雑記記事

脱メタボ達成!やってみたら成果が凄まじかった!「一日一食健康法」

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

今日は実際に実践してみたら、
成果が凄まじかった
「一日一食健康法」について
ご紹介したいと思います。

 

一日一食の画像

 

メタボ党に強烈なインパクト「一日一食健康法」

 

初めて一日一食と聞かれた方は

 

「一日一食で体がもつの?」
「一日一食なんてとても無理!」
「腹減り過ぎて倒れてしまうわ!」
「体に害がないの?」

 

といった声が聞こえて来そうですが、
かくゆう私自身も
初めて聞いた時はそう感じたものです。

まず、そもそもなぜ私が
「一日一食健康法」に興味を持ったのか、
そのあたりの事を書いてみたいと思います。

私と同じ様な中年メタボおやじ世代の方には
共感してもらえるのではないでしょうか(笑)

もともと私は若い頃は、
サッカーにたずさわっていた
バリバリの体育会系でした。

現役期間は短かったですが、
一応、元プロサッカー選手です。

 

サッカー選手の画像

 

そんな私も年齢的に
30代に入ったくらいから、
プクプクプクプク太りだし、
お腹は見事に出っ張り、
メタボ党の仲間入りを果たしました。

身長は「170cm」と男性としては
決して大きな方ではありません。

適正体重を調べてみると
「63kg」台となっていますが、
一番太っている時で「75kg」くらいありました。

当時、臨月だった奥さんよりも体脂肪率が多く
「30%」をゆうに超えていました。

知り合いのプロボクサーの方から
「死にますよ!」と忠告された事もありましたね。

「気を付け」の姿勢をして
真下を見ても自分のつま先が
見えないくらいポンポコリンのお腹でした。

原因はサッカー選手としての
現役を引退してからも、
食欲があまり変わらずに
バクバクバクバク食べまくり
合わせてお酒も飲むものですから、
そんな感じでメタボまっしぐらになってしまった訳ですね。

 

いつもワンセット「ダイエット&リバウンド」

 

何度かダイエットに挑戦して
10kg以上痩せた事もありましたが、
どうしてもリバウンドしてしまいます。

現在、40代半ばですが、
これまでに10kg単位でのアップダウンを
何度も経験して来ました。

ダイエットに効果的と言われている
「ゴールデントライアングル」
「筋トレ」「有酸素運動」「食事制限」です。

正しく行なえば必ず結果が出ますが、
どうしてもいろんな誘惑に負けてしまいがちでした。

筋トレも有酸素運動も継続して
行なってみたものの、
結局、誘惑に負けて飲んで食べてしまえば、
思う様な効果が得られませんでした。

ちなみに「筋トレ」はテレビで有名になった
「吉川メソッド」の本を買ってそれに付録として
ついていたDVDを見ながら自宅で毎日出来るものを
続けています。

「有酸素運動」に関しては、
毎日仕事から帰って来てから
5kmくらいランニングを
行なっていた時期もありましたが、
やっぱりそう長くは続きません。

 

「しんどいですし、面倒くさい(笑)」
「今日は雨か、やめとこう・・・」

 

挙げ句の果てに
ついには自分の体重の重さから
ひざをいわしてしまいました。

そこで数年前になりますが、
「エアロバイク」を買って
家の中で有酸素運動が出来る様にしました。

これは正解でしたね。

場所もさほど取らないですし、
音も静かなので、
テレビを見ながらだったり、
音楽を聴きながら行なう事が出来ます。

 

エアロバイクの画像

 

年齢を重ねるごとに意識しないと、
運動とはどんどん疎遠になって行きますから
注意したいところですね。

まわりのアラフォー世代でも
やれ肩が上がらないだとか
腰が痛いだとか、膝が痛いなどと
体にガタが来ている人が多い様に感じます。

子どもたちが小さかった内は、
私の体型に対してクレームを言って来るのは
奥さんだけでしたが、
子どもたちも成長して大きくなって来ましたので、
今では「かっこ悪いから痩せて!」
そこかしこからクレームが来る様になりました(笑)

入学式や卒業式、参観日に運動会と
学校行事で多くの人の目に触れる機会も
増えましたので、自分でも恥ずかしさがありました。

 

きっかけは「GACKT」

 

そんなある日にテレビを見ていたら
アーティストの「GACKT」さんが
一日一食をもう何年も実践しているという
話を聞きました。

今ではGACKTさんの一日一食は
けっこう知られていますよね。

しかもハードな筋トレもされていて
バッキバキの体ですよね。

ちなみに「GACKT」さんは
私より年上です・・・マジか(!?)

それでさっそくネットで
「一日一食」を調べてみると
けっこう実践されている有名人の方が
おられたんですね。

 

一日一食を実践されている有名人

 

一日一食を実践されている有名人の方は
ちなみに以下の方たちがおられます。

 

  • 内村航平
  • GACKT
  • 京本政樹
  • サンプラザ中野
  • 高橋一生
  • タモリ
  • 千葉真一
  • 西川貴教
  • ビートたけし
  • 福山雅治
  • 未唯

 

などなど意外と実践されている
有名人の方って多いんですね。

 

ジワジワ身近な存在になって来た「生活習慣病」

 

みなさんやっぱり健康を意識して
されていると思うんですけど、
「現代病」の1つとされる「生活習慣病」の原因は
偏った食事や運動不足・喫煙・飲酒・ストレスなど
様々です。

「糖尿病」高脂血症」高血圧」動脈硬化」など
普段の生活習慣が大きくその要因に
関わって来ます。

若い頃はまったく気にもしていませんでしたが、
アラフォーと呼ばれる年代に差し掛かり、
いやが応にも健康は関心の高い項目になりました。

そんな一日一食健康法ですが、
くわしく書かれた本があって
さっそくネットで注文して読みました。

 

「この本スゲー!」と目からウロコ

 

その本こそが「ナグモクリニック」の総院長で医学博士の
「南雲吉則」氏著の
【「空腹」が人を健康にする】という本です。

「一日一食」で20歳若返る!
謳い文句に一日一食にすれば
どんな変化が体に起こるのかが
くわしく書かれています。

代表的なものをあげておきますね。

 

① 体の傷んだところが修復される
② 自分の適正体重になる
③ 皮膚年齢がどんどん若返る

 

特に人間の体には空腹時にしか
作用しない「サーチュイン遺伝子」というものがあって
この遺伝子がまたすごいんですよ。

どうすごいかと言いますと
「サーチュイン遺伝子」は、
空腹状態におかれた時に
人間の体内に存在している
50兆の細胞の中にある遺伝子を
すべてスキャンして、
壊れたり傷ついたりしている遺伝子を
修復してくれる事がわかったそうなんです。

このサーチュイン遺伝子はもとより、
人間の体の中には
「飢餓遺伝子」「免疫遺伝子」
「修復遺伝子」「生命力遺伝子」などが
あるそうなんですね。

その中の「生命力遺伝子」を活性化させる事こそが
私たちに長寿と健康をもたらしてくれるという事、
そしてこの「生命力遺伝子」
飢餓(空腹状態)の時にしか
発現しないという事が明らかになった事が
この一日一食健康法の根拠だという事なんですね。

 

不安だらけで始め出した「一日一食健康法」

 

ここまで言われたら
「やるっきゃない!」という事で
恐る恐る始めてみたんですね。

ふらふらになってしまうかもと
ドキドキしながら実践し出したんですが、
1日、2日、3日とこれが意外とスムーズに
続けられたんですね。

しかもこの本の中では一食に関しては、
基本的に好きなものを好きなだけ
食べていいという事なんですね。

今まではダイエットというと
一日三食すべてで制限しなければといった
感じだったんですけど、
それがたとえ一日一食に減ったとしても
その一食を好きなだけ食べて構わないというところが
無理なく続けられている1番の理由かもしれません。

好きなものを好きなだけOKと言われても
生きるための食事を
その一食に賭ける訳ですから、
やはり健康を意識した食事になって行きますね。

カップラーメンやコンビニ弁当で
貴重な一食を消化するのは、
もったいな過ぎますからね。

これは一日一食健康法を
始められたら、
実感していただけると思います。

 

ついに脱メタボ達成!

 

そして筋トレを続けても
5kmのランニングと3kmのウォーキング、
30分のエアロバイクでの有酸素運動を続けても
ほとんど体重が停滞して痩せなかった体(その分ドカ食いしていました)が
わずか3週間で9kg痩せました!

凄まじい成果が出ましたよ!

もともと筋トレも継続して続けていましたから
けっこうバッキバキっぽい体になりました。

しかも食を我慢しているという感覚が
それほどありません。

だって夜になれば好きなものを
好きなだけ食べれる訳ですから(笑)

体も軽くなり毎日がすこぶる快調です。

ついにリバウンドともおさらば出来て
一生続けられる健康法と出会いました。

ちなみにGACKTさんの真似をして
死ぬほど好きな米を一切食べておりません。

朝は野菜ジュースだけを
飲んでいます。

「俺やってる感」満開です(笑)

私の場合は、その一食を夕食にあてていますが、
それぞれのライフスタイルによって朝食でも昼食でも
どこにその一食を持って来ても構わないそうです。

今回ご紹介した本のリンクを
貼っておきますので、
万年メタボ党でお悩みの方は
ご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

初版が2012年の1月なので
本屋さんではなかなか手に入りにくいと思います。

 

 

 

 

最近出た空腹健康系の本も
合わせてリンクを貼っておきますね。

 

 

 

 

こちらの本は本屋さんで
立ち読みして読破しました。

「店員さん、買わなくてほんまスンマソンです!」(笑)

 

まとめ

 

今日は実際に実践してみたら、
成果が凄まじかった
「一日一食健康法」について
ご紹介しました。

若い頃は食べても食べても
新陳代謝もスムーズですから
それほど太る事はなかったと思います。

それが30代に突入すると
あれよあれよと太り出し
気づけばメタボ党の大臣クラスに
大出世してしまっている方も
多いのではないかと思います。

働き盛りの40代、50代に
体を壊してしまわない様に
ぜひ、生活習慣の見直しをされてみては
いかがでしょうか。

会社や職場の健康診断で
思わぬ結果に引っ掛かってしまってからでは
遅いですからね。

ちなみに前回の会社での健康診断ですが、
最低判定の「E」判定をくらってしまいました(泣)

精密検査を行なって下さいという事で
胃カメラを飲んで来ましたよ。(泣)

幸いそこまでの大事には
いたりませんでしたがヒヤヒヤもんでした。

健康第一ですね。

次の健康診断では、
夢の「A」判定をもらえる様に
生活習慣をさらに改善しようと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事