人生最適化

もう【相談】はいらない!【自己責任】で人生をよりシンプルに!

相談の画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
相談ってしたほうがいいの?

相談って誰にしたらいいの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ もう【相談】はいらない!【自己責任】でシンプルに!

❷ 人からの助言はその人の「主観」が入る!

❸ 相談することはあまり意味がない!

❹ 「自分次第」「自己責任」というシンプルな思考

❺ 人間は1日に約「35000回」の決断をしている?!

 

人生に「相談」はつきものですが、
そもそもそんな「相談」って
必要なんでしょうか?

また「相談」する相手も
どんな人がいいのでしょうか?

本記事を読めば、
誰かに悩みを
「相談」したほうがいいのか、
またするとしたら誰に
「相談」したらいいのか、
ということがわかり
何かを決断するときに
よりシンプルに選択して
決断できるようになりますよ!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは1850人ほど。

もう【相談】はいらない!【自己責任】でシンプルに!

相談の画像

 

人生で決断するすべてのことは
極論、「自分次第」「自己責任」です。

「相談」とは相手の主観が
もろに入って来る
いわば「諸刃の剣」ともいえます。

知恵を借りる相談ならいいのですが、
決断を委ねる相談は
私自身は正直、
必要ないものだと思っています。

人生を生きていると
誰でも一度は何かを誰かに
「相談」したことがあると思います。

そして「相談」とは多くの場合、
何かを「決断する」という作業の
手前側にありますよね。

「恋愛」「進学」「就職」「転職」
「人間関係」「トラブル」など
相談の内容は人それぞれ
多岐にわたって存在します。

そして相談後の決断も
決断したことによる結果も
本当に人それぞれ
ケースバイケースです。

相談後の決断も結果もケースバイケース

 

人からの助言はその人の「主観」が入る!

回答する男性の画像

 

私自身も、
もちろん若いころは、
人にいろんなことを相談した
経験があります。

しかし、あるころから
人に相談するということを
まったくもって
しなくなったんですね。

それはなぜかといいますと
ある内容をA」という人に相談すると
その助言には少なからず
相談相手のA」さんの
「主観」が入ります。

また「B」さんという人に相談すると
「A」さんとは違った
「B」さんの「主観」が入った
助言が出て来ます。

このように同じ物ごとを相談しても
相談を持ちかけた人によって
返って来る助言が変わることもあります。

自分とはまったく育って来た環境や
性格、経験値、価値観、人生観などが
違うにも関わらず、
その「A」さんや「B」さんの
助言どおりにしてもほとんどの場合、
意味がないんですね。

だって「自分」
「A」さんや「B」さんでは
ないのですから。

「A」さんにとってはそれが
ベストな行動かもしれません。

「B」さんにとってもそれが
ベストな行動かもしれません。

しかし私は「A」さんでも
「B」さんでもありません。

相談を持ちかけた人によって返って来る助言が変わる!

 

相談することはあまり意味がない!

ノーの画像

 

相談することによって
自分の知らない知識の吸収だったり、
選択肢の幅を広げるといった意味では
いいのかもしれませんが、
そうでない場合は
意味がない場合が多いんですね。

逆に選択肢が増え過ぎても
それはそれで
さらに迷ってしまうことにも
なりかねませんしね。

人に相談することに
あまり意味がないということは
私の中では結構人生の早い段階で
気づきましたね。

それに人は得てして
何かを相談するときには
相手からいってほしい答えを
自分の中ではすでに
持っている場合が多いんですね。

その答えの確認作業の意味合いで
信頼できる人に相談するわけです。

この人ならこういってくれるだろうと
期待を込めているんですね。

そしてその答えと違う答えが
相手から帰って来ると、
すかさず、
心の中では拒否しているんですね。

私自身の場合は
今となって振り返ってみると
そうでしたね。

彼女がデートで買いものするときに
「どっちがいいと思う?」
彼氏に2つのものを見せて
質問するのと同じことですね。

たいがいこういうときは
彼女の中ではどっちがいいかは、
決まっているんですね(笑)

ただ彼氏に対して
自分自身の確認作業の意味で
質問しているだけなんですね。

その証拠に彼女が潜在的に
決めているほうと
違うほうをいいとすすめると、
すぐに「でもな〜」といったように
渋った態度が顔を出しますよね。

そのたびに
「訊かんでも決まっとるやんけ!」
男性諸君は思うわけですね(笑)

こんなやり取りに心当たりがある人も
多いのではないでしょうか(笑)

 

彼氏
彼氏
お昼は何が食べたい?
彼女
彼女
何でもいいよ!
彼氏
彼氏
じゃあ!ラーメンにしよう!
彼女
彼女
え〜ラーメンはちょっと・・・

 

ひしはり
ひしはり
どないやねん!(笑)

 

「自分次第」「自己責任」というシンプルな思考

卵の画像

 

私自身はそういった考えから
今となっては人に相談するということは、
ほとんどといっていいほどありません。

 

すべてを自分で決めています。

つまり、すべて自分の責任です。

 

誰にも相談しなければ、
仮にそれでうまく行かなくても
誰を責めることもできませんし、
誰のせいにもできません。

すべてが自分の責任になると思うと
より慎重に物ごとを調べますし、
たとえそれで失敗しても
その経験がその後の自分の人生の
財産となって次に生きて来る
はずですからね。

そして自分の人生で決断する
すべてのことは自分の責任という
非常にシンプルな発想になります。

当たり前といえば当たり前なんですが、
そうじゃない考え方の方も
たくさんおられます。

うまく行かないことの原因を
まわりの人のせいにしたり
環境のせいにしたりと。

もちろんいろんな考えの方が
おられて当然ですし、
それを否定するつもりもありません。

個人的な私の考え方とは
違うということなんですね。

たとえば信頼している
「C」さんという人がいて
あなたが右か左かどちらに進めばいいか、
助言を求めて相談し、
進められたほうに進んだ結果、
ドツボにハマってしまったら
あなたはどう思われますか?

少なからず「C」さんに対して
「負の感情」を持つのでは
ないでしょうか?

「C」さんにしても
あなたのことを思って
アドバイスしてくれているはずです。

しかし結果論として
うまく行かなかった場合、
人は自分以外に
その原因を求めてしまう
生きものなんですね。

 

Cさんが言ったせいや!
私は本当は逆のほうがいいと思っていたのに!
Cさんに対しての信頼がなくなってしまったわ!

 

とこんな感じで
自分を守ってしまうんですね。

結果、今回は
そうなってしまったというだけで
「C」さんの知識や経験から来る
アドバイスの信頼度や
あなたへの愛情度とは
何の関係もありません。

うまく行っていたとしたら、

 

さすがCさんのいうとおりにしてたら間違いないわ!

 

となるわけですから、
極論!「結果論」なんですね。

勝手なものです(笑)

そんな結果論で
人への信頼度が左右してしまうことも
イヤでしたし、
自分はやっぱり自分自身で
納得の行く道を選びたいという
思いが強かったんですね。

 

「自分次第」「自己責任」

 

シンプルでいいじゃないですか。

人生で決断するすべてのことは「自分次第」「自己責任」

 

人間は1日に約「35000回」の決断をしている?!

分かれ道に向かう女性の画像

 

「人に相談しなくても大丈夫なのか?」
と訊かれれば迷わず
「大丈夫」と答えます。

誤解がないように
一応いっておきますが、
人の意見や助言をまったく
聞かないということでは
ありませんよ。

自分自身の視野が狭くならないように
そういったありがたい意見や助言は
いったん自分の中に受け入れて、
その後の判断材料に
させてもらっているということです。

わからないことは
今の時代、ネットで調べれば、
たいがいのことは情報として
あふれていますし、
自分にとっての
判断材料になってくれます。

専門的な知識に対して
相談することによって
情報のインプットができる場合も
確かにあると思います。

大事なのはその情報を
手にしたあとの行動ですね。

人間は1日に少なくとも
「9000回」も決断をしていると
いわれていますが、
正確にはさらにその上を行く
「35000回」という
研究データが発表されています。

くわしくは以下の記事で
「ひぐぅち」さんが
解説されていますので
ぜひ、参考にどうぞ!

 

 

「相談」とはいわゆる
どの船に乗るかという
出だしの決断ともいえますね。

「相談」によって「35000回」
その出だしの1回の決断だけを
助言されても

 

じゃあ、どの方角に進むのか?
スピードはどれくらいで進むのか?
舵はどんな感じで切ればいいのか?
帆はいつ張るのか?

 

といった残りの
「34999回」の決断を
自分で行なうわけですから、
助言者と同じような結果になるのは
不可能ですよね。

自分の毎日の生活の中で
「1日約35000回」
決断できるのは、
自分以外にはあり得ませんよね。

結局のところ、
相談に対しての助言は
相談された側の人にとっての
ベストな意見といい換えることも
できますね。

 

要点

相談することによって返してもらえる助言とはあなたにとってではなく相談された側の人にとってのベストな意見

 

(例)

 

ひしはり
ひしはり
どんなふうにトレーニングしたら
そんなかっこいい腕になりますか?
トレーナー
トレーナー
そうだね〜1日300回くらい腕立て伏せするといいよ
ひしはり
ひしはり
・・・・・

 

 

といった感じです(笑)

まとめ

 

今日は「相談」ということについて
考えて来ました。

人に質問して
知らないことを知識として
吸収して行くことは、
人生をより豊かに生きるために
大切なことです。

しかし、今回の記事のように
「相談」ということになると
話が変わって来ます。

多くの人が「相談」という名の
「共感」を求めているからかも
しれません。

人生は「自分次第」「自己責任」
といったスタンスで
生きることによって人に対して
過度な期待や見返りを求めることも
少なくなります。

 

ひしはり
ひしはり
人生がシンプルになりますよ!

 

いろんな方に
共感はしてもらいたいと
シンプルな人生を
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事