サッカー

元プロが語る!サッカー選手に絶対必要な「手の使い方」

サッカー手の使い方の画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
サッカーでは手を使ったら反則じゃないの?

ゴールキーパーでもないのに
サッカーで手を使うことがあるの?

試合中にどうやって手を使えばいいの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ サッカー選手に絶対必要な「手の使い方」

❷ 「間合い」という重要な要素

❸ 早めにボールをはたくことと流動的なトラップ

❹ 具体的な手の使い方の技術

 

今日はサッカーが上達するために
絶対に必要な技術である
「手の使い方」について
元海外プロサッカー経験者としての
見解をご紹介して行きたいと思います。

本記事を読めば、
サッカーにおいて
手を使うことがどれだけ有効的で
必要不可欠なのかがわかり
それを技術として自分に取り入れることで
サッカー選手として
更なるレベルアップが期待できますよ!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

元海外プロサッカー選手

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは1850人ほど。

サッカー選手に絶対必要な「手の使い方」

手の画像

 

サッカー選手として成功するためには
「手の使い方」は絶対に必要です!

 

サッカーって足でするスポーツなのに?
サッカーで手の使い方?
キーパーのこと?

 

と思われるかもしれませんが、
これはれっきとした
「フィールドプレーヤー」
技術の話ですよ(笑)

当然ながら
サッカーというスポーツは、
基本的に足を使って
プレーする競技です。

ですが、レベルが上のステージに
上がれば上がるほど
足技は当然のことながら、
「手の使い方」といった技術も
求められて来るようになります。

私が現役時代にともにプレーした
海外の選手たちは、
みんな例外なく「手の使い方」
うまかったですね。

具体的には試合中のマッチアップのときなどに相手選手を
ガードするために必要な技術です。

 

もちろん押したり叩いたり、
引っ張ったりしてはダメですが、
相手選手に向けて手を伸ばし
固定した状態でガードすることは
ファウルにはなりません。

また複数の相手選手の間を
ドリブルで割って行くときにも
両手の使い方は
非常に重要な技術になります。

私自身、「手の使い方」
意識し出したのは、
海外留学してからのことでしたね。

当時はプレー中に
手を使うなんて発想は
まだまだなかった時代でしたから、
初めて海外のプレーに触れたときは
すべてがファウルに思えたくらいです(笑)

感覚としては
押さえつけられる、
引っ張られるといったような
イメージでした。

それくらいに海外の選手たちは
ファウルすれすれの
「手の使い方」の技術に
卓越していましたね。

要はこちらが動きにくいように
手で押さえつける技術ですね。

または相手選手とボールの間の
「間合い」を広げるための技術です。

「間合い」という重要な要素

サッカー間合いの画像

 

この「間合い」も選手としては
非常に重要な要素の1つです。

自分の身長や腕の長さ、
足の長さによって、
個人個人変わって来ますから、
自分が日々の練習で感覚によって
おぼえて行くしかありません。

現役時代、自分の間合いで
ボールをキープできているときは、
相手選手にボールを奪われることは
ほとんどありませんでした。

奪われるとしたら、
自分自身のミスか、
相手選手のファウルによってでしたね。

それくらい自分の間合いを
知るということは、
選手にとって重要な要素なんですね。

手の使い方の1つ目の技術である
相手選手を
「手で押さえつける技術」ですが、
逆に相手選手が伸ばした腕で
自分の胸や太ももを押さえつけられると
すごく動きづらいものです。

手の使い方の2つ目の技術である
相手選手とボールの間の
「間合いを広げるための技術」ですが、
日本でも相手選手とボールとの間に
「自分の体を入れてガードしなさい!」
ということは、サッカーを始めた
子どものころに
監督やコーチから教わりますよね。

相手選手がいる側より
遠いほうの足でボールを
コントロールしなさいと。

しかしそのもう一段階上の技術として
さらにそこから「腕を伸ばして
間合いをしっかりと確保しなさい!」
とは
ほとんどの指導者は教えていないのでは
ないでしょうか?

まあ、プロリーグもなかった当時の
日本ではこういった手の使い方は
一般的な技術ではなかったので
仕方がありませんね。

先ほど話したように私自身も海外へ行って
初めて知ったくらいですから、
当時のサッカー指導者が
そこまで教えられていないことも
当然といえば当然です。

早めにボールをはたくことと流動的なトラップ

流れる川の画像

 

相手選手との間で
そうやって腕を伸ばして間合いを
確保することによって
「腕の長さ」「体の幅」「足の長さ」
という三段階の備えができるわけですね。

それでも激しいプロの世界では
根こそぎまくられてしまうことが
日常茶飯事ですので、
局面でのプレー以外は、
早め早めでボールをはたくことが
求められます。

止まった状態でボールをトラップすると
後ろから激しいタックルや当たりを受けて
潰されてしまいますので、
なるべく動いた流れの中でボールを
トラップすることも求められます。

「流動的なトラップ」
いい換えることができますね。

具体的な手の使い方の技術

翼を広げた画像

 

手でガードする型としては、
親指を下に向け腕を伸ばします。

親指を下に向けると
必然的に肘が背中側を向きます。

肘が曲がらないように
しっかりと固定して
相手選手を押さえつけます。

このとき、押さえつける場所は
自分と相手選手の
身長差や重心によっても変わって来ます。

相手選手の腕や胸や太ももなどに
しっかりと腕を固定できるように
伸ばします。

相手選手もプレッシャーをかけて
体を寄せて来ますので
その力を利用して
しっかりと固定します。

手のひら、肘、肩が
しっかりと相手選手の寄せに対して
一直線に力が固定されるようにして
ガードします。

基本的には真後ろからの
プレッシャーであっても
どちらか半身の姿勢を取って
この形に持ち込むことが望ましいですね。

またもう1つの技術として
相手選手同士の間を
ドリブルで割って行くときですが、
その二人の間を両腕でかき分けるように
手を使い突破して行きます。

まあ全体的に生真面目な国民性の
日本人はファウルをしないように、
またファウルにならないように
プレーします。

それにくらべ海外の選手たちは基本的に
「ファウルにならなければ
ファウルじゃない!」
という考え方です(笑)

いわゆる現地の言葉で
「マリーシア(ずる賢さ)」
いわれます。

まずもってここの考え方の
出だしが違います。

サッカーがうまくなりたければ、
足はもちろんのことですが、
「手の使い方」
意識してやって行くといいでしょう。

今日ご紹介した技術には
腕や上半身の力も必要ですから
フィジカル的な上半身の筋トレなども
当然、必要な努力になって来ます。

あとポストプレーなど
相手を背中に背負うプレーのときは、
「翼を広げる」といったイメージですね。

ぜひ、海外のプロ選手たちが使っている
足技以外の技術である「手の使い方」
マスターして下さい。

 

ひしはり
ひしはり
プレーの幅が全然変わって来ますよ!

 

まとめ

 

今日はサッカーが上達するために
必要な技術である「手の使い方」について
元海外プロサッカー経験者としての見解を
ご紹介して来ました。

あなたの年齢が若ければ若いほど
早めにマスターしておけば、
かなり役立つ技術ですから
絶対におすすめですね。

一流選手はみんなこの技術を
マスターしていますからね。

少しでも過去の自分の技術や経験が
これからの次世代の役に立てればと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事