Webライティング

【比較】Webライティング資格「技能検定/能力検定」の違い

マックのキーボードの画像

 

ひしはり
ひしはり
こんにちは、ひしはり です。

 

らいた
らいた
WEBライティング技能検定と
Webライティング能力検定って
どう違うの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ Webライティング資格「技能検定/能力検定」の違い

 

ネットで
「Webライティング資格」と検索すると
まっ先に出て来る2つの資格が、
「WEBライティング技能検定」
「Webライティング能力検定」です。

本記事を読めば、
このWEBライティング技能検定と
Webライティング能力検定の違いが
くわしくわかります。

人気のWebライティング資格に
興味をお持ちの方や、
Webライティング資格を取得したいと
思っておられる方はぜひ、参考にどうぞ。

この記事を書いている人

この記事を書いている僕は
ブログ歴【5年目】

現在は本業のサラリーマンの傍ら
副業ブロガーとして活動。

Twitter
(ひしはりライティングドリーマー)

フォロワー数は2100人ほど。

【比較】Webライティング資格
「技能検定/能力検定」の違い

比較を表した木人形の画像

 

本記事では
Webライティングの2大資格である
「WEBライティング技能検定」
「Webライティング能力検定」
それぞれの違いについて
ご紹介していきます。

WEBライティング技能検定と
Webライティング能力検定の
それぞれの項目の詳細については、
別記事の圧倒的専門性をゲット!
Webライティング資格【2選】

くわしく解説していますので、
そちらをどうぞ。

それでは本題に入っていきますね。

 

らいた
らいた
似たような名称なんだけど、
何がどう違うの?

 

ひしはり
ひしはり
それぞれ比較しやすいように
一覧表にまとめてみたで。

 

WEBライティング技能検定と
Webライティング能力検定の違いは
次のとおりです。

 

WEBライティング技能検定/能力検定【比較一覧表】

資格名WEB
ライティング
実務士
Web
ライティング
能力検定
1級〜3級
運営一般社団法人
日本クラウド
ソーシング
検定協会
一般社団法人
日本WEB
ライティング
協会
教材
カリキュラム
公式テキスト
問題集
付録資料
オンライン試験
システム通知書
スタートアップ
ガイド
特典教材
タイピング教本
(※タイピング
ソフト付き)
映像講義
カリキュラム
公式テキスト
模試問題付き
PDF+印刷物
Web
ライティングが
2ランクUPする
問題集(PDF)
YouTube
動画講座
(別途料金)
費用
(受験料)
6,000円
(税込)
【通常版】
一般:13,500円
(税込)
学生:6,750円
(税込)
【YouTube動画講座セット】
一般:19,800円
(税込)
学生:9,900円
(税込)
※紹介者割引
500円引き
費用
(講座料)
一括払い
32,000
(税込)
分割払い
初回3,560円
(税込)
2回目以降
月々3,300円
(税込×9回)
難易度初級〜中級初級〜中級
対象未経験〜初心者初心者〜中級者
受験資格WEB
ライティング
講座受講者
なし
学習期間最短で2ヶ月
標準学習期間
6ヶ月
最短で2週間
(中級者)
最長で6ヶ月ほど
(未経験者)
試験日毎月1回3ヶ月に1回ほど
試験形式択一と記述式択一と記述式
等級問わず同問題
試験時間90分90分
試験会場在宅受験全国17カ所
合格基準8割以上の
理解度
1級:80〜88点
2級:70〜79点
3級:53〜69点
※53点以下
不合格
合格率47.3%1級合格率
25〜30%
認定証
証明証
合格証書
認定カード
WEB
ライティング
実務士ID
認定証
認定バナー
サポート合格サポート
制度あり
2回目以降の
受験料
一律3000円引き
(1回目学割の方は対象外)
YouTube
動画講座
セットに限り
全額返金保証付き
資格更新なし2年ごとにあり
更新費用
12,000円
(税込)
メリット
特典
E-A-Tの向上
就職・転職の際に有利
 好条件の
執筆依頼など
E-A-Tの向上
就職・転職の際に有利
 好条件の
執筆依頼など

 

ひしはり
ひしはり
順番に見ていきましょう。

 

資格名

 

まずは資格名からですが、
WEBライティング技能検定と
Webライティング能力検定の資格名は、
それぞれ「WEBライティング実務士」
「Webライティング能力検定
1級〜3級」です。

WEBライティング技能検定のほうだけ
検定名と資格名が別です。

 

検定名資格名
WEBライティング技能検定WEBライティング実務士

 

ひしはり
ひしはり
本記事では
比較させやすいように
WEBライティング技能検定として表記します。

 

WEBライティング技能検定と
Webライティング能力検定の
ウェブ(WEB・Web)の文字表記が、
それぞれ違っているのも
パッと見での特徴ですね。

運営

 

続いて運営ですが、
それぞれを運営している団体は、
まったくの別団体です。

WEBライティング技能検定は、
一般社団法人
日本クラウドソーシング検定協会

運営しており、
Webライティング能力検定は、
一般社団法人
日本WEBライティング協会

運営しています。

 

 

【WEBライティング技能検定】

一般社団法人
日本クラウドソーシング検定協会

 

【Webライティング能力検定】

一般社団法人
日本WEBライティング協会

 

 

教材・カリキュラム

 

続いて教材・カリキュラムですが、
それぞれの内容は次のとおりです。

WEBライティング技能検定では、
テキスト学習の9教程
映像講義の3教程に分かれています。

 

WEBライティング技能検定教材セット内容一覧

 

①  テキスト:基礎編1冊・実践編1冊

②  問題集:基礎編1冊・実践編1冊

③  付録資料:クラウドソーシング案件の手引き1冊

④  付録資料:ISV練習法(発想力・語彙力)1冊

⑤  オンライン試験システム通知書(ID・パスワード)1冊

⑥  スタートアップガイド1冊

⑦  特典教材:タイピング教本1冊(タイピングソフト付き)

 

 

WEBライティング技能検定映像講義カリキュラムの内容

 

①  WEBライティング実務士合格のための例題を使ったテスト対策

②  共起語・共起文章を使った文章作成のコツについて

③  WEBライティングのためのコンテンツマーケティング入門

 

 

いっぽう、
Webライティング能力検定では、
通常版ですと
テキスト学習(約130ページ)のみです。

 

Webライティング能力検定教材セット内容一覧

 

① 公式テキスト(模試問題付き)「PDF+印刷物(希望者のみ)」

② Webライティングが2ランクUPする問題集(PDF)

 

 

また、別途費用がかかりますが、
「YouTube動画講座セット」もあります。

 

Webライティング能力検定YouTube動画講座セット内容一覧

 

受験+公式テキスト(PDF+印刷物)

Webライティングが2ランクUPする問題集

YouTube動画(DVD2枚組 合計 約2時間26分)

レジュメ

ミニ論文添削(2文まで 返信封筒付き)

・ 質問メール(3回まで)

・ 演習問題5教科32問付き

 

 

費用(受験料・講座料)

 

続いて費用ですが、
WEBライティング技能検定では、
受験料と講座料が、別で必要です。

 

 

【受験料】6,000円(税込)

【講座料】一括払い32,000(税込)

 

 

ひしはり
ひしはり
講座料は分割払いもOKです。

 

いっぽう、
Webライティング能力検定では、
費用はこみこみです。

 

 

【通常版】

一般:13,500円(税込)

学生:6,750円(税込)

 

【YouTube動画講座セット】

一般:19,800円(税込)

学生:9,900円(税込)

 

 

ひしはり
ひしはり
Webライティング能力検定では
学生割引や紹介者割引も
ありますよ。

 

難易度

 

続いて検定の難易度です。

どちらも初級〜中級ですが、
Webライティング能力検定のほうが、
より難易度が高い傾向です。

対象

 

続いて対象ですが、
WEBライティング技能検定は、
未経験者〜初心者を対象に、
Webライティング能力検定は、
初心者〜中級者を対象にしています。

とはいえ、どちらも網羅的に体系的に
Webライティングを
学べるようになっているのは、
いうまでもありません。

 

らいた
らいた
網羅的とか体系的って
どういう意味?

 

ひしはり
ひしはり
それぞれ以下のような
意味やで。

 

 

【網羅的】

その物ごとに関する情報を広く残らずカバーすることをいいます。

 

【体系的】

個別になっている物ごとが系統的に統一されていることをいいます。

 

 

受験資格

 

続いて受験資格ですが、
WEBライティング技能検定は、
ヒューマンアカデミー
通信講座「たのまな」

認定取り扱い講座である
「WEBライティング講座」
購入された方限定の技能検定です。

 

Webライティング講座のトップページの画像 出典:ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」

 

WEBライティング講座を購入せずに
検定だけを受験することはできません。

いっぽう、
Webライティング能力検定には、
受験資格はありませんので
中学生以上なら誰でも受験できます。

 

ひしはり
ひしはり
近年全国的に学生の方の受験も
増えて来ています。

 

学習期間

 

続いて学習期間ですが、
未経験者から初心者を対象にしている
WEBライティング技能検定の学習期間は、
最短で2ヶ月、標準学習期間としては
6ヶ月となっています。

いっぽう、
初心者から中級者を対象にしている
Webライティング能力検定の学習期間は、
最短で2週間、最長で6ヶ月ほどです。

ただ、この学習期間に関しては、
これまでの個人のライティングに関する
知識だったり、経験だったりが
大きく左右しますので、
一概にはいえないものですね。

 

ひしはり
ひしはり
それぞれに個人差が
ありますね。

 

試験日

 

続いて試験日ですが、
WEBライティング技能検定は、
毎月1回行われています。

いっぽう、
Webライティング能力検定は、
3ヶ月に1回ほどの間隔で行われています。

試験形式

 

続いて試験形式ですが、
WEBライティング技能検定、
Webライティング能力検定ともに
択一と記述式です。

 

らいた
らいた
択一って何?

 

ひしはり
ひしはり
択一っていうのは
2つ以上のものの中から
1つを選ぶことをいうんやで。

 

記述式では文章作成の実技試験や
ミニ論文があります。

試験時間

 

続いて試験時間ですが、
WEBライティング技能検定、
Webライティング能力検定ともに
「90分」です。

試験会場

 

続いて試験会場ですが、
WEBライティング技能検定は、
在宅にて受験できます。

いっぽう、
Webライティング能力検定は、
全国17カ所の試験会場で行われています。

 

ひしはり
ひしはり
在宅で受験できるのは
ありがたいですね。

 

合格基準

 

続いて合格基準ですが、
WEBライティング技能検定では、
8割以上の理解度とされています。

ただし合格ラインについては、
非公開とされています。

いっぽう、
Webライティング能力検定では、
以下の画像のように
明確な合格基準が示されています。

 

Webライティング能力検定の合格基準の画像 出典:日本WEBライティング協会

 

合格率

 

続いて合格率ですが、
WEBライティング技能検定では、
第1回〜第85回までの合計で
「47.3%」です。

いっぽう、
Webライティング能力検定では、
近年の1級合格率は25〜30%です。

それぞれの合格率の差からも
Webライティング能力検定のほうが
難易度が高いことがうかがい知れますね。

認定証・証明証

 

続いて認定証・証明証ですが、
検定を受験し合格すると、
合格した証として
WEBライティング技能検定、
Webライティング能力検定ともに
協会公認の認定証や証明証がもらえます。

 

WEBライティング技能検定の認定証・証明証

WEBライティング実務士の合格証書と認定カードの画像 出典:ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」

 

Webライティング能力検定の認定証・証明証

Webライティング能力検定の認定証と認定バナーの画像 出典:日本WEBライティング協会

 

ひしはり
ひしはり
どちらも
自分のサイトやブログで
自由に使えますよ。

 

サポート

 

続いてサポートですが、
WEBライティング技能検定では、
万が一、合格できなかった場合でも
無料でサポート期間を延長してもらえる
「合格サポート制度」があるので安心です。

いっぽう、
Webライティング能力検定では、
万が一、1級に合格できなかった場合、
2回目以降の受験は3,000円引きです。

さらにYouTube動画講座に申し込み
すべて観て勉強したにも関わらず、
1級または2級に合格できなかった場合には、
30日以内なら動画セットの費用を
全額返金
してもらえます。

 

ひしはり
ひしはり
サポートや返金制度が
充実していると安心して
申し込むことができますね。

 

資格更新

 

続いて資格更新ですが、
WEBライティング技能検定では、
1度取得した資格に更新期限はありません。

いっぽう、
Webライティング能力検定では、
2年ごとに更新期限があり、
更新費用に12,000(税込)が必要です。

 

らいた
らいた
2年ごとに12,000円 って
けっこうかかるんだね。

 

ひしはり
ひしはり
更新のための
有料講座を受けることで、
Webライティング能力の低下を
防いでいるんやって。

 

メリット・特典

 

最後は資格を取得することの
それぞれのメリット・特典です。

Webライティング資格を取得することで、
E-A-Tの向上だったり
就職、転職の際のアピールポイントだったり、
好条件の執筆依頼につながったりと
そのメリットには、
計り知れないものがあります。

 

らいた
らいた
E-A-Tって何?

 

ひしはり
ひしはり
E-A-Tっていうのは
Googleが掲げている
概念のことやで。

 

E-A-Tの概念とは次のとおりです。

 

Googleが掲げるE-A-Tの概念

 

Expertise(専門性・エクスパティーズ)

Authoritativeness(権威性・オーソリテイティブネス)

Trustworthiness(信頼性・トラストウァージィネス)

 

 

ひしはり
ひしはり
読者ファーストを支える
3つの柱ですね。

 

それぞれのWebライティング資格を
取得することでのメリットや特典については、
別記事のWebライティング資格【2選】
取得する11のメリット
にくわしく
まとめていますのでそちらをどうぞ。

まとめ:【比較】
Webライティング資格
「技能検定/能力検定」の違い

まとめの画像

 

今日はWebライティングにおける
代表的な2つの資格である
WEBライティング技能検定と
Webライティング能力検定の違いについて
ご紹介して来ました。

最後にもう一度まとめておくと、

 

WEBライティング技能検定/能力検定【比較一覧表】

資格名WEB
ライティング
実務士
Web
ライティング
能力検定
1級〜3級
運営一般社団法人
日本クラウド
ソーシング
検定協会
一般社団法人
日本WEB
ライティング
協会
教材
カリキュラム
公式テキスト
問題集
付録資料
オンライン試験
システム通知書
スタートアップ
ガイド
特典教材
タイピング教本
(※タイピング
ソフト付き)
映像講義
カリキュラム
公式テキスト
模試問題付き
PDF+印刷物
Web
ライティングが
2ランクUPする
問題集(PDF)
YouTube
動画講座
(別途料金)
費用
(受験料)
6,000円
(税込)
【通常版】
一般:13,500円
(税込)
学生:6,750円
(税込)
【YouTube動画講座セット】
一般:19,800円
(税込)
学生:9,900円
(税込)
※紹介者割引
500円引き
費用
(講座料)
一括払い
32,000
(税込)
分割払い
初回3,560円
(税込)
2回目以降
月々3,300円
(税込×9回)
難易度初級〜中級初級〜中級
対象未経験〜初心者初心者〜中級者
受験資格WEB
ライティング
講座受講者
なし
学習期間最短で2ヶ月
標準学習期間
6ヶ月
最短で2週間
(中級者)
最長で6ヶ月ほど
(未経験者)
試験日毎月1回3ヶ月に1回ほど
試験形式択一と記述式択一と記述式
等級問わず同問題
試験時間90分90分
試験会場在宅受験全国17カ所
合格基準8割以上の
理解度
1級:80〜88点
2級:70〜79点
3級:53〜69点
※53点以下
不合格
合格率47.3%1級合格率
25〜30%
認定証
証明証
合格証書
認定カード
WEB
ライティング
実務士ID
認定証
認定バナー
サポート合格サポート
制度あり
2回目以降の
受験料
一律3000円引き
(1回目学割の方は対象外)
YouTube
動画講座
セットに限り
全額返金保証付き
資格更新なし2年ごとにあり
更新費用
12,000円
(税込)
メリット
特典
E-A-Tの向上
就職・転職の際に有利
 好条件の
執筆依頼など
E-A-Tの向上
就職・転職の際に有利
 好条件の
執筆依頼など

 

ひしはり
ひしはり
こんな感じですね。

 

こうやってそれぞれの違いを
あらためて洗い出してみると、
名称は似ていても
けっこう違いがあるものですね。

冒頭でもお話ししたとおり、
それぞれの項目の詳細については、
別記事の圧倒的専門性をゲット!
Webライティング資格【2選】

ぜひ、参考にどうぞ。

 

パソコンや筆記用具の画像
圧倒的専門性をゲット!Webライティング資格【2選】Webライティングの資格について知りたいですか?【ひしはりBLOG】ではWeb上で圧倒的専門性をゲットできるWebライティングの2つの代表的な資格をご紹介しています。Webライティングの資格について知りたい方はぜひ、記事をご覧ください。...

 

今回の記事を読んでいただいて
WEBライティング技能検定と
Webライティング能力検定の違いを
明確に知っていただけたら幸いです。

というわけで今回は以上です。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

参考:圧倒的専門性をゲット!Webライティング資格【2選】

参考:Webライティング資格【2選】取得する11のメリット