BLOG最適化

読みたくなるプロフィール記事の書き方を2つのポイントで徹底解説!

プロフィール画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
プロフィール記事ってどう書けばいいの?

プロフィール記事に書いた方がいいことは何?

 

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ プロフィール記事の書き方を2つのポイントで徹底解説

 

ブログ運営を始める上で
あなた自身の「プロフィール記事」
読者の方に自分を知ってもらえる
貴重な機会です。

とはいっても、
「プロフィール記事」なんて
書いたこともないし、
どんなふうに書いたらいいのかも
わからないといった方も
多いのではないでしょうか?

本記事を読めば、
思わず読みたくなる
「プロフィール記事の書き方の
2つのポイント」がわかり
あなたらしい「プロフィール記事」
書くことができるようになりますよ!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは2050人ほど。

プロフィール記事の書き方を2つのポイントで徹底解説

プロフィール画像

 

さっそくですが、
「読みたくなるプロフィール記事」
必要なものってなんでしょうか?

どこの誰かもわからない人の
「誕生日」「星座」
「血液型」などでしょうか?

 

ひしはり
ひしはり
絶対、そんなことはないですよね(笑)

 

今日はそんな
「プロフィール記事」
書き方として思わず読みたくなる
「2つのポイント」
徹底解説して行きますね。

ではさっそくですが、
人はどんなところに
興味や関心を持って、
その人の「プロフィール記事」
読むのでしょうか?

1つ目のポイント:「考え方」「捉え方」「生き方」

 

逆の立場に立って考えてみると
見えて来るものがありますね。

つまり、あなたが過去に
思わず読んでしまった
知らない人の「プロフィール」
どこに惹かれて読んでしまったのか、
ということですね。

ズバリ結論をいってしまうと、
それはその人の
「人生との向き合い方」としての
「考え方」「捉え方」
「生き方」だったはずです。

「人間性」「価値観」
言い換えることもできますね。

そういった部分に共感して
あなたはその人の
「プロフィール記事」
読んでいるはずですからね。

まずはこれが
「1つ目のポイント」です。

プロフィール記事に必要なのは人生との向き合い方としての
あなたの「考え方」・「捉え方」・「生き方」の部分

 

人生という漠然としたくくりの中には
いろんなものが含まれますよね。

例えば、「仕事」「恋愛」「結婚」
「進路」「趣味」「人間関係」などです。

 

ひしはり
ひしはり
まさに誰もが抱える
悩みや問題なわけです。

 

あなたがこれまでに経験して来た
そんな多くの悩みや問題は、
あなたの「プロフィール」
活き活きとした文章へと
後押ししてくれる
最高のエピソードになります。

ここで改めてではありますが、
「プロフィール」とは一般的には、
人物の経歴や紹介のことを
指していいます。

ブログやTwitterでは
「プロフィール」
自分をアピールするのには
欠かせない重要な部分です。

「プロフィール欄」
「プロフィール記事」
読者の興味や関心を
得ることができれば、
それは一つの大きな
成果といえますからね。

 

ひしはり
ひしはり
知らない人を自分に
振り向かせたわけですからね(笑)

 

しかし私を含め、
副業禁止の会社勤めをしている
サラリーマンがブログで
「プロフィール記事」
作成していく場合は、
少し気をつけなければいけません。

「本名」はふせたいけど「自分色」は出したい!

 

私の場合は会社にバレないように
本名をふせて「ハンドルネーム」
ブログを運営しています。

ですので、
「プロフィール記事」を作成するときに
あまり個人を特定できてしまうことを
書いてしまうと、会社やまわりの誰かに
バレてしまう可能性が
増えてしまいますよね。

「ハンドルネーム(HN)」とは
ブログやSNSなどで用いる
本名以外の「あだ名」
「通称」のことを指していいます。

ちなみに私のハンドルネームは
「こうして決めました!」という内容で
以下の記事にまとめていますので、
ハンドルネームを使いたい方は
ぜひ、参考にどうぞ!

 

ハンドルネームの画像
悩みに悩んだハンドルネームが「ひしはり 」に決まるまでこんにちは。 必死に張り切る ひしはり です。 今日は、ハンドルネームについての記事を 書いて行きたいと思います。 ...

 

「本名」「顔出し」をしたほうが、
ブログの信頼性が上がるのは
もっともなのですが、
なかなか抵抗のある方も多いですよね?

そんなときに便利なのが、
自分の分身となる「アバター」です。

「アバター」とは
「化身」という意味で
インターネット上のバーチャルな空間で
ユーザーの分身として使われるものです。

「プロフィール記事」
「アバター」作成については、
以下の記事にくわしく
まとめていますので
こちらも合わせてぜひ、
参考にどうぞ!

 

プロフィール画像
プロフィール画像におすすめの無料画像作成サイト21選ブログやSNSの「プロフィール画像」におすすめの「無料画像作成サイト」を知りたいですか?本記事ではそんな無料画像作成サイトをまとめて21サイトご紹介しています。おすすめの無料画像作成サイトを知りたい方はぜひ、記事をご覧ください。...

 

バレるバレないといった問題は
それなりに読まれるブログに
成長してからの話になるとは思いますが、
先の憂いは前もって取り除いて
おいたほうが無難ですからね。

かといってまったく「自分色」
なくしてしまうのも
個性がなくなってしまいますので
バランスがむずかしいところですね。

自分がどんな人間でどんな環境で
どんなことを感じながら
日々生きているのか、
そういった部分で読者の共感を呼び
興味を持ってもらうことができれば、
その後のブログ記事も
欠かさず読んでもらえるようになります。

つまり、先ほどの
「考え方、捉え方、生き方」をベースに
あなたの人間性や生きて来た人生を
まるごと引っくるめた
「ファン」になってもらうための
最初の扉が
「プロフィール記事」なんですね。

基本的にありきたりの項目に興味はない!

 

ただ単に
「プロフィール記事」ということで
以下のような月並みな項目だけを
紹介されている方もおられますが、
非常にもったいないことです。

 

・名前(ハンドルネーム)

・居住地域

・生年月日

・星座

・家族構成

・趣味

・特技

・職業

・好きな動物

・好きな食べ物

 

こんな感じの
ありきたりの項目だけを
「プロフィール記事」
のせていても、おもしろくも
なんともないですよね(笑)

それどころか、芸能人でもない
赤の他人のそんな
「プロフィール記事」
読んでくれる物好きな読者は
なかなかいませんよね。

 

ひしはり
ひしはり
基本的に興味ナッシング〜ですね(笑)

 

「プロフィール記事」
自分をアピールできる
せっかくの機会ですから、
最大限活かしたいものですね。

2つ目のポイント:ストーリー性を持たせること

ストーリの画像

 

私の場合でいえば、
平凡なサラリーマンが、
理不尽な減給といったことを機に
副業としてのネットビジネスに
取り組み始めた日々の中で、
今現在、どういったことを
考えながら生きているのかといった内容に
「ストーリー性」を持たせることが
ポイントになってくるわけですね。

 

これが「2つ目のポイント」です。

プロフィール記事には必ずストーリー性を持たせること

 

「ストーリー性」
持たせることっていうのは、
言葉のとおりで
あなたの自己紹介としての
「プロフィール記事」
物語的に書いて行くことですね。

たとえば、
「高校卒業」「就職」「結婚」「出産」
という人生の出来ごとを記事にするとして

 

私は高校を卒業して就職してその後、結婚して出産しました。

 

とただ単に羅列しただけの
「ストーリー性」のない文章よりも

 

18歳で高校を卒業した私は、
地元の小さなイベント会社に就職しました。

そこで運命の出会いをすることになります。

入社式の席がたまたま隣同士だった同期の彼が、
まさか未来の旦那さまになる「白馬の王子様」だったなんて、
当時の私はまったく想像もしていませんでした。

配属された部署が同じだったこともあり、二人が意気投合して
恋に落ちるまでに時間はかかりませんでしたね。

数年後に彼との結婚を機に
会社を退職した私は、
2年後に子宝に恵まれて
彼にそっくりな元気な男の子を出産しました。

 

こんな感じで
「ストーリー性」を持たせて
物語的に文章を書いて行ったほうが
より読者に伝わりやすい文章になります。

その「ストーリー性」
持たせた文章の中で、
先ほどポイントとしてあげた
あなたの「考え方、捉え方、生き方」
示して行ければ、より効果的ですね。

そういった部分で、
共感してもらえたりだとか
興味を持ってもらえたりすれば
その「プロフィール記事」は、
正解だといえるのではないでしょうか?

そんな「プロフィール記事」を目指して
私も何回も書き直しましたね(笑)

 

ひしはり
ひしはり
よし!これで行こう!

 

と自分自身が納得できるまでは、
絶対に妥協はしたくなかったので、
何度も何度も修正をかけて、
やっと納得いく記事が書けました。

そんな私、ひしはりの
「詳細プロフィール」
以下のリンクから
見ていただくことができますので、
これから「プロフィール記事」
書こうと思っている
ブログ初心者の方はぜひ、参考にどうぞ!

 

詳細プロフィールの画像
詳細プロフィール「ネットで副収入?為せば成るのか?ひしはりブログ」運営者「ひしはり」の詳細プロフィールです。ある日、会社からの突然の「辞令」によって人生が一変!頭の中で人生2回目の警報が鳴り出したその理由とは?くわしくは詳細プロフィールにて。...

 

初対面での第一印象がすべてといっても過言ではない

 

自分という人間を
知ってもらうための
自己紹介の大切さですが、
実社会でも初対面の
サラリーマン同士であれば、
名刺交換から始まりますよね。

 

どこどこの会社の〇〇です。

その会社の〇〇という
部署でこういったことをしています。

 

みたいな感じですよね。

人は初対面での第一印象で
多くのことを判断する生きものです。

そうした面からも
初対面での第一印象が
すべてといっても
過言ではないんですね。

ブログではプロフィール記事が自己紹介

 

ブログの場合
そういった自己紹介が
「プロフィール記事」
あたるわけです。

ですから一切の手抜きや
妥協をせず書き上げないと
読んでもらえる読者の方に
失礼になると思うんです。

先ほども書きましたが、
項目だけをずらずらと書いてあっても
私なら読みませんね(笑)

その書き手の方が
どういう「考え方」
「捉え方」「生き方」
人生とどう向き合っているのか、
またその「人間性」だったり、
「価値観」だったりが垣間見えてこそ
その人に興味がわくのでは
ないでしょうか?

 

ひしはり
ひしはり
少なくとも私自身は
そういった部分に強く惹かれますね(笑)

 

まとめ

 

今日は読みたくなる
「プロフィール記事」
書き方について
「2つのポイント」に分けて
ご紹介しました。

これからブログやサイトなどで
あなたが「プロフィール記事」
書こうと思っておられるなら、
ぜひ、今日ご紹介した
「2つのポイント」を取り入れた
あなたらしい「プロフィール記事」
書いてみて下さいね。

何年か先に振り返ったときに
今というこの時間もすばらしい
「プロフィール」
1ページになると信じて、
必死に張り切る ひしはり でした。
今日は、ここまで。

関連記事