Googleサービス

ブログ運営に必須!「Googleキーワードプランナー」の使い方

キーワードの画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
Googleキーワードプランナーって何?

どうやって使えばいいの?

なぜブログ運営に必要なの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ ブログ運営に必須!Googleキーワードプランナーの使い方

❷ 基本的な「キーワード選定」の手順

❸ 「お宝キーワード」の探し方

❹ 「各項目順」に並び替えも可能

❺ 入力したキーワードを含むものだけを表示する方法

❻ はぶきたいキーワードを表示させない方法

❼ 競合するライバルの記事をチェック

 

ブログ運営を行なっていく上で
絶対に欠かせないのが
「キーワード選定」です。

そんな「キーワード選定」
おすすめのツールが
今日ご紹介する
「Googleキーワードプランナー」です。

本記事を読めば、
ブログ運営において
「キーワード選定」
なぜ必要かがわかり、
そんな「キーワード選定」
初心者でもかんたんにできる
「Googleキーワードプランナー」
使い方がわかりますよ!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは2100人ほど。

ブログに必須!Googleキーワードプランナーの使い方

Googleキーワードプランナーの画像

 

ブログ運営に欠かせない「キーワード選定」

 

まず「キーワード選定」とは、
なんぞや?ということですが、
今の時代、
人は知りたい情報があったら、
ネットで検索して調べますよね。

その時に必ずその知りたいことに
関連する「キーワード」
検索しますよね。

例えば、
犬をペットで飼いたいと思っていて
検索をかける場合だったら、

 

  • 「人気の犬種」
  • 「かわいい犬」
  • 「飼いやすい犬」
  • 「小型犬」

 

などなど。

何かしら必ずそれに関連する
「キーワード」で検索します。

つまりブログ記事を書く時は
記事を書き出す前に
その「キーワード」自体に
どれくらい検索ボリュームがあるのか、
またどれくらい競合性があるのか
といったことを
あらかじめリサーチする必要が
あるんですね。

「キーワード」としての
需要がそこそこあり、
なおかつ競合性の高い、低いを
把握し、意識して狙って記事を
書いて行くことで
検索結果の上位に
記事が表示されやすくなります。

以上のようなリサーチと
そのリサーチから
狙う「キーワード」を抽出する作業を
「キーワード選定」といいます。

先ほども書きましたが、
この「キーワード選定」は、
ブログを運営して行く上で
非常に重要な作業です。

 

ひしはり
ひしはり
ブログで収益化するための
「最重要事項」といっても過言ではない部分です!

 

そんなブログにとって
「命」ともいえる
「キーワード選定」
可能にしてくれるツールが
今日ご紹介する
「Googleキーワードプランナー」です。

この「キーワード選定」
行うか、行わないかで、
結果は天と地、月とスッポンほど
変わってしまいますので
しっかりと実践して行きましょうね(笑)

それでは
「Googleキーワードプランナー」
くわしい使い方をご紹介して行きます。

まず前提として
「Googleキーワードプランナー」
使うには、
「Google(Gmail)アカウント」
「Google Adwords
(現 Google 広告)アカウント」
2つが必要になります。

まだアカウントをお持ちでない方は
以下の記事で
「アカウント登録」の方法を
わかりやすく画像付きで
ご紹介していますので
ぜひ、参考にどうぞ!

 

Googleの画像
初心者必見!Google(Gmail)の新規アカウント作成手順Google(Gmail)の新規アカウント作成手順を知りたいですか?本記事では初心者の方にもわかりやすく画像付きでGoogle(Gmail)の新規アカウント作成手順をご紹介しています。Google(Gmail)の新規アカウント作成手順を知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

Google AdWordsの画像
「Google AdWords(現Google広告)」の登録方法「Google AdWords(現Google広告)」の登録方法を知りたいですか?本記事では「Google AdWords(現Google広告)」の登録方法をわかりやすく画像付きでご紹介しています。「Google AdWords(現Google広告)」の登録方法を知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

どちらのアカウントも
お持ちの方はまず、以下の
「Googleキーワードプランナー」
リンクから公式サイトへ
ログインして下さい。

 

 

「Googleキーワードプランナー」
公式サイトに移動したら
右上の「ログイン」をクリックします。

 

Googleキーワードプランナーの画像

続いて「Googleキーワードプランナー」
ホーム画面に移動しますので、
「新しいキーワードを見つける」
クリックします。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

あとは検索したい
「キーワード」を入力して
「開始する」をクリックします。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

入力する「キーワード」は、
1単語でも2語、3語などの
「複合キーワード」でもOKです。

「複合キーワード」
入力する場合は、
単語と単語の間に
スペースを入れます。

 

ひしはり
ひしはり
ブログ初心者は
「複合キーワード」から
記事を書いて行くことが基本です。

 

(例)

【1語】・・・「ディズニーランド」
【2語】・・・「ディズニーランド 宿泊」(複合キーワード)
【3語】・・・「ディズニーランド 宿泊 値段」(複合キーワード)

 

「キーワード」を入力して
「開始する」をクリックすると、
あなたが入力した
「キーワード」をはじめとして
関連する「キーワード」
たくさん出て来ます。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

それでは以下の検索結果を
見て行きましょう。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

「検索語句」は、
あなたが入力した
「キーワード」が表示されます。

「キーワード候補」は、
関連性の高い順に表示されます。

「月間平均検索ボリューム」は、
1ヶ月間の平均検索回数が
表示されます。

無料で使用する場合は、
ざっくりとした
アバウトな数値しか表示されません。

それでもじゅうぶん有効ですが、
もっとくわしく数値を知りたい方は
有料の「広告出稿」を行うと、
詳細な数値を確認することができます。

 

ひしはり
ひしはり
私は無料で利用しています(笑)

 

「競合性」は、
その「キーワード」に対しての
ライバルの多さを
「高」「中」「低」で表しています。

④⑤「載された広告の入札単価」は、
過去に対象の「キーワード」
ページ上部に広告を表示した
ライバルの実績単価が、
低額帯と高額帯で表示されています。

 

基本的に「キーワード選定」は、
「複合キーワード」から
選定して行くことになります。

基本的な「キーワード選定」の手順

選定のイラスト画像

 

例えば「ディズニーランド宿泊」
関する記事を書こうとした場合は、
以下のような「関連キーワード」
表示されます。

その中で
「ディズニー ホテル 格安」
扱った「キーワード」
「高」と表示されていますので
競合性が高く
ライバルが多いことがわかります。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

次は「ディズニー ホテル 格安」
検索しなおしてみましょう。

以下の検索結果を
見てもらいたいのですが、
「ディズニー ホテル 人気」なら
検索ボリュームは減っていますが、
競合性も「低」になっています。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

この「キーワード」
記事を書いて行けば、
十分検索上位への表示を
狙うことが出来ます。

このように
「ディズニー ホテル 格安」での
検索上位表示はむずかしくても
「ディズニー ホテル 人気」
少し「キーワード」の組み合わせを
ずらすと上位表示される可能性は
じゅうぶん考えられるわけですね。

 

ひしはり
ひしはり
これを「キーワード」をずらすとか
「キーワード」をずらして狙うとかって
いったりします。

 

競合性が「高」
「キーワード」だったら、
そこで記事を書いても
なかなか上位表示されないのでは
と思いがちですが、
そういうわけでもありません。

結局その「キーワード」
検索した時に上位表示されている
ライバルたちの記事の「内容や質」
あなたが書く記事の
「内容や質」次第ということです。

「お宝キーワード」の探し方

宝箱の画像

 

「キーワード選定」を行なう上で
上位表示(集客効果)が狙えて
売り上げにつながりやすい
「キーワード」の探し方として
3つの項目に注目するようにしましょう。

 

  • 競合性
  • 入札単価 (低額帯)
  • 入札単価 (高額帯)

 

「競合性」が高いほどライバルが多く
売り上げにつながりやすい
「キーワード」といえます。

また、それぞれの「入札単価」
高いほど売り上げにつながりやすい
「キーワード」といえます。

「各項目順」に並び替えも可能

整列する鳥の画像

 

狙いたい「キーワード」を入力したら、
関連する「キーワード」
たくさん出て来ますが、
デフォルトの状態では
「関連性の高い順」
ならんでいます。

これらの「キーワード」は、
いろんな「項目順」
ならべ替えることができます。

「月間平均検索ボリューム」
項目の部分をクリックすれば、
「検索数の多い順、少ない順」
ならべ替えることができます。

「競合性」の項目の部分を
クリックすれば、
「競合性の高い順、低い順」
ならべ替えることができます。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

それぞれの「入札単価」
項目の部分をクリックすれば、
「入札単価の高い順、低い順」
ならべ替えることができます。

入力したキーワードを含むものだけを表示する方法

丸印の画像

 

次に自分が入力した
「キーワード」
含まれているもの以外、
表示されてほしくない
場合の手順です。

その場合は以下の画像の
「フィルタを追加」
クリックします。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

するとメニューが
開きますので、
「キーワードのテキスト」
クリックします。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

「値」と表示されているところに
含まれてほしい「キーワード」
入力して「適用」をクリックします。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

すると以下のように
含んでほしい「キーワード」
含んだ「関連キーワード」のみに
しぼられて表示されます。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

はぶきたいキーワードを表示させない方法

バツ印の画像

 

これとは逆に
この「キーワード」を含んでいる
「関連キーワード」は、
はぶきたいという場合の手順です。

先ほどの手順と途中までは同じです。

「フイルタを追加」をクリックして
「キーワードのテキスト」
クリックします。

「次を含む」の部分をクリックすると
メニューが開きますので、
「次を含まない」をクリックします。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

はぶきたい「キーワード」を入力して
「適用」をクリックします。

 

Googleキーワードプランナーの画像

 

すると表示される
「関連キーワード」の中に
あなたがはぶきたい
「キーワード」が入ったものは
表示されなくなります。

この他にも以下のような
いろんな「フイルタ」を追加できます。

 

  • キーワードのテキスト
  • 競合性
  • 広告インプレッションシェア
  • ページ上部に掲載された広告の入札単価(低額帯)
  • ページ上部に掲載された広告の入札単価(高額帯)
  • アカウントのキーワードを除外
  • プランのキーワードを除外
  • 競合性(インデックス値)
  • オーガニック検索のインプレッションシェア
  • オーガニック検索の平均掲載順位

 

このへんはお好みでの
使い方になって来ますので
いろいろ試しながら、
自分に合った使い方を
マスターして行って
いただけたらと思います。

競合するライバルの記事をチェック

チェックする男性の画像

 

次に上記のようにして
「キーワード選定」が終わったら、
その「キーワード」
実際に検索してみます。

上位に表示されているライバルの
記事の中身を確認して、
自分がそこに割って入って行けるか
ということを確認をします。

そこで勝負するなら、
そのライバルたちに負けない内容の
記事を書いて行く必要があるからです。

この時に検索結果の1ページ目に
ブログ記事があるかどうかを
確認することも重要です。

会社や企業の広告や情報ばかりが、
表示されているページでは、
ブログ記事の上位表示として
勝負することができませんので、
そういった場合は、
「キーワード」
変更するようにしましょう。

まとめ

 

今日はブログ運営を
行なっていく上で
絶対に欠かせない
「キーワード選定」
可能にしてくれる
「Googleキーワードプランナー」
くわしい使い方について
ご紹介しました。

無料で使用できる機能だけでも
じゅうぶん価値がありますので、
しっかりと「キーワード選定」
行なって上位表示を目指して
記事を書いて行きましょう。

今日ご紹介した
基本的な使い方をマスターして、
ぜひ、あなたのブログ運営に
活かしてください。

「キーワード選定」
重要さを改めて認識し
記事の上位表示を目指して
必死に張り切る ひしはり でした。
今日は、ここまで。

関連記事