WordPress

アップロード済みの画像圧縮なら「Compress JPEG & PNG images」

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

今日はブログにアップロードした
画像を圧縮してくれる
「Compress JPEG & PNG images」という
プラグインをご紹介したいと思います。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

「ブログが重い、表示速度が遅い」原因は画像!

 

このプラグインはパンダの画像で有名な
TinyPNGが提供している
画像圧縮ツールのWordPressプラグイン版です。

私は普段「EWWW Image Optimizer」という
画像圧縮プラグインを使用しています。

WordPressプラグインの
「EWWW Image Optimizer」については
以下の記事にくわしくまとめていますので、
ぜひ、合わせて参考にして下さい。

 

パソコン画像
画像を自動圧縮!EWWW Image Optimizerの設定と使い方こんにちは。 必死に張り切る ひしはり です。 今日はサイトやブログの画像を 自動圧縮してくれるWordPressプラグインの...

 

しかし記事数が増えて来て
それにともなって画像も増え出して来たら
どんどんとブログの表示速度や読み込み速度が
遅くなって来たんですね。

いわゆる「重い」状態になって来たんですね。

そこでいろいろ原因を調べてみると
1番の原因は「画像」にある事がわかりました。

それまではフリー画像サイトなどからダウンロードした
画像であったり、自分で撮ったスクリーンショットなどを
そのままブログにアップしていました。

ちなみに「スクリーンショット」とは
略して「スクショ」ともいわれますが、
今見ているパソコンの画面だったり、
スマホの画面を撮影して画像に出来る機能の事です。

ブログ運営での画像最適化という事に関しては、
画像圧縮プラグインで有名な「EWWW Image Optimizer」
導入しているのでそれでいいという認識だったんですね。

でも、実際はそれだけでは足りなくて
画像をブログにアップする前に
その画像の「圧縮」と「縮小」をしておく
必要があったんです。

そのあたりの事は以下の記事に
くわしくまとめていますので
ブログやサイトの表示速度の重たさに
悩んでおられる方はぜひ、参考にして下さい。

 

画像編集の画像
初心者でも簡単!画像の圧縮・縮小なら「I LOVE IMG」サイトやブログにアップする画像を初心者でも簡単に圧縮したり、サイズを編集したり出来る無料ツールの「I LOVE IMG」の使い方をわかりやすくご紹介しています。ご自身のサイトやブログの表示速度や読み込み速度が遅いと悩まれている方は、画像が原因かもしれません。ぜひ、参考にして下さい。...

 

そこですでブログにアップロードしている
画像を圧縮出来るツールはないかと
探していたところ今回ご紹介するWordPressプラグインの
「Compress JPEG & PNG images」にたどり着いた訳です。

 

Compress JPEG & PNG images の特徴

 

「Compress JPEG & PNG images」
画像をWordPressへアップロードする度に、
自動で圧縮してくれます。

平均して30%〜40%、
画像によっては50%〜70%以上
ファイルの容量を圧縮してくれます。

画質の劣化といった点でも
見た目にはほとんどわかりません。

圧縮対象の画像を一括でも個別でも
指定する事が出来ます。

基本的には無料で使えますが、
「1ヶ月の利用上限が500枚まで」と決められています。

万が一500枚を超えてしまっても
クレジットカード登録をしていなければ、
制限がかかって勝手に課金される事は
ありませんので安心して使えます。

それに500枚を超えれば
Web版を使えばいいだけの事なので
特に問題はないかと思います。

 

 

利用上限は毎月月初にリセットされます。

 

Compress JPEG & PNG imagesの特徴まとめ

画像をWordPressへアップロードする度に、自動で圧縮してくれる

平均して30%〜40%、画像によっては50%〜70%以上圧縮してくれる

画像の劣化はほとんどわからない

圧縮対象の画像を一括でも個別でも指定する事が出来る

月に500枚まで無料で使用出来る

 

それでは「Compress JPEG & PNG images」
設定方法と使い方について
わかりやすくご紹介して行きたいと思います。

 

Compress JPEG&PNG imagesのインストール方法

 

まずは、WordPressの管理画面の左メニューから
「プラグイン」「新規追加」をクリックします。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

画面が移動したら右上の検索フォームに
「Compress JPEG & PNG images」と入力します。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

すると「Compress JPEG & PNG images」
インストール画面が表示されますので
「今すぐインストール」をクリックします。

続いて「有効化」をクリックします。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

これでインストールは完了です。

続いて「Compress JPEG & PNG images」
設定を行なっていきます。

 

Compress JPEG & PNG images の設定方法

 

TinyPNG の新規アカウント登録

 

まず最初に「TinyPNG」の新規アカウント登録をします。

赤枠の中に氏名とメールアドレスを
入力して「Register Account」と書かれた
青色のボタンをクリックします。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

すると以下の様な画面が表示され、
入力したメールアドレスに登録完了の
メールが届きます。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

アカウントを有効化するための
リンクが送信されているので
メールを確認してアカウントを有効化して下さい。

有効化が完了すると、
以下の様な、アカウントが有効化された内容の
メッセージが表示されます。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

サービスを利用するための「API キー」は、
自動的に WordPress へ設定されます。

これで新規アカウントの登録は完了です。

 

New image uploads の設定

 

続いて「New image uploads」の設定ですが、
これは新しくアップロードした画像を
どのタイミングで圧縮するかを指定する設定です。

こちらは推奨されている1番上の項目に
チェックを入れておけばOKです。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

ちなみに上から順に

・バックグラウンドで新しい画像を圧縮する(推奨)

・アップロード中に新しい画像を圧縮する

・新しい画像を自動的に圧縮しない

といった内容になっています。

 

Image sizes の設定

 

続いて「Image sizes」の設定ですが、
ここでは圧縮する画像を指定しています。

1番上の「Original image (overwritten by compressed image)」
2番目の「Thumbnail – 150×150」
チェックを入れておけばOKです。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

WordPressは画像をアップすると
自動的に複数のサイズの画像を作成しています。

チェック項目を増やすと
それだけ1ヶ月の上限数の500枚に早く達してしまいますので
ここでのチェックは、普段使う頻度の高い
1番上の「オリジナル画像」
2番目の「サムネイル(アイキャッチ)画像」のみで
良いかと思います。

「アップロードする画像1枚×チェック数」となりますので
チェック項目を増やしたい方は注意が必要です。

 

Original image の設定

 

最後に「Original image」の設定ですが、
ここは基本的にチェックなしでOKです。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

1番上のチェック項目は、
アップロードしたオリジナルの画像サイズが
指定した画像サイズより大きい場合に
幅と高さの数値を指定する事で
リサイズする事が出来ます。

下の3ヶ所のチェック項目は、
上から順に画像に

・「作成日時を保存する」

・「著作権情報を保存する」

・「JPEG形式に限り GPSの位置情報を保存する」

という内容で、個人情報が含まれる場合が
ありますのでここにチェックを入れる場合は
注意が必要です。

「変更を保存」をクリックしたら
「Compress JPEG & PNG images」
初期設定は完了です。

 

「Compress JPEG & PNG images」の使い方

 

続いてすでにブログにアップロードしている
画像の圧縮方法についてご紹介して行きますね。

 

アップロード済みの画像を一括で圧縮する方法

 

WordPressの管理画面の左メニューから
「メディア」「Bulk Optimization」
クリックします。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

画面が移動し本来でしたら画像中央の青いボタン
「Start Bulk Optimization」となっていますので
そこをクリックすると圧縮されていない画像が
まとめて圧縮されます。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

この画像では1ヶ月の上限を
超えてしまっているために
「Upgrade account」と表示されています。

赤枠部分の数字の意味は左から順に

・「アップロードされた画像」

・「圧縮されていない画像」

・「見積もり金額」

となっていますので、
見積もり金額が0円になっている事を
確認してから「Start Bulk Optimization」
クリックする様にしましょう。

 

アップロード済みの画像を個別で圧縮する方法

 

次に個別で画像を圧縮する方法ですが、
WordPressの管理画面の左メニューから
「メディア」「ライブラリ」をクリックします。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

左上のマークをクリックして
リスト表示に切り替えます。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

圧縮したい画像の「Compress」をクリックすると
その画像だけを圧縮する事が出来ます。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

圧縮が完了したら緑色の
チェックマークに変わります。

 

Compress JPEG & PNG imagesの設定の画像

 

以上がブログにすでにアップロードした
画像の圧縮方法のご紹介でした。

 

まとめ

 

今日はブログにアップロードした
画像を圧縮してくれる
「Compress JPEG & PNG images」という
プラグインをご紹介しました。

私の様にブログにアップロードした画像を
あとから圧縮したいと思っておられる方も
おられると思いますのでそういった方は、
ぜひ、今回の記事を参考にしていただけたらと思います。

画像圧縮でしっかり対策して
ブログの表示速度を速く保ちたいと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事