Webライティング

Webライティングを制する者はブログを制する!本質と書き方を解説

パソコン作業の画像

 

ひしはり
ひしはり
こんにちは。必死に張り切る
ひしはりです。

 

らいた
らいた
Webライティングって何?

Webライティングってどうやって書くの?

Webライティングはブログにも使えるの?

Webライティングを身につけると稼げるの?

Webライティングってどうやって学べばいいの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ Webライティングを制する者はブログを制する!本質編

❷ Webライティングを制する者はブログを制する!書き方編

❸ WebライティングはSEOライティングの本家本元

❹ Webライティングで広がる新たな可能性の扉

❺ Webライティングのおすすめ学習法【7選】

 

あなたがブログ運営などで
Web業界に携わるなら、
Webライティングは必須のスキルです。

本記事を読めば、
Webライティングが何なのかといった
本質基本的な書き方や学習法がわかります。

スキルとしてのWebライティングへの
理解を深め、身につけることで
ブログを書くのにも断然有利になります。

それに何よりも
読者に読んでもらえる記事を
書けるようになります。

ブロガーとしてのレベルアップはもちろん、
今後さらなる需要が高まると予想されている
Webライターとしての就職や転職といった
新たな可能性の扉も開きますよ!

この記事を書いている人

この記事を書いている僕は
ブログ歴【5年目】

現在は本業のサラリーマンの傍ら
副業ブロガーとして活動。

Twitter
(ひしはりライティングドリーマー)

フォロワー数は1800人ほど。

Webライティングを制する者はブログを制する!本質編

岩の上でガッツポーズする男性の画像

 

結論としてWebライティングを
制することができる者は
ブログを制することができます。

これは何もブログに限ったことではなく、
「アフィリエイトサイト」
「ECサイト」「企業サイト」など
Web上に多数存在する
すべてのサイトにいえることです。

Webライティングとはその名のとおり、
Web上で読まれるための
文章の書き方のこと
をいいます。

特徴は次のとおりです。

 

Webライティングの特徴

 

 Web上にて読まれるための文章の書き方

 Web上ではさまざまなデバイスで読まれる

 Web上での情報のほとんどが無料で見ることができる

 有料の紙媒体のものと違い、読者の読む意欲に差がある

 Web上では読者は基本的に流し読み

 読んでもらえる前提ではないWeb上の通りすがりの読者が対象

 

 

Web上の文章はインターネットを介して
今ではパソコンやスマホ、タブレットなど
さまざまなデバイスで読まれ、
多くの人に親しまれています。

そしてそのほとんどが
無料で提供されています。

この点が有料の新聞や雑誌などの
紙媒体のものと大きく違う点ですね。

当然、読者の読む意欲にも
大きな差があります。

 

ひしはり
ひしはり
無料で読めるものと買ったものとでは思い入れが
違いますもんね(笑)

 

そうなって来ると、
記事としての文章の書き方も
変わって来ます。

いかにして読者に読んでもらうかといった
攻めのライティングスキル
必要になって来るわけですね。

なぜなら、お金を払って購入して読む
新聞や雑誌と違って、
Web上では基本的にパソコンやスマホで
無料で読めるものを
読者は流し読みをするからです。

 

ひしはり
ひしはり
たとえばネットサーフィンが
その典型ですよね。

 

特段このサイトのこの記事と
決めているわけでもなく、
次から次へと流し読みをしますよね。

そこで自分の興味、関心のアンテナに
引っかかったところだけを
重点的に読み込むといった感じです。

 

らいた
らいた
でも興味、関心のある事柄について書かれた記事だったら読まれるもんじゃないの?

 

ひしはり
ひしはり
それが今度はそのせまい範囲での競合サイトとの
需要の取り合いになるねんな。

 

ですので、そういった点においても
まずは読者の目にとまることが一番です。

そして自分のサイトやブログに
来てもらってからの
内容勝負はもちろんのこと、
序文や見出しなどの
見やすさで本文まで誘い入れる、
そんな書き方のスキルが必要になるんですね。

 

らいた
らいた
Web上では読んでもらえるまでのハードルが特に高いんだね。

 

ひしはり
ひしはり
読者とはほとんどの場合、
一期一会でもともと
読んでもらえる前提ではないからね。

 

Web上では、
読んでもらえる前提ではない、
通りすがりの読者の少しばかりの興味、
関心の糸口を逃がさないように
自分のサイトやブログまで
つなげることが重要です。

そこから受け取ったパスを
流し読みといえど、
最後まで読んでもらうための
書き方としての極意、
それこそがWebライティングの本質です。

 

【Webライティングの本質】

読んでもらえる前提ではない読者に読んでもらうための書き方

 

 

Webライティングを制する者はブログを制する!書き方編

パソコン作業する男性の手の画像

 

Webライティングの
書き方やテクニックは、
それこそ奥が深く多岐にわたって
いろいろあります。

Webライティング:読まれるためのテクニック

 

たくさんありすぎて
深掘りすると長くなってしまいますので、
詳細は順次、別記事を作成し
解説していきます。
(しばしお待ちを)

 

ひしはり
ひしはり
ここでは一部だけご紹介しておきますね。

 

Webライティング:読まれるためのテクニック

 

 最初に文章構成を考える

・ 結論を先に伝える

 一文は40字以内にする

 主語と述語の関係がねじれないようにする

 箇条書きで要点をわかりやすくする

 同じ文末表現は続けない

 てにをはを正しく使う

 専門用語は極力使わない

 

 

などなど……
まだまだたくさんあります。

この記事ではWebライティングの
本質と書き方の大枠としての
概念についてだけふれておきます。

Webライティングの文章構成の基本となる2つの型

 

そんな多岐にわたるWebライティングの
基本となる文章構成として
よく使われるのが次の2つの型です。

 

Webライティング:基本となる2つの型

 

① SDS法(エスディーエスほう)

② PREP法(プレップほう)

 

 

SDS法

 

1つ目の型のSDS法は

①  要点 →②  詳細 →③  要点
Summary
(サマリー)
Details
(ディテールズ)
Summary
(サマリー)

の順で文章構成して書く方法です。

文章の動線が短く最短距離の
3段構成(要点→詳細→要点)
内容を簡潔に伝える手法です。

 

SDS法
構成要素具体例
① 要点
(Summary)
オフィスワークには休憩時間の軽いストレッチが気分転換に効果的です。
② 詳細
(Details)
なぜなら、短い休憩時間であっても少し歩いて背伸びをしたり、ストレッチをするだけで気分も体もリフレッシュできるからです。
③ 要点
(Summary)
よってオフィスワークには休憩時間の軽いストレッチが気分転換に効果的でおすすめです。

 

PREP法

 

2つ目の型のPREP法は

① 結論 →② 理由 →③ 具体例 →① 結論
Point
(ポイント)
Reason
(リーズン)
Example
(エグザンプル)
Point
(ポイント)

の順で文章構成して書く方法です。

文章のあいだに具体例をはさむことで
4段構成(結論→理由→具体例→結論)
内容をより具体的にわかりやすく
深掘りして伝える手法です。

PREP法は
特にWebライティングとの相性も抜群で、
多くのWebメディアで用いられています。

 

PREP法
構成要素具体例
① 結論
(Point)
オフィスワークには休憩時間の軽いストレッチが気分転換に効果的です。
② 理由
(Reason)
なぜなら、短い休憩時間であっても少し歩いて伸びをしたり、ストレッチをするだけで気分も体もリフレッシュできるからです。
③ 具体例
(Example)
たとえば、首を回してみたり背伸びを思いっきりしてみたり、ひざの屈伸なんかも効果的です。
④ 結論
(Point)
よってオフィスワークには休憩時間の軽いストレッチが気分転換に効果的でおすすめです。

 

どちらも主張や結論、要点となる
重要なことを最初にまっ先に
伝える書き方ですね。

主張や結論、要点から書き出すことによって
伝えたいことを読者に最短距離で
明確に示す効果があります。

先ほどもお伝えしたように
Web上では読者は流し読みが基本です。

 

ひしはり
ひしはり
通りすがりな上にせっかちです(笑)

 

なぜ最初に主張や結論、
要点から書き出すのかというと、
読者をじらす主張や結論、
要点を先送りにした文章を書いていたら、
すぐにサイトから
離脱されてしまうからですね。

たとえば、本記事でも何を隠そう
PREP法を用いて
記事を書いています。

最初に「Webライティングを
制することができる者は
ブログを制することができます」

という結論から書いていますよね。

もし、これを
「Webライティングを説明する前に
まずはWebサイトの歴史から
見ていきましょう」
みたいな
文章から始めたとします。

そうすると、
そもそもWebライティングのことを
知りたくて訪れた読者は
すぐに離脱してしまいますよね。

前置きが長くなることが予想でき、
知りたい答えがそこに最短距離で
用意されていないことがわかるからです。

 

ひしはり
ひしはり
読者の検索意図と
ずれてしまうんですね。

 

つまり、
「読んでくれる前提ではない、
通りすがりの読者の興味、関心の糸口を
逃がさないように」という
本質の部分から外れてしまいます。

 

ひしはり
ひしはり
これは書き手として
絶対にやってはならない致命的なミスです!

 

らいた
らいた
でもまっ先に要点や結論を
伝えてしまうと、
そこだけ読んで最後まで
読まれないんじゃないの?

 

と思われるかもですが、
その点は大丈夫です。

というのも人の心理は何かを断言されると、
その根拠や裏づけが知りたくなるように
できているからですね。

 

ひしはり
ひしはり
なぜなのか?っていう理由が
知りたくなるんですね。

 

たとえば、
「こちらのカフェは
朝6時から長蛇の列ができます」
と聞くと、
「なぜ?」「どうして?」
その理由が知りたくなりませんか?

「何か特別なサービスがあるのかな?」
「朝限定のお得なメニューがあるのかな?」
いろいろ気になりますよね。

ですので主張や結論、要点から
先に伝えたとしても、
それが理由で読者が離脱していくことは
ありませんので安心してください。

断然たる事実として、
この2つの文章の型が
Webライティングの書き方を
代表する型になっているのが
何よりの証拠ですよね。

ということで、
Webライティングの基本の書き方としては
主張や結論、 要点となる重要なことを
最初にまっ先に伝える書き方、
「SDS法」「PREP法」
どちらかを意識して書くようにしましょう。

Webライティングでは「SDS法」「PREP法」のどちらかの型を使って書くようにしよう。

 

WebライティングはSEOライティングの本家本元

キーボードにSEOのマークの画像

 

ここではWebライティングと
SEOライティングの違いについて
解説していきます。

おもな要点は次のとおりです。

 

Webライティング:SEOライティングの要点

 

SEOライティングはWebライティングの1種

SEOライティングはブログを書くことに特化したライティング術

SEOライティングは検索エンジン最適化に特化したライティング術

WebライティングはWeb全般のユーザーに向けてのライティング術

Webライティングは枝分かれしたSEOライティングの本家本元

Webライティングを知ることでブログへのアプローチの幅が広がる

 

 

もちろん、ブログも
「ウェブログ」というくらいですから、
間違いなくWebライティングで
書く効果は期待できます。

ただ、ブログの場合は、
大きい枠組みとしては
Webライティングよりも
さらにブログを書くことに特化した
SEOライティングというものがあります。

SEOライティングに関しては、
初心者ブロガーや
「全然記事が読まれないんだけど……」
といった悩めるブロガーのために書いた
読者ファースト!
【SEOライティング】こそ
ブログの書き方のすべて

ぜひ、参考にどうぞ!

そのSEOライティングも
Webライティングの1種ですが、
この2つのライティング術には
大きな違いがあります。

 

らいた
らいた
Webライティングと
SEOライティングって
何が違うの?

 

Webライティングは基本的に
Web全般のユーザーに向けて
書かれます。

それに対してSEOライティングは
そんなWebライティングの中でも
より検索エンジン最適化に
特化した書き方です。

つまりGoogleの検索順位で
上位表示されることを意識した
書き方のことなんですね。

・ Webライティング : Web全般のユーザー向けの書き方

・ SEOライティング : 検索エンジン(Google)向けの書き方

 

ひしはり
ひしはり
この点が大きな違いですね。

 

らいた
らいた
だったら、ブログを書くのはSEOライティングだけ
知っていればそれでいいんじゃないの?

 

と思われるかもですが、
先ほど述べさせてもらったように
SEOライティングも
Webライティングの1種です。

おおもとはWebライティングと
同じ考えの枠の中にある
ライティングスキルですから、
全体像として知っておくほうが
ブログを運営するにも有利といえます。

SEOライティングは
Webライティングの中から
より検索エンジン向けに特化して
枝分かれしたようなライティングスキルです。

そういった点から、
SEOライティングの
おおもとであるWebライティングは、
SEOライティングの本家本元といえます。

したがって、
本家本元のWebライティングを知ることで、
枝分かれしたSEOライティングと合わせて
さらなるブログでのアプローチの幅を
広げることができます。

 

らいた
らいた
武術なんかで本家から流派が
枝分かれしたような
感じなんだね。

 

ひしはり
ひしはり
わかりやすくいうと
そんな感じやな。

 

そして読まれるブログにするだけでなく、
収益化を考えるのなら
稼げるブログにしなくてはいけませんよね。

そのためのライティングスキルが
コピーライティングという書き方です。

読者を買う気にさせるための
コピーライティングについては、
コピーライティングは稼げるブログに必須!
売れる書き方の黄金法則
でわかりやすく
解説していますのでぜひ、参考にどうぞ!

商品を売ることにさらに特化した
ライティングスキルである
セールスライティングについては、
最強のセールスライティングで
稼げるブログへ!売れる書き方の究極形

の記事を合わせて参考にどうぞ!

Webライティングで広がる新たな可能性の扉

開け放たれた白い扉の画像

 

上記で解説したとおり、
ブログ運営をしていくのにも
確実にプラスになるのが
Webライティングです。

Webライティングのスキルを
身につけることで、
専門職としてWebライターという
新たな可能性の扉
も開きます。

具体的には次のとおりです。

 

Webライティングで広がる新たな可能性

 

Webライターの需要は今後ますます高くなるので将来性抜群

「技能検定」や「能力検定」などの資格を取得できる

資格を活かすことでWeb業界への就職や転職に有利になる

クラウドソーシングで仕事を受注できれば自宅で個人でも稼げる

基本的に時間や場所にしばられにくいため副業としても始めやすい

 

 

今後さらなるWeb業界の
活性化にともなって、
Webライターの需要は
ますます高まることが
予想されています。

Webライティングには、
民間の認定資格として
「技能検定」
「能力検定」などがあります。

 

らいた
らいた
どんな資格なの?

 

「WEBライティング技能検定」は、
一般社団法人
「日本クラウドソーシング検定協会」
発行する民間資格の試験制度です。

毎月1回WEB上で行われており、
「WEBライティング技能検定講座」
購入された方のみが受験対象者となります。

WEBライティング技能検定講座は
「ヒューマンアカデミー通信講座」
認定取り扱い講座となっています。

無料で資料請求できますので、
興味のある方はまずは
資料請求から始めてみるといいでしょう。
ヒューマンアカデミーの無料資料請求はこちら

 

一方「Webライティング能力検定」は、
一般社団法人
「日本WEBライティング協会」
主催しており、
2012年から継続されている
Webライティング関連で
もっとも歴史のある検定です。

全国17カ所の会場で
3ヶ月に1回ほどの割合で行われています。

社員教育の一環として
株式会社サイバーエージェント
KDDI株式会社富士通株式会社など、
多くの有名企業においても受験されています。

 

WEBライティング技能検定:日本クラウドソーシング検定協会主催

Webライティング能力検定:日本Webライティング協会主催

 

 

これらの資格を取得することによって、
Web業界への就職や転職が
有利になります。

資格が取れたらその強みを活かして、
リクルートエージェント
マイナビエージェント
dodaなどといった
大手の転職サイトを利用して
自分に合ったWeb系の転職先を
探してみるのもいいですね。

どこも会員登録は無料ですから、
まずは登録していろいろ見ながら
くらべてみるのがおすすめです。

 

ひしはり
ひしはり
Webライティングスキルは
これからの時代に
大きな武器となります。

 

Webライターは時間や場所に
しばられにくい側面からも
本業のあるサラリーマンや
子育てや家事に忙しい主婦にとっても
人気の副業となっています。

自宅でパソコン1台で
作業できたりもするという点では
ブロガーと同じですね。

さらに「クラウドソーシング
クラウドワークス)や
Craudiaクラウディア)」などで
仕事を受注できるようになれば、
確実な報酬として現金が手に入ります。

クラウドソーシングとは
企業や個人事業主が、
インターネット上において
不特定多数の人に業務を
発注(アウトソーシング)する
業務形態のことです。

多岐にわたっていろいろな案件があるため、
フリーランスで利用する人や
副業で利用する人も
年々増え続けていますね。

こちらも会員登録は無料です。

 

ひしはり
ひしはり
個人として仕事を
請け負えることができるのも
魅力ですね。

 

たとえば、
Webライターとしての案件は、
実績のない最初のうちは
一文字「0.5〜1円」という
安い文字単価からの
スタートになることが多いです。

ですが実績を積んでいけば
記事依頼も増えていきますし、
文字単価も上がっていきます。

文字単価1円で
3000文字の執筆依頼なら
報酬3000円ですが、
文字単価が倍の2円になれば、
報酬は6000円になります。

慣れてくれば
執筆時間も短縮できて来ますから、
時給に換算しても
高くしていくことができますよ。

ブロガーとWebライターの立ち位置の違い

 

らいた
らいた
じゃあ、わざわざ
ブログを書かなくても
Webライターだけで
稼げるんじゃないの?

 

と思われるかもですが、
ブロガーとWebライターとでは
そもそもビジネスモデルとしての
立ち位置が違います。

 

らいた
らいた
どう違うの?

 

運営するブログの種類にもよりますが、
ブロガーは書けば稼げる労働収益型の
ビジネスモデルではありません。

かたやWebライターは
書けば書くだけ収入につながる
労働収益型のビジネスモデルです。

 

らいた
らいた
作業した分、稼げるのと、
そうでないのとの
違いなんだね。

 

労働収益型のビジネスモデルである以上、
Webライターとしての稼げる額には
上限がありますが、
作業した分は確実に収益化されます。

それにくらべブロガーの場合、
まったく稼げない可能性もあります。

稼げるとしても稼げるまでに
早くても半年や1年といった
時間がかかってしまうといった
側面があります。

ただ、稼げる額には上限がありませんので
非常に魅力的ですね。

当然、 どちらにもメリット、
デメリットはありますし、
それぞれに向き不向きもあります。

とはいえ、ブログを書きながら
Webライターをしている方もおられますし、
Webライターをしながら
ブログを書いている方も
おられるのも事実です。

それぞれのメリット、
デメリットをふまえた上で、
自分に合った選択をするのが
ベストですね。

くり返しになりますが、
ブログ運営を行っていくブロガーとしても
Webライティングは確実に
プラスになります。

さらに今後、
ますます高まっていくであろう
Webライターの需要を考えても、
Webライティングを
身につけておくことは
メリットでしかありません。

 

ひしはり
ひしはり
先行き不透明な
時代だからこそ、
手に職をつけておくことは
今後の強みにもなってくれますからね。

 

Webライティングのおすすめ学習法【7選】

読書する男性の画像

 

らいた
らいた
じゃあ、そんな
Webライティングって
どうやって勉強すればいいの?

おすすめの学習法とかって
あるの?

 

と疑問に思いますよね。

そんなWebライティングの
学習法は大きく分けて
7パターンあります。

詳細は次のとおりです。

 

Webライティング:おすすめ学習法【7選】

 

①  本で学ぶ

②  教材で学ぶ

③  実践して学ぶ

④  セミナーに参加して学ぶ

⑤  Webライティング講座で学ぶ

⑥  YouTubeやWebサイトで学ぶ

⑦  Webライティングスクールで学ぶ

 

 

GoogleでWebライティングの
学習法や勉強法といった
キーワードで調べてみると、
おすすめの学習法や勉強法が
ずら〜っと出て来ます。

そんな中で初心者から
中級者レベルまでなら、
Webライティングについて書かれた本や
Webサイト、YouTube、教材などでの
独学でもじゅうぶん差別化できます。

 

らいた
らいた
え?そうなの?

 

ひしはり
ひしはり
実際、ほとんどの人がそこまで
Webライティングについて勉強してへんからね。

 

おすすめのWebライティング本に関しては、
その書き方で大丈夫?
ブログ初心者におすすめの
Webライティング本
の中で
まとめてご紹介していますので
そちらをぜひ、参考にどうぞ!

さらに上の上級者レベルを目指すなら、
オンラインでのWebライティングスクールや
Webライティング講座、
セミナー
などに参加することで
より高いレベルのライティングスキルを
身につけることができます。

おすすめのWebライティングスクール、
Webライティング講座、教材に関しても
順次、深掘りした記事を
作成していきますのでしばしお待ちを。

何ごともそうですが、
実践するのが一番上達が早いです。

ブログを始めたり、
いきなりクラウドソーシングで
低単価なハードルの低い案件から
チャレンジしてみるのもありですね。

とにかく、実際に書いてみるという経験が
レベルアップを加速させてくれます。

まとめ:Webライティングを制する者はブログを制する!

まとめの画像

 

今日はWebライティングが何なのか
といった本質基本的な書き方
学習法について解説して来ました。

最後にもう一度まとめておくと、

 

まとめWebライティングを制する者はブログを制する

 

WebライティングはWeb上にて読まれることを前提とした書き方

WebライティングはWeb上での通りすがりの読者が対象

Webライティングには「SDS法」「PREP法」の2つの型がある

Webライティングは枝分かれしたSEOライティングの本家本元

Webライティングを身につけるとWebライターの可能性も広がる

Webライティングを知ることはブログにも確実にプラスになる

Webライティングおすすめの学習法【7選】

 

 

ひしはり
ひしはり
こんな感じですね。

 

書くというスキルが
今後ますます重宝されて
武器になっていくWeb業界。

ブロガーやWebライターとして
稼げるようになれば、
わずらわしい人間関係とも
おさらばできます。

やり取りはオンラインで済みますし、
時間や場所にしばられない自由な働き方が
できるようになります。

細かいライティングテクニックについては、
順次、記事を書き足していきますので、
ぜひ、いっしょに勉強していきましょう。

Webライティングのスキルを磨きまくって
ますますブログに活かしていきたいと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

 

参考:読者ファースト!【SEOライティング】こそブログの書き方のすべて

参考:コピーライティングは稼げるブログに必須!売れる書き方の黄金法則

参考:最強のセールスライティングで稼げるブログへ!売れる書き方の究極形

参考:その書き方で大丈夫?ブログ初心者におすすめのWebライティング本