Googleサービス

絶対にやってはいけない!「Googleアドセンス」の規約違反事項

ストップのイラスト画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

ひしはり
ひしはり
Googleアドセンスの規約違反って具体的には
どんなことをしたらいけないの?

もし、規約に違反したらどうなるの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ 絶対にやってはいけない!「Googleアドセンス」の規約違反事項

❷ 違反したら「警告」または「アカウント停止(凍結)」

 

何かと規約が厳しいことで有名な
「クリック報酬型アフィリエイト」
「Googleアドセンス」ですが、
具体的にはどんなことが
「規約違反」になるのでしょうか?

本記事を読めば、
「Googleアドセンス」
やってはいけない具体的な
「規約違反事項」がわかります。

審査が厳しいといわれる
「Googleアドセンス」
せっかく合格したのに、
知らなかったばかりに
正しく運用できずに
広告の「配信停止」
「アカウント自体が停止(凍結)」
されては元も子もありませんからね。

正しく運用が続けられるように
「規約」は正しく知って
しっかり守るようにしましょう。

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは2100人ほど。

目次

「Googleアドセンス」の規約違反事項

規約違反の画像

 

「Googleアドセンス」
ブログに設置するには、
こまかい決まりごとがたくさんあって、
それを知らずに規約違反をしてしまうと、
警告を受けて広告の配信が停止されたり、
最悪、アカウント自体の停止(凍結)
なってしまうかもしれません。

しかも一度アカウントが、
「停止(凍結)」されてしまうと
二度と復活させることが
できませんので注意が必要です。

 

ひしはり
ひしはり
「知らなかった」は
通じないということですね。

 

知っているようで知らないことも
あるかもわかりませんので、
これから「Googleアドセンス」
自分のブログにと思われている方は、
ぜひ、この記事を参考にしてもらって
知らずに規約違反
ならないようにしてくださいね。

以下にあげたものが、
「Googleアドセンス」でNGとなる
主な「規約違反事項」になります。

 

【Googleアドセンス規約違反事項】

 

 自分で広告をクリックするのはNG

 ユーザー(読者)にクリックをお願いするのもNG

 老若男女、誰に見られても問題がないものでなければNG

 広告であることがわかりづらい設置はNG

 誤まってクリックしてしまうような設置もNG

 アダルト関連は一切NG

 水着は微妙、NGになってしまう場合もあり

 著作権侵害はもちろんNG

 ギャンブル関連も基本的にNG

 市販薬販売はOK。処方薬販売はNG

 ビールや度数の高いお酒の販売はNG

 たばこ関連の販売や宣伝もNG

 電子たばこもNG

 ハッキング・クラッキングに関する情報提供もNG

 YouTube動画のダウンロード方法などの紹介もNG

 武器や兵器に関連する商品の販売・宣伝もNG

 花火の販売・宣伝もNG

 「SEO」でNGとなっているものは基本「アドセンス」でもNG

 中身がないページでの設置もNG

 ポップアップ・ホバーウィンドウへの設置もNG

 サイドバーの追尾エリアへの設置もNG

 リンクなどの他の要素にかぶってしまうレイアウトもNG

 他の要素と広告の間に余白がまったくないのもNG

 ラベルは「スポンサーリンク」・「広告」以外NG

 ファーストビューが広告で占領されているレイアウトもNG

 衝撃的なコンテンツを表示するページへの設置もNG

 不正行為を助長するコンテンツを含むページへの設置もNG

 違法行為を助長するコンテンツを含むページへの設置もNG

 危険または中傷的なコンテンツを含むページへの設置もNG

 報酬や支払いを約束するページへの設置もNG

 不適切な表現や虚偽表示を含むページへの設置もNG

 PV数や見積もり収益の正確な数字の公開もNG

 

自分で広告をクリックするのはNG

 

自分で自分のサイトやブログの
アドセンス広告を
クリックするのはNGです。

知らなければ
やってしまいがちNO.1ですね(笑)

私もいきなり
やってしまいました・・・(汗!)

 

ひしはり
ひしはり
とりあえず、おとがめなしですみましたけど。

 

ユーザー(読者)にクリックをお願いするのもNG

 

読者や友人、家族などに
広告をクリックするように
促す行為はNGです。

老若男女、誰に見られても問題がないものでなければNG

 

大人から子どもまで
誰に見られても問題のない
ページでないとNGです。

広告であることがわかりづらい設置はNG

 

記事の画像なのか、
広告なのかなど
広告としてわかりづらい
設置はNGです。

誤まってクリックしてしまうような設置もNG

 

アドセンス広告を誤って
クリックしてしまうような
リンクやボタンなどと
接近しすぎている設置もNGです。

アダルト関連は一切NG

 

子どもに見せることが
できませんので当然NGです。

水着は微妙、NGになってしまう場合もあり

 

肌の露出といった部分で
グレーゾーンなので
やめておくのが無難です。

著作権侵害はもちろんNG

 

著作権で保護されている
画像や動画の使用は禁止です。

他のサイトやブログの
パクり記事も当然NGです。

ギャンブル関連も基本的にNG

 

パチンコ、競馬、競艇、競輪などの
ギャンブルも基本的にNGです。

市販薬販売はOK。処方薬販売はNG

 

市販薬販売はOKですが
処方薬販売はNGです。

ビールや度数の高いお酒の販売はNG

 

アルコール類全般が
ダメというわけではなく、
「ワインやシャンパン」
販売はOKですが、
「ビールや度数の高いお酒」
販売はNGです。

たばこ関連の販売や宣伝もNG

 

たばこ関連の販売や宣伝もNGです。

電子たばこもNG

 

最近流行りの電子たばこもNGです。

ハッキング・クラッキングに関する情報提供もNG

 

直接こういった犯罪に
加担していなくても当然NGです。

YouTube動画のダウンロード方法などの紹介もNG

 

YouTube動画の
ダウンロードに関しては
「私的利用」に限り、
一部了承されてる動画もありますが、
「Googleアドセンス」的には
基本的にNGです。

武器や兵器に関連する商品の販売・宣伝もNG

 

武器(エアーガンを含む)
兵器に関連する商品の
販売・宣伝もNGです。

花火の販売・宣伝もNG

 

花火の販売・宣伝もNGです。

「SEO」でNGとなっているものは基本「アドセンス」でもNG

 

隠しリンクや隠しテキスト、
意味のないキーワードの羅列など
「SEO(検索エンジン最適化)」
NGとなっているものは
基本的に「Googleアドセンス」でも
NGです。

中身がないページでの設置もNG

 

「404ページ」
「お問い合わせページ」など
記事やコンテンツとしての
中身がないページでの設置はNGです。

ちなみに「404ページ」とは、
ユーザーがインターネット上で
アクセスしたページが
存在しないときに
表示されるエラーページのことです。

ポップアップ・ホバーウィンドウへの設置もNG

 

「ポップアップ」
「ホバーウィンドウ」への
設置もNGです。

「ポップアップ」とは
サイトやブログ内のリンクを
クリックしたときに立ち上がる
別のウインドウのことを
「ポップアップウィンドウ」といい
略して「ポップアップ」と呼ばれます。

「ホバーウィンドウ」とは
サイトやブログのページを開いた際に
上から落ちてくる広告など
のウインドウのことです。

サイドバーの追尾エリアへの設置もNG

 

サイドバーの
追尾エリアへの設置もNGです。

リンクなどの他の要素にかぶってしまうレイアウトもNG

 

サイトやブログのレイアウト的に
ページ内のメニューやリンク
などといった他の要素の一部に
アドセンス広告が
かぶってしまうのはNGです。

他の要素と広告の間に余白がまったくないのもNG

 

サイトやブログのページ内の
他の要素とアドセンス広告との間に
余白がまったくないのもNGです。

ラベルは「スポンサーリンク」・「広告」以外NG

 

アドセンス広告の上に
表示するラベルは
「スポンサーリンク」
「広告」以外の記載はNGです。

ファーストビューが広告で占領されているレイアウトもNG

 

「ファーストビュー」と呼ばれる
サイトやブログにアクセスして
最初に見える部分がアドセンス広告で
占領されているレイアウトもNGです。

衝撃的なコンテンツを表示するページへの設置もNG

 

ユーザーに不快感や嫌悪感を与える
記述や画像が表示されている
ページへの設置もNGです。

不正行為を助長するコンテンツを含むページへの設置もNG

 

不正行為を助長する
コンテンツを含むページへの
設置は当然NGです。

違法行為を助長するコンテンツを含むページへの設置もNG

 

違法行為を助長する
コンテンツを含むページへの
設置も当然NGです。

危険または中傷的なコンテンツを含むページへの設置もNG

 

危険または誹謗中傷的な
コンテンツを含むページへの
設置もNGです。

報酬や支払いを約束するページへの設置もNG

 

報酬や支払いを
約束するページへの設置もNGです。

不適切な表現や虚偽表示を含むページへの設置もNG

 

不適切な表現や
虚偽表示を含むページへの
設置もNGです。

PV数や見積もり収益の正確な数字の公開もNG

 

PV数や見積もり収益の
正確な数字の公開もNGです。

ただしアドセンスの収益確定後、
銀行に振り込まれた金額の
正確な数字の公開はOKです。

PV数や見積もり収益は、
端数をかくした
正確な数字でなければOKです。

 

 

ざっと主な「規約違反事項」
あげて来ましたが、
「Googleアドセンス」
正しく運営できるように
必ずおぼえておくようにしましょう。

上記の規約は
アドセンス広告を設置していない
媒体においても適用されます。

違反したら「警告」または「アカウント停止(凍結)」

警告の画像

 

では故意でないにしろ
アドセンスの規約に違反したら
どうなるのでしょうか?

ケースバイケースですが
大まかな流れは以下のような感じです。

 

規約違反に該当してしまい【ページ単位】での広告の配信停止

規約違反に該当してしまい【サイト】への広告の配信停止

重大な規約違反や違反をくり返すなどでアカウントが停止(凍結)

 

基本的にまずは
「警告」があります。

「AdSenseサイト運営者向け
ポリシー違反レポート」
というありがたくない(笑)
「警告メール」が送られて来ます。

この「警告メール」に対応しなければ
次に「広告の配信停止」となります。

過去に何度も違反があったり
規約に対して重大な違反があった場合は、
警告を飛ばしていきなり
「広告の配信停止」
「一発アカウント停止(凍結)」
なってしまう場合もあります。

アカウントが
「停止(凍結)」されてしまうと
「Googleアドセンス」
今後二度と使うことができません。

 

ひしはり
ひしはり
むちゃくちゃ厳しいですね(汗)

 

「Googleアドセンス」の審査は
年々厳しくなっていると
いわれています。

そんな中で幸運にも
審査に合格したわけですから、
せっかくの幸運をムダにしないように
気をつけたいものですね。

「Googleアドセンス」に興味があって
まだ申請したことがない方は
以下の記事をぜひ、参考にどうぞ!

 

パソコン画面にGoogleの文字の画像
ブログ初心者必見!「Googleアドセンス」の始め方クリック報酬型のアフィリエイト「Googleアドセンス」の始め方を知りたいですか?本記事ではブログ初心者にもわかりやすく画像付きで「Googleアドセンス」の始め方をご紹介しています。クリック報酬型のアフィリエイト「Googleアドセンス」の始め方を知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

まとめ

 

ざっと書き出してみましたが、
いかがでしたか?

知っているようで
知らなかったことや
知らずに規約違反」
してしまっていることも
あったのではないでしょうか?

まだまだPV数も少なくて
影響力の小さいサイトやブログでの
ちょっとした「規約違反」は、
おおめに見てもらえている傾向のようです。

「ぼちぼち警告しとこか」となる前に
しっかり「規約違反」の項目を見直して
健全な運営状態に
しておきたいものですね。

ここにあげた項目に関しては、
非常に重要なことのため「警告」
「アカウントの停止(凍結)」などに
ならないためにも
しっかりとおぼえておきましょう。

「Googleアドセンス」の大原則は、
老若男女、誰が閲覧しても
問題のないサイトやブログに
最適な方法でアドセンス広告が、
設置されているかということになります。

読者が広告だと認識できて
「誤クリック・誤タップ」
してしまわないような
レイアウトになっているかなど、
読者の目線に立った
サイトやブログ作りを
して行きたいものですね。

「Googleアドセンス」
「規約違反」を正しく理解し
収益につなげて行きたいと
必死に張り切る ひしはり でした。
今日は、ここまで。

関連記事