サラリーマン副業

サラリーマンの悪夢!上司が【一貫性】のない人間だったら致命的!

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

今日は
「上司が一貫性のない人間だったら致命的!」
という内容を
記事にして行きたいと思います。

 

打ち合わせの画像

 

学校や職場に必ずいる一貫性のない人間

 

あなたの周りにも
一人や二人いませんか?

言ってる事とやってる事に
一貫性のない人間が。

「一貫性」とは言動や物事の
最初から最後までが
ブレずに筋が通っている事を言います。

私たちは学校や職場など
いろいろなコミュニティに
属して生活していますよね。

そうすると中には
一貫性のない人間も少なからず
存在していますので
どうしても関わらないといけない
場合は困った事になります。

 

ひしはり
ひしはり
え?この間と言ってる事違うやん!
ってやつです(笑)

 

上司に【一貫性】がないと致命的

 

私の場合は
「致命的なパターン」なのですが、
直の「上司」がこの一貫性のない
人間に当たります。

「昨日言っていた事」
「今日言っている事」
全然違うというあり得ない
演出です。

また「言っている事」
「やっている事」
マッチしていないという
離れ業も発動したりします。

「報連相(報告・連絡・相談)」
大事だと言っておきながら
なんの前触れもなく
事業を拡大したりします。

しかも計画性があっての事でもなく
行き当たりばったりが
得意技だったりします。

周りの管理職を含め
従業員からの信頼も
下り坂を下る下るの一方通行です。

正直、組織として
上役がこのタイプだと
「致命的」です。

関わらなくていい人間なら
無視しておけばいいのですが、
上司となるとそういう訳にも
行きません。

報告していた事を
「聞いていない!」
言われたりする事も
日常茶飯事です。

サラリーマンにとって
職場での上司の存在は
サラリーマン生活を左右する
大きな大きな問題です。

自分ではどうする事も出来ない
「外的要因」です。

そのあたりの事は
以下の記事でぶちまけていますので(笑)
ぜひ、読んでいただけたらと思います。

私と同じような思いを持って
日々のサラリーマン生活を
されている方もおられるでしょうから、
共感していただけるので
はないでしょうか。

 

上司の画像
サラリーマン生活を左右する「上司」という存在こんにちは。 必死に張り切る ひしはり です。 今日は、サラリーマン生活は、 勤めている職場の上司によって 決まってしまうと...

 

火の粉は延々と降りかかって来る!

 

降り掛かる火の粉の画像

 

うちの上司はこんな人間だと
「仕方ない」と割り切っていても
直の上司である以上、
容赦無く火の粉は自分に
降りかかって来ます。

振り払っても振り払っても
次から次へと毎日の様に
降りかかって来ます。

上司が定年で退職するか、
もしくは他部署に異動になるか、
はたまたあなたが異動か転職するまで
このスパイラルは延々と続きます。

延々とその事でのストレスと
付き合って行かなければいけません。

こういった場合、
いったい私たちサラリーマンは
どうしたらいいのでしょうか。

まだ年齢も若く
転職する事にそれほど抵抗を
感じないのであれば、
とっとと転職される事をおすすめします。

だって考えてみて下さい!

その職場にいる限り
その上司からの火の粉は
ヘタしたら何年、何十年と
続く訳ですからね。

 

ひしはり
ひしはり
ストレスで死んでしまいます(笑)

 

しかし年齢もそこそこ行っていて
なかなかその歳からの転職は厳しいと
思われる方は大変です。

 

自分の身は自分で守る【防衛線】を作ろう!

 

そんな方はその上司に対する
「防衛線」を作るしかないですね。

どんな防衛線を作るのかは
その上司のタイプと
あなたとの関係性により
ケースバイケースになりますね。

極力、火の粉が
降りかからない様に努力する事と
火の粉が降りかかった場合の
対処法をしっかりと
決めておく事が大事になって来ます。

自分に非が及ばない様に
あらゆる手を尽くしましょう。

「そんな事言ってない!」だとか
「そんな事聞いてない!」といった
必殺技が炸裂しても防げる様に
私の場合はすべてすぐに書類にして
議事録として残す事に決めました。

そしてその内容を記した議事録に
上司の印鑑と自分の印鑑を捺印して
一貫性のない事を言われても
すぐにその書類を証拠として出せる様に
用意しています。

面倒くさい事ですが、
自分の身を守るためには
仕方ありませんね。

今の時代はスマホなどにも
「ボイスレコーダー」の機能が
ついていたりもしますので、
話し合いや打ち合わせの時は
そういったものを
活用する事も有効ですね。

 

スマホの画像

 

ひしはり
ひしはり
一貫性のない人間を上司に持つと
手間ばかりが増えてしまいます。

 

何でもかんでも
こちらのせいにされては、
たまったもんじゃありませんからね。

 

お互いの印鑑をついた議事録などを作成して残しておくか
スマホ等のボイスレコーダー機能を活用して証拠として残しておく。

 

そう言えば以前
こんなあり得ない事がありました。

新規の取引先に
その上司が打ち合わせに行って、
製品の仕様や取り扱いについて
先方のお客さんと
取り決めをして来ました。

2年くらいたった時に
その上司がその取引先の
仕様や取り扱いについて
「なんでそんな手間なことしてるんや!」
と注意して来ました。

 

ひしはり
ひしはり
いやいや、アンタが決めて来たんやで〜(笑)

 

そこにいた全員がドン引きでしたね。

 

ひしはり
ひしはり
本当に致命的ですね。

 

一貫性のない人間を相手にする時は
常に一歩引いた状態で接する様に
心がけましょう。

 

まとめ

 

今日は
「上司が一貫性のない人間だったら致命的!」
という内容を記事にまとめました。

願わくば尊敬出来る上司や
この人について行きたいと思える上司に
誰もがめぐり逢いたいはずですよね。

しかしこればっかりは
当たりハズレがありますから、
自分の力ではどうする事も出来ません。

残念ながら私は
ハズレを引いてしまいました(笑)

だったらだったで
何とかして行くしか
ありませんからね。

めげずに頑張って行きましょう!

今日もまた、
上司の一貫性のない言動に
振り回されながら
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事