サラリーマン&副業必見記事

誰もが一度は感じる「サラリーマンとしての給料」の限界

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

今日はサラリーマンとしての給料の限界について
記事を書いて行きたいと思います。

 

サラリーマン給料の画像

 

一般的なサラリーマンの給料形態

 

サラリーマンの給料形態は、
勤めている企業や会社によって様々ですが、
基本的な事は、どこの企業や会社もだいたい同じです。

まずは、下の一般的な「給料」の内訳を見て下さい。

 

  • 基本給
  • 役職手当
  • 資格手当
  • 家族手当・扶養手当
  • 残業手当
  • 皆勤手当
  • 通勤手当
  • 賞与・ボーナス

 

続いて「控除」の内訳です。

 

  • 健康保険
  • 厚生年金
  • 介護保険
  • 雇用保険
  • 住民税

 

だいたいこんな感じですよね。

基本給に各種手当を加えた金額が、
「総支給額」になります。

「控除」「総支給額」から差し引かれます。

上記の様な手当が付くかどうかと
支給される手当の種類については、
それぞれの企業や会社によって変わって来ます。

いずれにしてもサラリーマンとして
働いて給料を稼ぐ以上は、
上記の枠組みの中で給料が決められています。

つまり、よほどの特殊な能力やスキルが無いと
生活するのがやっとなくらいの給料にしか
ならないんですね。

 

周りのサラリーマンの友人たち

 

私の周りの友人たちを見ても
サラリーマンでベンツに乗っている友人は、
いません。

サラリーマンでクルーザーや別荘を
持っている友人はいません。

サラリーマンで時間にも
お金にも余裕がある友人はいません。

サラリーマンで好きな時に
好きなだけ旅行に行ける友人はいません。

サラリーマンで月収100万円以上を
稼いでいる友人はいません。

なぜでしょうか?

それは、サラリーマンという条件付けされた
枠組みの中で人生を生きているからなんですね。

 

サラリーマンの画像

 

限界まで残業して知った給料の限界

 

ある時私はもうこれ以上、身心ともに残業出来ないと
感じるほど残業した月がありました。

幸い、私が勤めている会社は、
残業した分はしっかりと払って頂けます。

その月にもらえた給料は、
確かにいつもの月よりは多かったですが、
逆にこれ以上の給料は、一生もらえないんだろうなと
限界を知りました。

睡眠時間を削ってまで毎晩夜中まで働き
こんな生活は、ずっと続けて行ける訳もないですし、
ケガや病気をして欠勤すれば、当然収入は確保出来ません。

売り上げがよかったからと言って、
劇的に基本給が上がる訳でもないですし、
ボーナスが増える訳でもありません。

つまり、サラリーマンをしていては、
経済的にや時間的にゆとりのある生活を手にする事は、
ほぼ不可能に近いんですよね。

お金持ちには、なれないという事です!

 

あなたはサラリーマン? それとも・・・

 

ベンツに乗っていて、
クルーザーや別荘を持っていて、
時間にもお金にも余裕があって、
好きな時に好きなだけ旅行に行けて、
月収で100万円以上稼いでいる人は、
絶対と言っていいくらいサラリーマンではないですよね。

朝早くから夜遅くまで会社に拘束されて
上司や同僚、後輩に気を使い
残業代だってサービス残業のところも多いですよね。

毎日満員電車にゆられて数時間かけて出勤し、
昼食は、なけなしのお金で済まし、
夜遅くまで残業に縛られ、
家に着くのは、午前様。

こういった人生を送っている人は、
私も含めてほぼサラリーマンですよね。

それでもみんな家族のためや生活のために
耐えて頑張っている訳ですね。

しかし、果たしてその様な人生が
自分が望む人生なのでしょうか?

たった一度の人生をそんな風に耐えて
生きていかなければならないのでしょうか?

絶対に違いますよね!

じゃあ、才能も取り柄もない
私の様な一般ピープル凡人サラリーマンが、
何か独立してビジネスなど出来るのでしょうか?

莫大な借金を背負い、
事業を始め、サラリーマン時代よりも忙しく
家族や恋人との時間も持てず、
挙げ句の果てには事業がうまく行かずに自己破産では、
求めている豊かな暮らしとは、
ほど遠いものになってしまいます。

何よりもハイリスク過ぎます。

そこでお勧めとなるのが、
「ネットビジネス」になる訳ですね。

 

サラリーマンの副業におすすめ「ネットビジネス」

 

本業のサラリーマンを続けながら、
副業としてスタートして、
収入が増えてきたら、
会社を辞めて独立する事だって出来ます。

しかもパソコン1台とやる気さえあれば
誰でも始める事が出来ます。

しかもローリスクハイリターンですので
やらない手はありません。

こちらの記事に詳しくまとめていますので
ぜひ読んでみて下さい。

 

時計とサラリーマンの画像
サラリーマンが副業するならネットビジネス一択こんにちは。 必死に張り切る ひしはり です。 今日は、本業以外でお金を稼ぎたい人へ ネットビジネスのすすめについて 書いて...

 

まとめ

 

今日はサラリーマンという枠組みの中で
生活していると稼げる給料に限界があるという
話をさせて頂きました。

やはり一度きりの人生ですから
経済的にも時間的にも精神的にも健康的にも
豊かな人生を送りたいものです。

そして家族や恋人ともその豊かさを
共有したいものですね。

それに対して私が出した答えは、
「ネットビジネス」なんですね。

自分に出来るかどうかではなく
やるかどうかなんだと思います。

そしてやると決めたら、
とにかく行動あるのみです。

ローリスクですから、
何度でも失敗しても構いません。
その失敗から色んな事を吸収して
次の行動につなげて行けば良いだけですからね。

私自身もそうやって手探りで進んで来ていますから。

カゴの中の鳥ではなく、
大空を自分の力で自由に舞う鳥でありたいと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日は、ここまで。

関連記事