WordPress

サイトマップを自動生成「PS Auto Sitemap 」の設定方法

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

今日はサイトやブログの全体の構成を
一目で確認出来る「サイトマップ」
自動で生成してくれるWordPressプラグインの
「PS Auto Sitemap 」の設定方法について
書いて行きたいと思います。

 

サイトマップの画像

 

 

「サイトマップ」はサイトやブログに絶対必須!

 

ブログにサイトマップがあると
訪問してくれた読者は、一目でそのブログの
全体の構成を把握する事が出来、知りたい情報のページに
迷う事なくアクセス出来ます。

小説やゲームの攻略本などでも
必ず巻頭に目次があって、
その本の全体の構成が一目でわかる様に
なっていますよね。

そのおかげで探している情報や知りたい情報が、
どこに書かれているかすぐにわかる様に
なっています。

サイトやブログでのサイトマップも
まさにその様な役目を担っています。

 

WordPressプラグイン「PS Auto Sitemap 」

 

今日ご紹介するWordPressプラグインの
「PS Auto Sitemap 」を導入すると
新しく記事を投稿する度に自動でサイトマップを
生成、更新してくれるので非常に便利です。

便利で使い勝手がよく、
読者へのユーザビリティの向上にも繋がりますので、
一石二鳥の優れものです。

それでは、早速「PS Auto Sitemap 」の設定方法を
ご紹介して行きます。

 

「PS Auto Sitemap 」の設定方法

 

まずは、「PS Auto Sitemap 」をWordPressに
インストールして有効化します。

WordPressの管理画面の左メニューから
「プラグイン」「新規追加」をクリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

右上にある検索フォームに「PS Auto Sitemap 」
入力して検索し
「今すぐインストール」「有効化」の順に
クリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

WordPressの管理画面に戻ると
「設定」の中に「PS Auto Sitemap 」の項目が
追加されていますので、クリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

サイトマップページの作成

 

一番下に表示されている「ご利用方法」の枠の中に
書かれた「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」
というコードをコピーしておきます。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

続いてWordPressの管理画面から
「固定ページ」でサイトマップのページを
作成して行きます。

管理画面の左メニューから
「固定ページ」「新規追加」をクリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

「新規固定ページを追加」のページに移動したら
「ビジュアル」モードから「テキスト」モードに
切り替えます。

 

先程コピーしたコード
「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」
テキスト内に貼り付けます。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

ちなみに私が使っている
アップルのMacでは、

全体指定は「command」「A」
コピーは 「command」「C」
貼り付けは「command」「V」

で簡単に出来ますので、
覚えておくと便利ですよ。

パソコン上級者の方には、
常識かもしれませんが初心者には
ありがたい情報なんですよね。

私がそうでしたから。
初心者の方はどんどん知らない事を
覚えて行きましょう。

そうしている内に
知っている事がどんどん増えてきて
気付けば初心者ではなくなっていますよ。

勉強あるのみです!

コードを貼り付けたら
「タイトル」「パーマリンク」(記事のURL)を
入力して画面右上にある「公開」ボタンをクリックして
今作成した固定ページを公開します。

固定ページを公開すると
上部のブラウザに表示されているURLに
「wp-admin/post.php?post=515&action=edit」
部分があると思いますので、赤枠部分の数字「ID」
メモしておいて下さい。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

この数字「ID」「PS Auto Sitemap 」に設定しないと
サイトマップとしてこのプラグインが、
利用出来ません。

続いて「PS Auto Sitemap 」の設定画面に戻って
設定を行なって行きますが、
基本的にはデフォルトのままで問題ありませんので
ちゃっちゃと済ませて行きましょう。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

「ホームページの出力」

 

私は一番上の「ホームページの出力」
チェックは外しています。

 

「サイトマップを表示する記事」

 

赤枠で囲んである「サイトマップを表示する記事」
先程メモしておいた数字「ID」を入力します。

 

「出力階層制限」

 

「出力階層制限」は、子ページや子カテゴリーを使用して
記事を作成している場合、どこまでの階層を
サイトマップに表示するかを指定出来ます。

 

「除外カテゴリ」「除外記事」

 

「除外カテゴリ」「除外記事」は、
サイトマップに表示させたくないカテゴリや記事を
「ID」をここに入力しておく事で除外する事が出来ます。

 

カテゴリや記事の「ID」の確認方法は、
先程サイトマップの「ID」を確認した方法と同じです。

 

「スタイルの変更」

 

「スタイルの変更」は、
サイトマップのページのデザインを
色々なパターンの中から選ぶ事が出来ます。

お好みで見やすいデザインをチョイスしましょう。

 

「キャッシュの使用」

 

「キャッシュの使用」は、
キャッシュ系のWordPressプラグインを
使用している場合は、干渉してしまい不具合を
起こしてしまう可能性がありますので、
ここでのチェックは外しておきましょう。

すべての設定が完了しましたら
「変更を保存」をクリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

これで「PS Auto Sitemap」の設定は完了です。

 

グローバルメニューにサイトマップを設置する方法

 

続いて、今作成した「サイトマップ」
ブログのグローバルメニューに表示させる設定を
行なっていきます。

グローバルメニュー自体をまだ作成されてない場合は、
WordPressの管理画面の左メニューから
「外観」「カスタマイズ」「メニュー」から
作成する事が出来ます。

「サイトマップ」をグローバルメニューに追加するには、
WordPressの管理画面の左メニューから
「外観」「メニュー」をクリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

「固定ページ」の枠内に先程作成した
「サイトマップ」の項目が表示されていますので、
チェックを入れて「メニューに追加」をクリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

「メニュー構造」の枠内に「サイトマップ」
表示されますので「メニューを保存」をクリックします。

 

PS Auto Sitemap の設定の画像

 

グローバルメニューでの固定ページの並び順は、
ドラッグ&ドロップで変更出来ます。

これですべての設定が完了になりますので、
設定内容がしっかりと反映されているか
ブラウザでサイトマップページを確認しておきましょう。

 

まとめ

 

今日はサイトやブログの全体の構成を
一目で確認出来る「サイトマップ」
自動で生成してくれるWordPressプラグインの
「PS Auto Sitemap 」の設定方法について
ご紹介しました。

サイトマップページがしっかりと設定されている事で
過去に書いた古い記事も読者に読んでもらえる機会が
増えます。

ユーザビリティの面でもWordPressでサイトやブログを
運営する上で欠かせない必須のプラグインになりますので
必ず導入して設定しておく様にしましょう。

価値あるブログ運営をお届けしたいと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日は、ここまで。

関連記事