo!JAPAN」に登録しよう!

 

まずヤフオクで出品するためには、
「Yahoo! JAPAN ID」(無料)
登録が必要です。

「オークション出品」
すべての機能を利用するためには、
「Yahoo! プレミアム会員(有料)」
登録しなければいけません。

月額利用料は、
税抜きで462円」ですので
そんなに負担にはならない
金額だと思います。

ここではケチらずに
「Yahoo!プレミアム会員(有料)」
登録しておきましょう。

Yahoo! プレミアム会員に登録すると
お得な様々な特典やサービスを
利用する事が出来ます。

 

 

登録が済みましたら
早速出品してみましょう。

出品商品の写真を撮ろう!

 

まずは出品したい商品の写真を撮ります。

写真を撮るのは、
スマホでもデジカメでも構いません。

私の場合はスマホで撮って
パソコンにアップロードしています。

ヤフオクの商品画面には
「10枚」まで
写真を掲載する事が出来ます。

いろんなアングルから
工夫を凝らして撮りましょう。

キズやヘコミなどの
マイナス点がある場合も
隠さずに写真に撮って
掲載する様にしましょう。

商品説明の欄に正直に書く事によって、
信用につながります。

写真をパソコンにアップロードしよう!

 

写真を撮り終わったら、
パソコンにアップロードします。

私の場合はスマホで撮った写真を
Googleの「Gmail」に添付して
パソコンに送信して
そこからアップロードしています。

② 「Yahoo!JAPAN」のホームページから出品

ヤフオク出品の画像

 

写真の準備が終わったら
「Yahoo! JAPAN」のホームページから
「ヤフオク」をクリックします。

するとヤフオクの
ホームページになりますので
「マイオク」をクリックします。

 

ヤフオク出品の画像

 

次に「マイ・オークション」
ページに移動しますので
「出品する」をクリックします。

 

出品の画像

 

③ 「商品の情報」を入力

パソコン入力の画像

 

まずは出品する「商品の情報」
入力して行きます。

「画像(写真)」のアップロード

 

まず最初の商品情報として
「画像(写真)」
アップロードからです。

「画像」の項目に
先程撮っておいた写真を
アップロードします。

 

画像のアップロードの画像

 

「商品名」の入力

 

次に「商品名」の項目に
「商品名、ブランド名、
型番、色、サイズ」などを
できるだけくわしく入力します。

 

ヤフオク出品の画像

 

「カテゴリ」の選択

 

次に「カテゴリ」を選択します。

 

ヤフオク出品の画像

 

「選択する」をクリックすると
画面が移動しますのです。

移動した先では
「リストから選択する」
なっていますが、
「キーワードから選択する」
「履歴から選択する」
選んでもらう事も出来ます。

ここではわかりやすく
「リストから選択する」
進めて行きますね。

 

リストの画像

 

項目を選んでクリックすると
右に向かってどんどん「項目欄」
開いて行きますので
該当するものにクリックして行きます。

 

ヤフオク出品の画像

 

最後は「このカテゴリに出品」
クリックします。

 

ヤフオク出品の画像

 

「商品の状態」の選択

 

次に「商品の状態」
選択してクリックします。

 

ヤフオク出品の画像

 

ヤフオク出品の画像

 

ここでは商品の状態を
正直に正確に選択する事が重要です。

キズや汚れ、破損した箇所など
その部分の写真も掲載して
商品説明欄でしっかりと記載する事で
トラブル回避にもつながります。

商品のマイナス面の画像をアップしたり、
記載したりすると、
「売れないんじゃないか?」
思われがちです。

しかし、それを隠したまま出品すれば、
それこそあとあと面倒なトラブルに
発展しかねません。

出品者のあなたへの評価や
信頼もなくなってしまい
今後のヤフオクでの出品にも
影響が出る可能性もあります。

逆の立場で考えてみると
よくわかりますが、
せっかくお金を払って
商品を落札して手元に届いたのに
その商品に破損している箇所があったら、
なんだか騙された様な気になりますよね。

あらかじめそういった事も
正直に記載する事で、
それでも納得して下さる方のみが
落札して頂ける事に繋がりますので、
信用といった点からも
非常に重要になります。

私も出品する商品に何度か
傷や傷み、故障があった場合が
ありましたが、その内容をしっかり
商品説明欄にて記載し、
画像も出来る限りアップして
「了承される方のみの
入札でお願いします」
という事で出品して来ました。

ブランド時計などの人気ジャンルなら
壊れていて動かなくても
その旨をしっかりと
商品説明欄で伝えていれば、
故障品でも落札されて行きますからね。

修理して使われるのか、転売されるのか、
どちらにせよ需要がある訳ですね。

おかげ様でそういった商品に関する
クレームやトラブルは
一度もありませんでしたよ。

 

ひしはり
ひしはり
正直が一番です!(笑)

 

「商品説明」の入力

 

次に「説明」の項目ですが、
ここでは商品に関する
特徴や使用感、魅力など
わかりうるあらゆる情報を
書き込みましょう。

 

商品説明欄の画像

 

いつ頃購入したものか、
定価はどれくらいで購入したか、
商品の状態はどんな状態かなど
落札を検討される方のために
少しでも多くの情報を
書き込む事がポイントです。

「発送方法」「送料」などの情報も
別の項目で入力欄があるのですが、
私の場合は商品説明欄にも
記載する様にしています。

④ 「商品の配送」の設定

配送車の画像

 

続いて「商品の配送」に関する
設定を行なって行きます。

「発送元の地域」の選択

 

まずは「発送元の地域」を選択します。

 

ヤフオク出品の画像

 

「送料負担」の選択

 

次に「送料負担」ですが、
私の場合は「落札者」負担で
出品しています。

 

送料負担の画像

 

「配送方法」の選択

 

次に「配送方法」ですが、
商品の大きさや重さなどによって
変わって来ますが、
基本的に私の場合は、
「ヤフネコ!パック」を利用しています。

「ヤフネコ!パック」とは
「ヤマト運輸」「ヤフオク!」
提携した料金もおトクで便利な
配送サービスの事です。

「ヤフネコ!パック」
「ファミリマート」
「セブンイレブン」とも
提携しています。

自宅近くのどちらかのコンビニから
配送手続きが出来ますので
非常に便利です。

「匿名配送」「宛名書き不要」
といった特徴から
使いやすさもいいですし、
何より安心です。

落札後に見ず知らずの人と
連絡を取り合って
お互い名前や住所や電話番号などの
個人情報をやりとりするのは
正直怖いですし嫌なものですよね。

そういったわずらわしさを
取っ払ってくれる配送システムが
「ヤフネコ!パック」です。

「ヤフネコ!パック」の詳細は
以下のリンクからご覧頂けます。

 

 

出品者の自分の情報も
落札者の方の情報も
お互い非公開で取引出来ますので、
安心して出品する事が出来ます。

「ヤフネコ!パック」
商品の大きさや重さによって
「3種類の配送システム」
分かれていますので
出品する商品に合わせて
選択する様にしましょう。

 

ヤフオク出品の画像

 

「支払いから発送までの日数」の選択

 

次に
「支払いから発送までの日数」ですが、
落札者の事を思えば
1日でも早いに越した事は
ないのですが、
無理のない範囲で構いません。

 

支払い日数の画像

 

落札後に梱包してから発送するまで
余裕を持って準備出来る日数を
選択しましょう。

⑤ 「商品の掲載期間」の選択

カレンダーの画像

 

続いて出品する「商品の掲載期間」
決めて行きます。

「終了する日時」の設定

 

次に「商品の掲載期間」ですが、
「向こう1週間」の中から
選ぶ事が出来ます。

終了時間は24時間の中から
1時間単位で選ぶ事が出来ます。

特に事情がない場合は
「7日間」で設定する事を
おすすめします。

より長く多くの人の目に触れる方が
いい結果に繋がる事になるからですね。

 

商品の記載期間の画像

 

商品のジャンルや入札されるであろう
ターゲット層にもよりますが、
一般的に土日といった
「週末の夜9時頃から12時頃まで」
設定しておくと売れやすいと
いわれていますね。

平日よりも週末に合わせる事で
より多くの人が落札競争に
参加出来る可能性があります。

実際に私もほぼほぼ
その時間帯に設定していましたね。

 

ひしはり
ひしはり
要は1日の用事がすべて終わってホッコリ出来る時間という事ですね。

 

特に小さなお子さんが
おられるご家庭などでは
尚の事だと思います。

⑥ 「商品の価格」の設定

電卓とお金の画像

 

続いて出品する「商品の価格」
設定して行きます。

「販売形式」の選択

 

まずは「販売形式」を選択します。

「オークション」形式で出品するのか、
「フリマ」形式で出品するのかを
選択します。

「オークション」形式は
開始価格を自分で好きに設定出来ます。

「フリマ」形式の場合は
「この値段!」という
定額設定になります。

販売形式の画像

 

「開始価格」の設定

 

次に「開始価格」を設定します。

開始価格は
好きに設定する事が出来ますが、
オークションの場合でしたら
「1円からのスタート」
おすすめです。

 

ヤフオク出品の画像

 

1円でスタートする事で
より多くの人に
閲覧してもらえる可能性が
あるからですね。

「でも1円で売れてしまったら
どうするの?」
と不安になるかもしれませんが、
1円で落札されるという事は
よっぽどその商品に
ニーズや需要がないという事です。

需要があればだいたいの場合は
そこそこの相場価格まで
入札の競い合いで上がって行って
落札される事になります。

私の場合は不用品販売という事で
家にあったいらないものを
処分して捨ててしまう前に
出品していましたので、
「1円でもいいや!」くらいの感じで
どんどん出品していましたよ(笑)

どんな物がどれくらいの値段で
落札されて行ったかについては
以下の記事にまとめています。

 

オークションの木の小槌の画像
ヤフオクの不用品販売で稼いだ「97,590円」の内訳を一挙公開!ヤフオクの不用品販売で稼いだ「97,590円」の内訳を知りたいですか?本記事ではいったいどんなものがどんな価格で落札されて売れて行ったのかをリアルにご紹介しています。ヤフオクの不用品販売で稼いだ「97,590円」の内訳を知りたい方はぜひ、記事をご覧下さい!...

 

逆にこの価格より安くで
落札されるのは嫌だという場合は、
販売形式の項目で
「フリマ(定額)」を選んで
価格を設定されるか、
「オークション」でなら
開始価格をご希望の落札価格に
設定される事をおすすめします。

そうする事で
自分の設定した価格より
安く落札される事は
ありませんので安心です。

このあたりは状況によって
使い分けて行く様にしましょう。

⑦ 「出品者情報・設定」の設定

出品者情報の設定の画像

 

最後に初回の場合だけ
「出品者情報・設定」
設定を行いますので、
各項目を間違えない様に
入力して行きましょう。

 

出品者情報の画像

 

出品者情報の設定が済んだら
続けて代金受け取り用の
銀行情報の登録も
しておきましょう。

ちなみに私は
「楽天銀行」を利用しています。

 

 

出品した商品が売れたら
落札者が代金をお支払いされて
その代金を一旦
「Yahoo! JAPAN」
預かってくれます。

その後、出品者が商品を発送して
落札者の方が受け取りを確認されたら
「Yahoo! JAPAN」から
出品者の指定した金融機関に
代金が振り込まれます。

ざっと大まかな流れは
こんな感じですね。

最後に「確認する」をクリックして出品

 

これで一通りの設定が
終わりましたので、
最後に各項目内容に
間違いや設定忘れなどがないか
確認してOKなら
「確認する」をクリックします。

 

確認するの画像

 

画面が移動しますので、
「ガイドラインと上記規約に
同意して出品する」
クリックします。

 

出品画面の画像

 

これで無事、
出品する事が出来ました。

 

ひしはり
ひしはり
お疲れ様でした。 

 

あとは出品した商品が、
入札されるかワクワクしながら
待つのみです。

需要があれば
何人かの方に入札されて
落札価格がどんどん
上がって行きます。

出品期間締め切り
「15分前」くらいから
落札に向けて入札合戦が始まります。

出品者としては、
一番わくわくする時間帯ですね。

 

ひしはり
ひしはり
ぜひ、このわくわく感を
味わってみて下さいね(笑)

 

まとめ

 

今日は「ヤフオク」での
出品方法について
初心者の方にもわかりやすく
ご紹介して来ましたが、
いかがだったでしょうか。

思っていたより
全然簡単だったのでは
ないでしょうか。

あとは慣れの問題ですので、
じゃんじゃん出品して
回数をこなして行けば
あなたも「ヤフオクマスター」
なれるはずですよ!

家の中にある
いらなくなった不用品を売る事で
お部屋もきれいに片付きますし、
お金も入って来て一石二鳥です。

サラリーマンの方にとっては
副業としてもおすすめですよ!

 

ヤフオクハンマーの画像
断然おすすめ!サラリーマンが副業するならまずは「不用品販売」サラリーマンにおすすめの副業「不用品販売」について知りたいですか?本記事ではネットビジネスをスタートするのに最適な「不用品販売」についてご紹介しています。サラリーマンにおすすめの副業「不用品販売」について知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

我が家のすみずみまで目を凝らし
何か出品出来るものはないかと
「ヤフオクでの不用品販売」
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事