ブログで稼ぐための必見記事

初心者必見!ブログ初投稿の記事内容は何を書けばいい?

パソコンの画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
ブログの初投稿記事って何を書いたらいいの?

最初はやっぱり決意表明や自己紹介を書くべきなの?

本記事ではこの様な疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ ブログ初投稿の記事内容は何を書けばいい?

❷ 「目的」によって変わるブログの記事内容

❸ ブログの初投稿記事は書き出す前に「勝負あり!」

❹ 「ブログの設計図」とは?

❺ ブログ初投稿の記事内容

❻ 記事は必ず「キーワード」を決めてから書こう!

❼ プロフィールや自己紹介は「別枠」で書こう!

❽ その後の記事は「誰得」を意識しよう!

 

ブログのセンスが
最初からある人以外は
「ブログの初投稿記事」って
いざ書き出そうとすると、
何を書けばいいのか
誰もが最初にぶつかる疑問では
ないでしょうか?

本記事を読めば、
そんな「ブログの初投稿記事」
何を書けばいいのかといった
疑問を解消出来て
記念すべき初投稿記事を
書く事が出来ますよ!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは2450人ほど。

ブログ初投稿の記事内容は何を書けばいい?

はてなマーク

 

【結論】: 何を書いても構いません(笑)

 

ひしはり
ひしはり
え!そうなの?

 

まず、基本的にブログでは
常識的な範囲で世の中に対して
自分の好きな事や考えや主張などを
自由に情報発信する事が出来ます。

日記形式でいろいろ書くのもOKですし、
あなたがハマっている
大好きな趣味について書くのもOKですし、
おいしい料理の食べ歩きの感想などの
「レビュー(評論、批評)」記事でも
OKです。

ご家族やかわいいペットの
成長記録などでも何でもOKです。

特に「こんな記事を書きなさい!」
という様な決まりは何もありません。

ただあまりにも過激な内容の記事や
第三者を傷付けてしまう様な
内容の記事は考えものですが、
多くの人がブログを始めようと
思うきっかけは、
そんなネガティブなものでなく
ポジティブなもののはずですよね。

ただしブログで稼ぎたいと
収益化を目指すのであれば、
話は変わって来ます。

「目的」によって変わるブログの記事内容

分岐点の画像

 

ブログ運営を行なっていく上での
出だしの大事な部分ですが、
まずはあなたがブログを書く目的
はっきりとさせておきましょう。

 

ひしはり
ひしはり
この時点で天と地ほどに分かれます。

 

ブログを書く目的というのは
だいたい次のどちらかですよね。

趣味的な日記的なブログ運営を目指しているのか?

収益化のためのブログ運営を目指しているのか?

 

趣味的な日記的なブログ運営を目指している場合

 

この場合は何も気にする事なく
じゃんじゃん書いちゃって下さい(笑)

初投稿の内容も
自己紹介でも決意表明でも
何でもOKです。

なぜなら、言葉は少し悪いですが、
「自己満足的な目的」だからですね。

先ほども書きました様に
第三者を傷つけてしまう様な
内容以外でしたら、
あなたがよければ何でもOKです。

 

ひしはり
ひしはり
誰にとやかく言われる筋合いもありませんよね(笑)

 

収益化のためのブログ運営を目指している場合

 

次にブログでお金を稼ぎたい、
収益化したい場合は、
何を書いてもいい訳ではありません。

それといきなり書き出してもいけません。

これは初投稿の記事からも言える事です。

しかしブログを始め出した当時の私は
何もわかっていませんでした。

ですので、実際の初投稿記事は
何もわかっていない初心者が書く
なんだかよくわからない
決意表明みたいな記事に
なってしまっています(笑)
(しかも短文)

最初の部分から途中までは
リライト(記事修正)をしていますので、
当時の実際の記事は
最後の部分に原文のまま残しています。

 

スタート地点の画像
ブログ記事初投稿!すべての人が通った道ブロガーの初投稿記事がどんな感じだったか知りたいですか? 本記事では今まで200記事以上書いて来た私が、実際に初投稿した2年以上前の記事をほぼそのままご紹介しています。ブロガーの初投稿記事がどんな感じだったかをお知りになりたい方はぜひ、ご覧になって下さい!...

 

まったく価値のない意味のない
記事になっています(泣)

 

ひしはり
ひしはり
しかも短い!(笑)

 

ぜひ、あなたはこの記事を読んで
私と同じ失敗をしない様に
して下さいね。

 

ブログの初投稿記事は書き出す前に「勝負あり!」

少年格闘技の試合の画像

 

先ほどもいいましたが、
収益化を目指すブログ運営の場合、
いきなり記事を書き出してはいけません。

まずはブログの
「ジャンル」「コンセプト」
「方向性」を決めてから
書き始める必要があります。

誰にどんな記事を書いて
どんな悩みや疑問を解決し、
どうやって収益化するかなどの
「ブログの設計図」とも言えますね。

ブログも家を建てるのと同じです。

家を建てる時に
設計図も何もないまま
いきなり建て始めるなんて事は
あり得ませんよね。

まずはどこに土地を買い
どんな広さでどんな家を建てるのか、
庭はどんな感じで間取りはどんな感じで
平屋なのか2階建て、3階建てなのか、
といった様に細かく計画を立てますよね。

これとまったく同じで
まずはあなたの「ブログの設計図」
しっかりと考えて確認するところから
始めましょう。

そうでないと記事を書き出す前に
「ブログでの成果」という勝負が
決まってしまいますよ。

「ブログの設計図」とは?

設計図の画像

 

「ブログの設計図」
「サイト設計」とも
言われたりしますが、
むずかしく考える必要はありません。

 

ひしはり
ひしはり
そもそもブログ初心者なんだから、
むずかしい事を言われても
わかりませんよね(笑)

 

ここではわかりやすく
「動物園」に例えてみましょう。

この「動物園」
新規オープンする予定の
「動物園」です。

園長は「あなた」です。

あなたはどんな「動物園」
作りたいですか?

以下に挙げた項目を
参考にして考えて下さい。

・その動物園の名前は何ですか?

・その動物園の園長は誰ですか?

・その園長はなぜ動物園をしようと思ったのですか?

・その動物園をどんな動物園にしたいですか?

・その動物園はどんな客層をターゲットにしていますか?

・その動物園は世界中のいろんな動物を集めたいですか?

・それとも生息地域を限定した特定の動物だけを集めたいですか?

・その動物園はどんな区分けになっていますか?

・その動物園にはどんな動物がいますか?

・そしてその動物は動物園のどこにいますか?

・その動物の種類や数、生態や生息地は?

・人気の動物のグッズやおもちゃはどんな物が売っていますか?

・そのグッズやおもちゃの特徴はどんな感じですか?

・そのグッズやおもちゃは動物園のどこに売っていますか?

・その動物園の食堂や自動販売機、トイレなどはどこにありますか?

 

ざっとこんな感じですが、
上記の事をブログ運営に
置き換えて考えてみましょう。

「動物園」があなたの
「ブログ」だとします。

動物園を新たに作る全体図が
「ブログの設計図」に当ります。

誰のためにどんな記事を書いて
どんな価値を提供したり、
どんな方法で収益化するのか、
ブログで収益化を目指すなら
絶対に最初に決めておかなければいけない
ベースの部分ですね。

すると上記に例を挙げた
項目の一つ一つが、
ブログを形成する記事になる訳ですね。

動物園にいる動物の
種類や数、生態、生息地など
それだけでも書く事が
山ほどありますよね。

何を書けばいいかなんて
迷う余裕もないほどに
書く事はたくさんある訳ですね。

ブログ初投稿の記事内容

パソコンの画像

 

収益化を目指すブログでの
初投稿の記事内容は、
それぞれの「ブログの設計図」によって
まちまちです。

先ほどの動物園の例で挙げた様に
「ブログの設計図」を作ったら
書く事は次から次へと
山の様にあります。

では、どんな順番で
書いて行ったらいいのか
という事ですが、特に書く順番は、
こだわる必要はありません。

 

ひしはり
ひしはり
キリンの記事から書こうが、ライオンの記事から書こうが、同じですよね(笑)

 

記事は必ず「キーワード」を決めてから書こう!

キーワードの画像

 

記事を書いて行く上での
基本になりますが、
必ず「キーワード」を先に決めてから
書く様にしましょう。

「SEOキーワード」とか
「検索キーワード」とかいった
言い方をされますが、
要は読者の「悩み」「疑問」の事です。

動物園のキリンを例に挙げると
キリンに興味がある人が知りたい事は
以下の様な事ですね。

 

・キリン 生態
・キリン 生息地
・キリン 寿命
・キリン 食べ物
・キリン 種類  などなど

 

キーワードはそのキーワード自体に
「需要」「検索ボリューム」
どれくらいあるのかを
無料の「キーワードツール」を使って
調べる事が出来ます。

需要や検索ボリュームのない
キーワードで記事をいくら書いても
なかなか思う様に
アクセスは集まりません。

無料で使える「キーワードツール」
いろいろありますが、
代表的な「Googleキーワードプランナー」
使い方を以下の記事にわかりやすく
まとめていますので
ぜひ、参考にして下さい。

 

Googleキーワードプランナーの画像
ブログ運営に必須!Google キーワードプランナーの使い方こんにちは。 必死に張り切る ひしはり です。 今日は、ブログ運営を行なって行く上で 絶対に欠かせない「キーワード選定」を可能...

 

読者は「キーワード」で検索して
あなたの書いた記事に辿り着きます。

先ほど「キーワード」とは読者の
「悩み」「疑問」の事だといいました。

ですので、記事には必ず読者が求める
「答え」を用意しましょう。

せっかく記事まで辿り着いてもらえても
そこに読者の悩みや疑問を解消する
「答え」がなければ、
すぐに離脱されて二度と
訪問してもらえる事はないでしょう。

プロフィールや自己紹介は「別枠」で書こう!

プロフィール画像

 

先ほどの動物園の例でいいますと、
「園長は誰で」
「なぜ動物園を作ろうと思ったのか」
「どんな動物園にしたいのか」
といった様な部分は
プロフィール記事として
別枠」で書くことをおすすめします。

私も「詳細プロフィール」という形で
「別枠」で自己紹介していますので
ぜひ、読んでみて下さい!

 

詳細プロフィールの画像
詳細プロフィール「ネットで副収入?為せば成るのか?ひしはりブログ」運営者「ひしはり」の詳細プロフィールです。ある日、会社からの突然の「辞令」によって人生が一変!頭の中で人生2回目の警報が鳴り出したその理由とは?くわしくは詳細プロフィールにて。...

 

「プロフィール記事」の書き方については
以下の記事にまとめていますので
ぜひ、合わせて参考にして下さい!

 

プロフィールの文字の画像
ブログ初心者必見!理想的なプロフィール記事の書き方を解説ブログのプロフィール記事をどういう風に書いたら、また何を書いたらいいのか知りたいですか?本記事ではブログ歴3年目の私が理想的なプロフィール記事の書き方をわかりやすくご紹介しています。ブログのプロフィール記事をどういう風に書いたらいいのか知りたい方はぜひ、記事をご覧下さい!...

 

その後の記事は「誰得」を意識しよう!

喜ぶ男女の画像

 

そのあとは自分が
こういった人たちに読んで欲しいと
ターゲットに設定した人たちへ
「誰得」といった事を
意識して書いて行く様にしましょう。

「誰得」とは
「誰が得するのか?」の略語です。

例えば万年「腰痛」に悩んでいた人が、
歩き方であったり、
姿勢を正すアドバイス的な記事を読んで
腰痛が緩和されたとかいった事ですね。

腰痛で悩んでいたその人にとって
アドバイス的なその記事は、
とても価値があった訳ですね。

どうせブログを運営して行くなら
誰かの役に立ったり
喜んでもらえる内容の記事を
書いて行きたいものです。

先ほども書きましたが、

 

こうしなければいけません!

 

と言った決まりはブログにはありません。

しかし

 

こうした方がいいですよ!

 

と言ったノウハウ的なものは
山ほどあります。

いろんな自分に合った
ノウハウを吸収して
読者にとって読みやすい
価値ある内容のブログに
して行く事が重要です。

その第一歩が
ブログ記事の初投稿になる訳ですが、
最初から上手く書く必要はありません。

6割、7割程度の完成度で構いません。

あとでいくらでも
リライト(記事修正)出来ます。

 

ひしはり
ひしはり
実際に私もこの記事を
リライトしています(笑)

 

リライトに関しては以下の記事を
ぜひ、参考にして下さい。

 

パソコン画像
アクセスアップに繋げるための【ブログ記事のリライト方法】アクセスアップに繋げるためのブログ記事のリライト方法を知りたいですか?本記事では、ブログ初心者の方にもわかりやすく基本的なリライトの方法をご紹介しています。アクセスアップに繋げるためのブログ記事のリライト方法を知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

まあ上手く書けるに
越した事はないのですが、
書き続けている内に
どんどん文章力は上達して行きますので
心配はいりませんよ。

まとめ

 

今日はブログ初心者の方が
一番最初のブログ初投稿記事に
いったい何を書けばいいのか
という疑問ついてお答えして来ました。

誰にとっても千里の道も一歩からですし、
どんなプロ(玄人)も最初は素人です。

最初から完璧に物事を成せる人は、
この世には存在しません。

生まれながらに歩けたり
しゃべれたり出来る人がいない様に
段階を踏んで成長して行くものですから
焦らずに頑張って行きましょうね。

ブログ記事初投稿の頃の
初心を思い出し
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事