雑記記事

【海外生活】経験者が語る!甘く見てはいけない【言葉の壁】

言葉の壁の画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
海外生活しようと思ったら
やっぱり言葉が話せないとむずかしいの?

現地に住めば言葉はすぐに
おぼえられるの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ 経験者が語る!甘く見てはいけない【言葉の壁】

❷ しゃべれないと相手にもされない海外の現実

❸ 「音」?「宇宙語」?初めての言葉!

❹ 「言葉」=「単語」+「文法」

❺ 「片言」の限界を感じた「留学」数ヶ月目

❻ 最低限!自分のいいたいことはいえるように!

❼ 実感!ほとんどなくなった日常会話での不自由

❽ 「言葉の壁」を乗り越えた先にある「自己主張」

❾ 外国語をしゃべるための4段階のメカニズム

 

海外生活で一番重要な
ファクターといっても
過言ではない「現地の言葉」

本記事を読めば、
海外生活経験者の私が
現地で実際に感じた「言葉の壁」
それをどう克服して行ったかがわかって
現地の言葉をしゃべれることが
いかに大事なのかが
わかってもらえると思いますよ!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

元海外プロサッカー選手

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは1850人ほど。

経験者が語る!甘く見てはいけない【言葉の壁】

壁の画像

 

海外留学してみたい!

 

海外で暮らしてみたい!

 

こんな漠然とした願望を
持っておられる方も
多いのではないでしょうか?

そしてそんな海外生活において
一番大きなウェイトを占めるのが
なんといっても「言葉の壁」ですね。

私の場合は「なんとかなるやろ」
といった楽観的な気持ちで
現地の言葉(ラテン系)を
まったく知らないまま留学しました。

そんな私の経験から肌感覚的には、
結論、現地では言葉を話せないと
まったく相手にもしてもらえません。

留学先がプロサッカークラブという
特殊な環境だったことも
あるとは思いますが、
言葉の壁を甘くみて
どえらい目に合いましたね(泣)

 

ひしはり
ひしはり
サッカーどうのこうのの前にまずは言葉です!
まずは生活です!(笑)

 

私は20歳のときに海外留学して
約3年近く海外生活を経験しました。

私の場合、海外留学の目的は、
「サッカー」でした。

「プロサッカー選手」を目指して
海を渡ったわけですね。

若さって恐いですよね〜(笑)

 

ひしはり
ひしはり
地球の反対側まで行きましたからね(笑)

 

そのあたりのことについては
以下の記事にくわしくまとめていますので
ぜひ、読んでいただけたらと思います。

 

警報の画像
約束の場所へ・・・人生初の強烈な「警報」が頭の中で鳴り響いた!頭の中で人生初の強烈な「警報」が鳴り響いた体験を知りたいですか?本記事ではそんな私の人生の転機となった人生初の強烈な「警報」についてご紹介しています。頭の中で人生初の強烈な「警報」が鳴り響いた体験を知りたい方はぜひ、記事をご覧下さい!...

 

そんな海外生活を経験した私が、
「言葉の壁」について
お話させていただきたいと思います。

あくまで私の個人的な
考えになりますのであしからず。

しゃべれないと相手にもされない海外での現実

海外都市の表札の画像

 

海外生活3年を経験していえることは、
結論、海外では現地の言葉が
しゃべれないと
まったくといっていいほど、
相手にされません!

 

ひしはり
ひしはり
しゃべれてなんぼ!です!

 

観光とはまったく別ものと
考えてもらったほうがいいですね。

観光の場合は、
現地の人もある程度は
いい顔をしてくれますが、
定住となるとそうとは限りません。

少なくとも私の場合はそう感じました。

日本人や東洋人に対する
偏見や人種差別も、
悲しいことですが、
実際に確実に存在しましたから。

これに関しては、
特に「プロサッカークラブ」という
真剣勝負の特殊な環境だったことも
あるかと思いますが・・・。

私の場合ですが、
一切、現地の言葉を勉強せずに
海を渡りました。

無謀といったら無謀ですが、

 

ひしはり
ひしはり
行ったら行ったでなんとでもなるわ!

 

と楽観的に考えていました。

そんな私でもなけなしの辞書を
1冊だけは持って行きましたね(笑)

「音」?「宇宙語」?初めての言葉

エイリアンの画像

 

初めて現地の言葉を聞いたときは
もはや言葉ではなく暗号のような
「音」に感じましたね(笑)

英語圏の国ではなかったので
生まれてこのかた、
聞いたこともない言葉でした。

宇宙人がしゃべっているみたいに
感じたことをおぼえています。

「言葉」=「単語」+「文法」

アルファベットの画像

 

現地にいた先輩の日本人に
最初にいわれたのは、

 

先輩日本人
先輩日本人
1年で帰るつもりなら言葉はおぼえなくていい!

 

ということでした。

かんたんな日常会話や挨拶程度の言葉は
単語としてすぐにおぼえられますが、
会話となると時間がかかります。

正直、私の感覚でいうと
耳が慣れるのにだいたい
「1年」くらいかかります。

現地で生活していて四六時中その言葉に
触れていてそれくらいの時間が必要です。

連続して聞こえる
意味不明の音としての言葉が
どこからどこまでがどの単語なのかを
聞き分けることができるようになるのに
それくらいの期間がかかるんですね。

そういった意味での
「1年で帰るなら
言葉はおぼえなくていい」
というアドバイスだったんですね。

まあ、現地に住んで

 

1年・・・耳が慣れるレベル
3年・・・不自由しないレベル
5年・・・通訳のレベル

 

私の肌感覚的にはこんな感じですね。

言葉は「単語」「文法」
成り立っていますので、
単語さえおぼえてしまえば、
かんたんな会話は身振り手振りを加えたら
相手が汲み取ってくれます。

「言葉」は「単語」と「文法」で成り立っている!

 

「片言」の限界を感じた「留学」数ヶ月目

疲れきった女性の画像

 

しかし、それにも限度があります。

文法を知らないと伝えられない場面に
多々遭遇するんですね。

たとえば、

「私は怒っています」は片言でも
身振り手振りで伝わりますが、
「私はあなたにあやまってほしい」
文法を知らなければ
単語だけでは伝わりません。

身振り手振りで説明して
なんとかわかってもらえるか、
間違って解釈されてしまうかですね。

とりあえず、単語だけおぼえて
それを片言で話したら伝わると
安易に考えていましたが、
それは大きな間違いなんだと
留学して数ヶ月目に気づきました。

よくテレビ番組で海外レポートの
旅番組みたいなものがありますが、
あそこに出て来る外国人は、
基本的にテレビカメラがあるので
サービス精神でやってくれています。

実際の現実では
そんなに甘くはありません。

確かに中には親切な人が
おられることも事実ですが。

身振り手振りを交えての片言でも、
相手も親切心から
「お前がいってることはこういうことか?」
訊いてくれるのですが、
今度はそれが理解できません(笑)

つまり、どんどんドツボに
ハマって行くんですね。

挙句の果てにまったく違う意味に
解釈されてしまうことも
多々ありましたね。

それと自分一人と現地の複数人とが
いっしょになってしまう
シュチュエーションが発生すると、
もはや会話にもよれませんし、
よらしてももらえません。

つまり、相手にしてもらえず、
放ったらかしで蚊帳の外ということも
しょっちゅうありましたね。

 

こいつ、どうする?

 

ほっとけよ!

 

みたいな会話に関しては、
なんとなく言葉や表情、しぐさで
理解できてしまうんですね、これがまた。

 

ひしはり
ひしはり
この状況が一番キツかったですね!

 

そういった経験から
これは言葉をある程度おぼえないと
何もできないと自分に感じて
勉強し出したわけですね。

学生時代の英語の勉強とは
気合が違いますよ!気合が!

当然ですよね。

毎日の生活がかかっているわけですから。

最低限!自分のいいたいことはいえるように!

拡声器で話す女の子の画像

 

そこで私が思ったのは、
とりあえず、相手のいっていることは
100%理解できなくても、
自分のいいたいことは
100%いえるようにしよう
ということでした。

自分のいいたいことは100%伝えられるようにすること

 

とにかく日常よく使う
単語からおぼえて行き、
文法もしっかり勉強して
会話として言葉を話せるように
努力しました。

現地の音楽にも触れて
音として歌詞をおぼえて、
そのあとで歌詞カードを見て、
単語を辞書で調べて
理解して行くやり方を
実践しました。

わからないところは、
現地の人に訊いて
理解を深めて行きました。

それと1つの
「鉄板トーク」の型を
使いまくりましたね。

それは

 

ひしはり
ひしはり
こっちの言葉で
これは(こんな時)は、どういえばいいの?

 

というやつです。

この「鉄板トーク」
むちゃくちゃ役立ちましたね。

返って来た返答を
インプットしまくりましたよ。

実感!ほとんどなくなった日常会話での不自由

万歳する女性の画像

 

そんな感じでインプットして行き
3年目を迎えるころには、
日常会話で不自由することは、
ほとんどないくらいになっていました。

 

ひしはり
ひしはり
あれ!俺むっちゃしゃべれてるやん!

 

と、たまに実感するときもありましたね。

たとえば、現地で映画を
観に行ったときのことです。

ハリウッド映画を現地の言葉の
字幕で観たのですが、
ほとんど理解できたんですね。

なんなら音として聞こえている
英語の方がチンプンカンプンでしたよ(笑)

またあるとき、
同じクラブの選手の実家に
1週間ほど泊まりに行ったことが
あったのですが、
まったく言葉の面で
不自由さを感じなかったんですね。

ふと、その家のソファーで
一人でくつろいでいる時に

 

ひしはり
ひしはり
そういえば最近、日本語しゃべってないな!俺

 

みたいな感じでした。

「言葉を早くおぼえるコツ」
片言しか話せないときからでも
恥ずかしがらずにどんどん話すことです。

これに尽きますね。

自転車に乗る練習をしたときを
思い出して下さい。

一度もこけずに乗れるようになる人は
いませんよね。

こけることにビビらず
どんどんこけて、
うまく乗れるコツを
早く掴んだ人から
乗れるようになったはずです。

言葉にもそれとまったく
同じことがいえます。

そうやって言葉の壁を乗り越えて初めて
現地でのスタートラインに立てるといった
感覚でした。

恥ずかしがらずにどんどん話すことが言葉をおぼえる「最短の道」

 

「言葉の壁」を乗り越えた先にある「自己主張」

言葉の壁の画像

 

その「言葉の壁」を乗り越えなければ、
自分自身を「主張する」といった
大事なことができません。

海外では日本と違い
「謙虚」「謙遜」などは
美学にあらずですからね。

これは痛いほど痛感しました。

みんなが「俺が!俺が!」ですよ。

本当に(笑)

「自己主張」は、
世界基準では必要な
自己表現の1つです。

 

ひしはり
ひしはり
言葉がしゃべれないと
自己主張そのものができませんからね!

 

また、期間だけ長く滞在していても
勉強しなければ、
そこまでしゃべれるようには
ならないでしょうね。

やはりある程度の
勉強や知識の吸収は必要です。

そして何より現地の人と現地の言葉で
会話できるということは、
素晴らしく楽しいことですからね。

外国語をしゃべるための4段階のメカニズム

メカニズムの画像

 

「母国語」以外の外国語を
しゃべるメカニズムは、
以下のようなことが自分の
「頭の中」で行われています。

 

  1.  言いたいことを日本語でイメージ
  2.  その日本語を現地の言葉に変換して発言
  3.  相手の言葉をそのまま現地の言葉として保留
  4.  保留した現地の言葉を日本語に変換して理解

 

この4段階の作業が、
「頭の中」で行われるのですが、
当然最初のころは時間がかかります。

慣れて来ると徐々に
変換にかかる時間が短くなって来て
最終的に変換時間が限りなく
「0」に近くなります。

言葉としての「音」を聞いたときに
ほぼ同時に理解ができるようになる
イメージですね。

3年目でほとんど日常生活では、
不便は感じなかったと先ほどいいました。

そんな私でも現地に5年いる先輩と
会ったことがありますが、
「3年レベルの言葉」
「5年レベルの言葉」では、
全然違いましたね。

 

ひしはり
ひしはり
マジで全然違いましたからね !

 

そういった意味からも
5年で「通訳レベル」というふうに
感じるわけですね。

どれだけの期間を
どれだけの人とどれだけ密に
コミュニケーションをとるか、
そういった面で
言葉の壁を乗り越える時間は
大きく変わって来るといえるでしょう。

まとめ

 

今日は海外での生活を経験した私が、
「言葉の壁」について
記事にまとめました。

海外生活では極論、
「しゃべれてなんぼ」です!

しかも外国人の場合、
会う人、会う人
しゃべれる前提で
話しかけて来ますから、
本当に大変ですよ(笑)

海外での生活という
ハードルの高さを「100」として、
その内「70〜80」くらいが、
「言葉の壁」による問題です。

残りが「食に関する問題」などですね。

それくらい言葉の占めるウェイトは
大きいですね。

日本に帰って来て
20年以上になりますが、
誰にでも言葉が通じる
ありがたさを感じつつ
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事