雑記記事

知っているつもりで知らないのでは?「戦略」と「戦術」の違い

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

今日はビジネスや政治、スポーツの世界でも
よく使われる「戦略」「戦術」という
2つの言葉の違いについて
わかりやすくご紹介したいと思います。

 

チェス盤の画像

 

同じ意味と勘違いされやすい「戦略」と「戦術」

 

この2つの言葉ですが、
すごく似ていますので
違いがよくわからないという方や
同じ意味の言葉だと勘違いされている方も
多いのではないでしょうか。

 

ひしはり
ひしはり
2つとも同じ意味じゃないの?

 

実はこの2つの言葉はそれぞれ言葉の意味が違います。

 

この「戦略」「戦術」という言葉ですが、
2つの言葉の意味が密接に関わっている事もあり、
そういったところで同じ言葉だと
勘違いされやすいのかもしれません。

ではいったいどう違うのでしょうか。

 

「戦略」と「戦術」の違い

 

まず「戦略」ですが
「戦略」とは目的を達成するために
描く「シナリオ・ビジョン」の事を言います。

 

戦略は、一般的には特定の目的を達成するために、
長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する
技術・応用科学である

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

次に「戦術」ですが
「戦術」とは戦略を実現するための
具体的な「手段・方法」の事を言います。

 

戦術は、作戦・戦闘において
任務達成のために部隊・物資を効果的に配置・移動して
戦闘力を運用する術である

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

上記の様に元々は軍事用語として使われていた言葉が
ビジネスや政治、スポーツの世界でも
使われる様になりました。

 

ひしはり
ひしはり
なるほど!元々は軍事用語だったんだ!

 

「目的」→「戦略」→「戦術」の順で計画

 

わかりやすく日常生活の中の
「食事」に例えてみると

 

料理を作ってお腹をふくらませる事が「目的(満腹)」
何を作るかが「戦略(メニュー)」
どうやって作るかが「戦術(レシピ)」という事になります。

 

調理風景の画像

 

英語でいうと
「戦略」「What(何を)」
「戦術」「How(どの様に)」という事になります。

個人であっても組織であっても
何かを成そうと思えば
「目的」→「戦略」→「戦術」の順で
計画を考える必要があります。

そうでないと行き当たりばったりの
チグハグな状況を生み出してしまう事に
なり兼ねません。

長期的な目的をしっかりと見据えて
「戦略」「戦術」を決めていないと
目の前の状況ごとに対応してしまい
自分や組織が右往左往してしまいます。

そういった意味で
目的を達成するためには
「戦略」「戦術」の存在が
必要不可欠と言えますね。

いかがでしたか。

「戦略」「戦術」・・・似ている様で違う言葉
知っている様で知らない言葉の意味

 

「戦略」とは目的を達成するために描く「シナリオ・ビジョン」の事

「戦術」とは戦略を実現するための具体的な「手段・方法」の事

 

何かを新しく始める時には、
ぜひ、この2つの言葉を意識して
道筋をしっかり描いてみて下さいね。

 

まとめ

 

今日はビジネスや政治、スポーツの世界でも
よく使われる「戦略」「戦術」という
2つの言葉の違いについて
わかりやすくご紹介しました。

私自身、スポーツの世界に
長く携わっていましたので、
この「戦略」「戦術」といった言葉は
子供の頃から本当によく耳にして来ました。

なんとなくわかっていたつもりの言葉でも
改めて突き詰めてみると
意外と知らなかった新発見があったりしますね。

「戦略」「戦術」
2つの要素を組み合わせて
しっかりと目的を達成したいと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事