WordPress最適化

サイトマップを自動生成「PS Auto Sitemap 」の設定方法

サイトマップの画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
ブログのサイトマップって何?

どうやって作ればいいの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ サイトマップを自動生成「PS Auto Sitemap 」の設定方法

❷ グローバルメニューにサイトマップを設置する方法

 

ブログ運営を続けて行くと
当然ブログ内に記事数が
増えて行きますよね。

そこで読者があなたのブログに
訪問してくれたときに
どこにどんな記事があるのかを
一目で探すことができる
「サイトマップ」
必要になって来ます。

「サイトマップ」には、
Googleなどの検索エンジンのための
「XML形式のサイトマップ」
ホームページに訪れた読者のための
「HTML形式のサイトマップ」
2種類があります。

本記事を読めば、
そんな読者のための
「HTML形式のサイトマップ」
自動で生成してくれる
「WordPress」プラグインの
「PS Auto Sitemap 」
設定方法がわかります。

「HTML形式のサイトマップ」
設定がまだの方は今すぐこの記事を
参考にしていただいてご自身のブログに
「HTML形式のサイトマップ」を設定し
読者への「ユーザビリティ
(使い勝手)」
アップさせましょう!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは2100人ほど。

サイトマップを自動生成「PS Auto Sitemap 」の設定方法

サイトマップの画像

 

「HTML形式のサイトマップ」
(以下サイトマップ)とは
そのサイトやブログの
全体の構成が一目でわかるように
一覧で表示されている
ページのことをいいます。

ブログに「サイトマップ」があると
訪問してくれた読者は、
一目でそのブログの全体の構成を
把握することができて、
知りたい情報のページに
迷うことなく
アクセスすることができます。

参考書やゲームの攻略本などでも
必ず巻頭に目次があって、
その本の全体の構成が
一目でわかるように
なっていますよね。

そのおかげで
探している情報や
知りたい情報が、
どこに書かれているかが
すぐにわかるようになっています。

サイトやブログでの
「サイトマップ」
まさにそのような役目を
担っているんですね。

 

ひしはり
ひしはり
読者にとってサイトマップは
必要不可欠です!

 

そんな「サイトマップ」をどうやって
作ればいいのかということですが、
今日ご紹介する
「WordPress」プラグインの
「PS Auto Sitemap 」
使うと初心者でもかんたんに
「サイトマップ」を作ることができます。

一度設定してしまえば、
あなたが新しく記事を投稿する度に
自動でサイトマップを
生成、更新してくれるので
非常に便利です。

便利で設定もかんたんで
読者へのユーザビリティの向上にも
つながりますので、
一石三鳥の優れものなんですね。

それではさっそく
「PS Auto Sitemap 」
設定方法をご紹介して行きますね。

まずは「PS Auto Sitemap 」
「WordPress」にインストールして
「有効化」します。

「WordPress」の管理画面の
左メニューから「プラグイン」
「新規追加」をクリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

右上にある「検索フォーム」
「PS Auto Sitemap 」
入力して検索し
「今すぐインストール」
「有効化」の順にクリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

「WordPress」
管理画面に戻ると
「設定」の中に
「PS Auto Sitemap 」
項目が追加されていますので
クリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

サイトマップページの作成

 

一番下に表示されている
「ご利用方法」の枠の中に書かれた
「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」
というコードをコピーしておきます。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

続いて「WordPress」
管理画面から「固定ページ」
「サイトマップ」のページを
作成して行きます。

管理画面の左メニューから
「固定ページ」
「新規追加」をクリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

「新規固定ページを追加」
ページに移動したら
「ビジュアル」モードから
「テキスト」モードに切り替えます。

先程コピーしたコード
「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」
テキスト内に貼り付けます。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

ちなみに私が使っている
アップルの「Mac」では、

・全体指定は「command」「A」
・コピーは 「command」「C」
・貼り付けは「command」「V」

でかんたんにできますので、
おぼえておくと便利ですよ!

パソコン上級者の方には、
常識かもしれませんが、
初心者にとっては
ありがたい情報なんですよね(笑)

 

ひしはり
ひしはり
私がそうでしたから(笑)

 

初心者の方は
どんどん知らないことを
おぼえて行きましょう。

そうしている内に
知っていることが
どんどん増えて来て
気づけば初心者では
なくなっていますよ。

勉強あるのみです!

話を戻しまして
コードを貼り付けたら
「タイトル」
「パーマリンク(記事のURL)」
入力して画面右上にある
「公開」ボタンをクリックして
今作成した固定ページを公開します。

固定ページを公開すると
上部のブラウザに
表示されているURLに
「wp-admin/post.php?post=515&action=edit」
部分があると思いますので、
赤枠部分の数字「ID」
メモしておいてください。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

この数字「ID」
「PS Auto Sitemap 」
設定しないとサイトマップとして
このプラグインが利用できません。

続いて「PS Auto Sitemap 」
設定画面に戻って
設定を行なっていきますが、
基本的にはデフォルトのままで
問題ありませんので
チャッチャとすませて行きましょう。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

「ホームページの出力」

 

私は一番上の
「ホームページの出力」
チェックは外しています。

「サイトマップを表示する記事」

 

赤枠で囲んである
「サイトマップを表示する記事」
先ほどメモしておいた
数字「ID」を入力します。

「出力階層制限」

 

「出力階層制限」
子ページや子カテゴリーを使用して
記事を作成している場合、
どこまでの階層をサイトマップに
表示するかを指定できます。

「除外カテゴリ」「除外記事」

 

「除外カテゴリ」
「除外記事」は、
「サイトマップ」
表示させたくない
カテゴリや記事の「ID」
ここに入力しておくことで
除外することができます。

カテゴリや記事の
「ID」の確認方法は、
先ほど「サイトマップ」「ID」
確認した方法と同じです。

「スタイルの変更」

 

「スタイルの変更」は、
「サイトマップ」
ページのデザインを
色々なパターンの中から
選ぶことができます。

お好みで見やすいデザインを
チョイスしましょう。

「キャッシュの使用」

 

「キャッシュの使用」は、
キャッシュ系の
「WordPress」プラグインを
使用している場合は干渉してしまい
不具合を起こしてしまう可能性が
ありますので、ここでのチェックは
外しておきましょう。

すべての設定が完了しましたら
「変更を保存」をクリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

これで「PS Auto Sitemap」
設定は完了です。

グローバルメニューにサイトマップを設置する方法

グローバルメニューの画像

 

続いて今作成した
「サイトマップ」をブログの
「グローバルメニュー」
表示させる設定を
行なっていきます。

「グローバルメニュー」自体を
まだ作成されてない場合は、
「WordPress」の管理画面の
左メニューから
「外観」「カスタマイズ」
「メニュー」から
作成することができます。

「サイトマップ」
「グローバルメニュー」
追加するには「WordPress」
管理画面の左メニューから
「外観」「メニュー」
クリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

「固定ページの枠内に
先ほど作成した
「サイトマップ」
項目が表示されていますので、
チェックを入れて
「メニューに追加」
クリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

「メニュー構造」の枠内に
「サイトマップ」
表示されますので
「メニューを保存」
クリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

「グローバルメニュー」での
固定ページの並び順は、
「ドラッグ&ドロップ」
変更することができます。

これですべての設定が
完了となりますので、
設定内容がしっかりと
反映されているかブラウザで
「サイトマップ」ページを
確認しておきましょう。

最後にもう一方の
検索エンジンのための
「XML形式のサイトマップ」
設定方法については、
以下の記事でわかりやすく
画像付きでご紹介していますので
ぜひ、合わせて参考にどうぞ!

 

サイトマップのイラストの画像
サイトマップを自動生成「Google XML Sitemaps 」の設定方法検索エンジン向けのサイトマップを自動生成してくれるWordPressプラグインの「Google XML Sitemaps 」の設定方法について知りたいですか?本記事では「Google XML Sitemaps 」の設定方法についてわかりやすく画像付きでご紹介しています。検索エンジン向けのサイトマップを自動生成してくれるWordPressプラグインの「Google XML Sitemaps 」の設定方法について知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

まとめ

 

今日はサイトやブログの
全体の構成を一目で確認できる
「サイトマップ」
自動で生成してくれる
「WordPress」プラグインの
「PS Auto Sitemap 」
設定方法についてご紹介しました。

「サイトマップ」ページが
しっかりと設定されていることで
過去に書いた古い記事も
読者に読んでもらえる機会が
増えます。

ユーザビリティの面でも
「WordPress」でサイトやブログを
運営する上で欠かせない必須の
プラグインになりますので
必ず導入して
設定しておくようにしましょう。

価値あるブログ運営をお届けしたいと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日は、ここまで。

関連記事