マインド

理想の自分を手に入れろ!人生は「66日間で習慣化」させたもの勝ち

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

今日は人が何か新しく始めた事を
いったいどれくらいの期間継続すれば
「習慣化」出来るのかを考えてみたいと思います。

 

習慣化の画像

 

人間は「習慣の生き物」

 

まず、初めに
私たち人間は「習慣の生き物」です。

朝起きてから寝るまでの
ほとんどの行動が、
今まで培われた習慣に基づいて
行われています。

 

「習慣」とは、長い間くり返し行なう事で、
無意識でそれを行なう事が出来る様になっている
日々の行動の事を言います。

 

身近なところでの習慣といえば、
朝起きたら顔を洗うとか、
歯を磨くといった事があげられますね。

 

習慣化までかかる日数は「66日間」

 

では私たち人間は、
普段の生活で行なっていない
新たな事を習慣化出来るまでに
いったいどれくらいの日数を
必要とするのでしょうか。

結論としては、個人差がありますが
平均して「66日間」と言われています。

2ヶ月ちょっとですね。

2ヶ月と聞くとちょっと長い気もしますが、
これはあくまで平均値であって
習慣化出来るまでの期間というのは、
習慣化しようと思っている内容によって
大きく変わりますし、個人差もあります。

 

習慣化出来るまでの期間・・・・・平均して「66日間」

                内容や個人差によって変化する

 

「21日間」説が浸透した理由

 

また、「21日間」で習慣化するという説も
ちまたでよく耳にしますが、(私も聞いた事があります)
これについては多くの専門家や研究者からも
否定されています。

ではこの「21日間」という数字はいったい
どこから出て来たのでしょうか。

調べてみるとそれはアメリカの整形外科医で自己啓発作家の
「マクスウェル・マルツ博士」著の
世界的ベストセラー本、
「自分を動かすーあなたを成功型人間に変える」から
来ている様ですね。

 

 

博士はこの本の中で以下の様に述べています。

 

私達の持っているイメージが変わるまで通常、最低でも約21日かかります。

整形手術を施した後、その患者が自分の新しい顔になれるのに平均すると約21日かかります。腕や脚が切断された場合は、手足の幻影が21日間ほど残ります。また新居が、我が家のように思えるまでにはそこに暮らしてから約3週間かかります。

これらの例や他の場合でも、古いイメージが薄れていき新しいイメージが定着するまで短くても約21日間必要であることが示されています。

 

博士は「イメージが定着するまで」最低でも「21日間必要」と述べていますが、
新しく始めた事が「習慣化するまで」「21日かかる」とは言っていません。

「21日」という単語や「習慣」といった単語が
本書の中で見受けられる事から
読者に拡大解釈がなされて
広く「21日間」説が浸透したものと思われます。

間違った解釈が広まった責任がこの本に
あると言っている訳ではありませんのであしからず。

 

実験によって立証された「66日間」説

 

一方、「66日間」という説についてですが、
これは実際に「ロンドン大学」
「フィリッパ・ラリー博士」によって
行われた学生を対象にした実験に基づくデータとなっています。

 

ロンドンの画像

 

「21歳〜45歳」までの
男女の学生「96人」を対象に実施されました。

期間は「84日間(12週間)」で、
習慣化しようとする行動の内容は
人それぞれ様々でした。

毎日フルーツを食べるや水を飲むといった
簡単なものから
ジョギングや筋トレ、
瞑想なんてものまでありました。

その結果、
習慣化されるまでにかかった日数の平均が
「66日間」でした。

この「66日間」というデータは
あくまで平均値ですので
習慣化するまで早い人で「18日間」
遅い人で「254日間」とかなりのばらつきがありました。

簡単な行動ほど習慣化しやすく
面倒な行動ほど習慣化しにくく
時間がかかるという結果が出ました。

 

簡単な行動・・・・・習慣化しやすい・習慣化までの期間が短い

面倒な行動・・・・・習慣化しにくい・習慣化までの期間が長い

 

当たり前の事ですが、
習慣化出来るまで休みなくサボらず続けるほど
早く習慣化する事が出来ました。

 

ただ、1日休んだり、サボったりした程度では
習慣化にかかる日数に大した影響はなかったそうです。

 

習慣化を成功させる秘訣

 

この実験からもわかる様に
習慣化にかかる日数とは、
習慣化しようとする行動の内容によって
変わって来るという事です。

簡単な事ほど早く習慣化出来ますし、
複雑でむずかしく面倒くさい事ほど時間がかかります。

この事から何かを習慣化しようと思ったら
その行動をさらに細分化してハードルを下げて
簡単なレベルから徐々に難易度を上げて行くのが
「習慣化を成功させる秘訣」ですね。

例えば、毎日5kmのジョギングすると決めると
精神的に習慣化出来るまでむずかしく面倒くさいですよね。

いきなり5kmのジョギングでは
人によってはハードルが高い訳ですね。

でもこれが1kmだったらハードルが
グッと下がりますよね。

それでもむずかしかったら、
ジャージに着替えてランニングシューズに
履き替えるところまででもいいじゃないですか(笑)

 

ジョギングの画像

 

それが習慣化出来て無意識で毎日行える様になったら
次のステップに進めばいいんですから。

他の誰かのためにやるのではなく
自分のために習慣化させる訳ですからね。

仮に出来なくても誰にも迷惑をかけませんし、
責められる事もありませんからね。

ただ、「自分に負けた」という
罪悪感、敗北感が残るだけです(笑)

自分が「これなら確実に続けられる」という
高さのハードルから始めればいいんですよ。

 

どんな登山家も
いきなりエベレストは登れません!

 

理想の自分=「思考」×「習慣化」×「向上心」

 

人生を生きていると自分とは違う
いろんな成功者や人格者と出会う事があります。

また、昔と違って直接知り会えなくても
そんな人たちの思考や考え方、
習慣や行動にいろんな媒体を通して
触れる事が出来ます。

テレビ、ラジオ、本、インターネット、SNS、YouTube等

「この人すげーなー!」と思う人は
その人を形成している習慣を書き出してみると
その人の思考が限りなく習慣化されている事だと思います。

すごい人はすごい思考によって
すごい事を習慣化しているから
すごいと感じる訳ですね。

最初にも言いましたが
人間は「習慣の生き物」です。

つまりこうありたいと思う自分の理想に対して
「じゃあどうすればその理想に近づけるのか」
リストアップして、やれるものから徐々に習慣化させて行けば、
全部習慣化出来た時点で理想の自分になれるはずですよね。

ただその期間の間にも私たち人間は
日々、成長して行きますから、
どんどん理想は高くなって行き
永遠に追いつける事はないのかもしれませんね。

 

レベルアップの画像

 

すべての事に当てはまりますが、
現状に満足してしまったら
その時点で進化は止まってしまいます。

 

ライト兄弟が人類初の有人動力飛行に
成功してそれで満足してしまっていたら
今のジェット機はありません。

 

メッシ少年が初めてのサッカーの試合で
ゴールを決めてそれで満足してしまっていたら、
今のメッシ選手はいません。

 

進化が止まればそれはやがて
現状維持ではなく退化して行く事になります。

 

私たち人間には「向上心」というものがあります。

その向上心と習慣化をうまくリンクさせて行く事で
更なる自分の人間的成長につなげる事が出来るんですね。

極論、人生はよりレベルの高い事を
「習慣化させたもの勝ち」です。

さあ、あなたも今日から何かを始めてみませんか。

 

まとめ

 

今日は人が何か新しく始めた事を
いったいどれくらいの期間継続すれば
「習慣化」出来るのかについて考えて来ました。

何かを新しく習慣化させようと思ったら
最低「66日間」は続けましょう。

「今日もやらなあかんな」と思わずに
無意識でその行動を行える様になったら
習慣化達成です。

どんどん良い習慣を身につけて
理想の自分に近づきたいと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。