WordPress

表示速度を高速化!「W3 Total Cache」の設定方法と使い方

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

今日はWordPressの表示速度を
高速化出来て、キャッシュやサーバーの設定が
簡単に行えるプラグイン「W3 Total Cache」
設定方法と使い方について書いて行きたいと思います。

 

高速化の画像

 

キャッシュで表示速度をスピードアップ!

 

WordPressでサイトやブログを立ち上げて
記事やコンテンツが増えてくると
ページの表示速度がどうしても遅くなって来ます。

 

ひしはり
ひしはり
最近パソコンが重たくなって来たな・・・

 

そこで「キャッシュ」という仕組みを使って
動的にページを生成する工程をカットし、
静的なページとして表示する事で、
ページの表示速度を大幅に高速化する事が出来ます。

 

キャッシュとは?

 

ひしはり
ひしはり
キャッシュ?現金の事?

 

「キャッシュ」とは、
一度アクセスしたWebページを
パソコンやスマホに一時的に保存しておいて
次に同じページを開いた時に
素早く表示させるための仕組みの事です。

今日ご紹介する「W3 Total Cache」は、
そんなキャッシュやサーバーの設定を
簡単に行える便利なプラグインです。

それでは早速、「W3 Total Cache」
設定方法と使い方について
ご紹介して行きます。

 

「W3 Total Cache」のインストールと各種設定

 

まずは、WordPressに「W3 Total Cache」
インストールし有効化して行きます。

WordPressの管理画面から左メニューの
「プラグイン」「新規追加」をクリックします。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

右上の検索フォームに「W3 Total Cache」
入力し「今すぐインストール」「有効化」の順に
クリックします。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

「General Settings」全体設定

 

有効化出来たらWordPressの
管理画面に「Performance」
項目が追加されていると思いますので
「Performance」「General Settings」の順に
クリックします。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

そうすると以下の画像の様に
全体設定の画面に移動します。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

なお、「W3 Total Cache」の設定は、
すべて英語になりますが、
画像の通りに設定して行くだけですので
安心して下さい。

 

「General」の設定

 

まず「General」の設定は、
特に変更する必要はありません。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

 

「Page cache」の設定

 

続いて「Page cache」の設定ですが、
「Enable」にチェックを入れます。

 

この設定を行なう事で、
ページに訪問者が初めて訪れた時に
ページキャッシュファイルが作成されて
サイトやブログの表示速度を高速化する事が出来ます。

その下の「Page Cache Method」では、
ページをキャッシュするサーバーを選択出来ます。

WordPressのページは、
HTMLで表示されているので、
「Disk: Enhanced」を選択します。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

 

「Minify」の設定

 

続いて「Minify」の設定ですが、
ここでは、「Enable」のチェックは
外しておきます。

それ以外は特に変更する必要はありません。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

「Opcode Cache」の設定

 

続いて「Opcode Cache」の設定ですが、
ここも特に変更する必要はありません。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

「Database Cache」の設定

 

続いて「Database Cache」の設定ですが、
ここでは、「Enable」にチェックしておきます。

「Database Cache Method」「Disk」
選択しておきます。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

 

「Object Cache」の設定

 

続いて「Object Cache」の設定ですが、
ここも「Enable」にチェックしておきます。

「Object Cache Method」「Disk」
選択しておきます。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

「Browser Cache」の設定

 

続いて「Browser Cache」の設定ですが、
ここも「Enable」にチェックしておきます。

この設定を行なう事で、
訪問者のブラウザにキャッシュを置き、
サーバーへの負荷を大幅に軽減する事が出来ます。

それによってページの表示速度が高速化されます。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

 

その他の設定

 

ここから下の

 

「CDN」
「Reverse proxy」
「Network Performance & Security powered by CloudFlare」
「Fragment Cache」
「Monitoring」
「Licensing」
「Miscellaneous」
「Debug」
「Import /Export Settings」

 

の設定は基本デフォルトのままで
問題ありませんが、
「Miscellaneous」の設定に関しては、
以下の画像の様に設定しておきましょう。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

以上で全体設定は、完了です。

続いて以下の4種類の詳細設定を行なって行きます。

 

  • 「Page cache」
  • 「Database Cache」
  • 「Object Cache」
  • 「Browser Cache」e」

 

「Page cache」の設定

 

まずは、WordPressの管理画面の左メニューから
「Performance」「Page Cache」をクリックします。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

「Page Cache」の設定では、
以下の画像の様に2ヶ所にチェックを入れます。

 

W3 Total Cacheの設定の画像 W3 Total Cacheの設定の画像

 

続いて「Cache Preload」では、
「Automatically prime the page cache」
チェックを外しておきます。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

続いて「Purge Policy: Page Cache, CDN」では、
以下の画像の様に設定しておきましょう。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

 

「Database Cache」の設定

 

次に「Database Cache」の設定を
行なって行きます。

WordPressの管理画面の左メニューから
「Performance」「Database Cache」をクリックします。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

ここでは、以下の画像の様に
1ヶ所だけチェックを入れておきます。

その他は、デフォルトのままで
問題ありませんのでそのままにしておきます。

 

W3 Total Cacheの設定の画像 W3 Total Cacheの設定の画像

 

 

「Object Cache」の設定

 

次に「Object Cache」の設定を
行なって行きます。

WordPressの管理画面の左メニューから
「Performance」「Object Cache」をクリックします。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

ここでは、特に変更する必要は
ありませんのでデフォルトのままにしておきます。

 

「Browser Cache」の設定

 

次に「Browser Cache」の設定を
行なって行きます。

WordPressの管理画面の左メニューから
「Performance」「Browser Cache」をクリックします。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

ここでは、以下の画像の様に
5つの項目にチェックを入れておきましょう。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

 

「User Agent Groups」の設定

 

次に「User Agent Groups」の設定を
行なって行きます。

ここで行なう設定により、
パソコンではパソコン用のキャッシュを、
モバイルではモバイル用のキャッシュを、
それぞれ生成する様にする事が出来ます。

WordPressの管理画面の左メニューから
「Performance」「User Agent Groups」
クリックします。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

ここでは、「Enabled」
1ヶ所にチェックを入れておきます。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

これで「W3 Total Cache」のすべての
設定が完了となりますので、
最後にすでに公開している記事のキャッシュを
削除してリセットしておきます。

 

キャッシュの削除

 

WordPressの管理画面の左メニューから
「Performance」「Dashboard」をクリックします。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

「empty all caches」をクリックしたら
キャッシュの削除とリセットは完了です。

 

W3 Total Cacheの設定の画像

 

 

まとめ

 

今日は、WordPressの表示速度を
高速化出来て、キャッシュやサーバーの設定が
簡単に行えるプラグイン「W3 Total Cache」
設定方法と使い方についてご紹介しました。

サイトやブログの表示速度の改善は、
非常に重要な要素となりますので
キャッシュ系のプラグインを導入して
しっかりと改善を図って行きましょう。

ブログの表示速度を出来るだけ
高速化したいと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日は、ここまで。

 

関連記事