ブログ最適化

初心者必見!何を書けばいい?ブログ初投稿の記事内容

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

今日はブログ初心者の方が
一番最初のブログ初投稿の記事に
いったい何を書けばいいのかという事について
書いて行きたいと思います。

 

はてなマーク

 

自由に情報発信する事が出来る「ブログ」

 

ブログでは常識的な範囲で
世の中に対して自由に自分の好きな事や
考えや主張などを情報発信する事が出来ます。

日記形式でいろいろ書くのもOKですし、
あなたがハマっている大好きな
趣味について書くのもOKですし、
おいしい料理の食べ歩きの感想などの
レビュー(評論、批評)記事でもOKです。

特にこんな記事を書きなさいと言う様な
決まりは何もありません。

ただあまりにも過激な内容の記事や
第三者を傷付けてしまう様な内容の記事は考えものですが、
多くの人がブログを始めようと思ったきっかけは、
ネガティブなものでなくポジティブなものだと思います。

 

何を書けばいい?最初にぶつかるブログ壁

 

しかしいざ、記事を書き始めようとすると
何を書いたらいいのか?という
最初の壁にぶつかるのではないでしょうか。

私自身もそんな1人でしたので
初投稿は以下の様ななんだかよくわからない
決意表明みたいな記事になってしまっています。
(しかも短文)

 

道路にスタートとフィニッシュの文字
ブログ記事初投稿!すべての人が通った道こんにちは。 必死に張り切る ひしはり です。 祝!記念すべき初めての投稿です! もっと色々な事を...

 

ブログ運営に必要な記事修正「リライト」

 

ブログ運営を行なっていく上で
元記事を修正する事でより読みやすくする
「リライト」と言う作業があります。

今まで100記事以上書いて来た私ですが、
初投稿の1記事目を見返してみると
顔が真っ赤になるくらい恥ずかしい感じに
なっています。

一度だけ見出しをつけるために
リライトしたのですが、
それ以降はあえてそのままにしてあります。

なぜかと言うとブログ初心者が
ブログ記事の初投稿だと言うのに
すごく読みやすくて、
内容も構成もデザインもバッチリだったら
すごく不自然だなと感じたからです。

最初からこんなにレベルの高い記事を
書ける人たちって
「なんかそういった関係の仕事をしたはったのかな?」
思ってしまったりして自分の無力さだけを
感じてしまいそうになると思うんですね。

記事のリライトは非常に重要な作業だとは
わかっていますが、初投稿をあとあとになって
いじって修正をかけてしまうと、
初投稿の記事の初々しさであったり、
未熟さであったりが消えてしまうのが嫌だったんですね。

そういった意味で
あえて恥ずかしい未熟な記事のまま
残しておこうと思ったんです。

そのほうが誰に見てもらっても
記事や文章の上達具合であったり、
内容や構成、デザインの上達具合が、
わかってもらいやすいと思ったんですね。

 

出だしからレベルが違う有名ブロガーの初投稿

 

有名ブロガーの方たちのブログ初投稿を
見てみるとそれはもう最初から凡人離れした
素晴らしい記事になっています。

リライトにリライトを重ねた結果かもしれませんが、
レベルが高すぎて私には現実味が湧きませんでした。

まるで一輪車に始めてチャレンジした子供が、
最初からプロ級のパフォーマンスを披露する様な
感じとでも言うのでしょうか。

 

一輪車

 

そう言う類いの人たちは「天才肌」なんでしょうね。

くらべてもしょうがない部分の事は、
置いておいて自分が出来る事に集中する方が
自分らしい記事を書ける気がしますね。

 

初投稿は自分らしいメッセージを書こう!

 

初投稿で記事に書く内容として
自分がどんな人間でどんな事を感じて
どんな人たちに情報発信して行きたいのかと言った
メッセージ的なものがいいのではないでしょうか。

詳しい自己紹介などは、
プロフィールとして別枠で記事を書くことを
おすすめします。

私も「ひしはりの詳細プロフィール」という形で
別枠で自己紹介していますので
よければぜひ、読んでみて下さい。

 

プロフィール画像
プロフィール  あの日、頭の中で人生2回目の強烈な警報が、 鳴り出した・・・ 管理人           ひしはり プロフィール ...

 

その後の記事は「誰得」を意識しよう!

 

そのあとは自分がこういった人たちに読んで欲しいと
ターゲットに設定した人たちへ「誰得」といった事を
意識して書いて行く様にしましょう。

「誰得」とは「誰が得するのか?」の略語です。

例えば、万年腰痛に悩んでいた人が、
歩き方であったり姿勢を正すアドバイス的な記事を読んで
腰痛が緩和されたとかいった事ですね。

腰痛で悩んでいたその人にとって
アドバイス的なその記事は、
とても価値があった訳ですね。

どうせブログを運営して行くなら
誰かの役に立ったり喜んでもらえる内容の記事を
書いて行きたいものです。

先ほども書きましたが、
「こうしなければいけません!」と言った
決まりはブログにはありません。

しかし「こうした方がいいですよ!」と言った
ノウハウ的なものは山ほどあります。

いろんな自分に合ったノウハウを吸収して
読者にとって読みやすい価値ある内容のブログに
して行く事が重要です。

その第一歩がブログ記事の初投稿になる訳ですが、
最初から上手く書く必要はありません。

まあ書けるに越した事はないのですが、
上手く書けなくても素直な思いで
一生懸命さが伝わる記事が書ければ、
それがベストではないでしょうか。

そうして書き続けている内に
どんどん文章力は上達して行きますので
心配いりませんよ。

 

まとめ

 

今日はブログ初心者の方が
一番最初のブログ初投稿の記事に
いったい何を書けばいいのかという事について
書いて来ました。

誰にとっても千里の道も一歩からですし、
どんなプロ(玄人)も
最初は素人です。

最初から完璧に物事を成せる人は、
この世には存在しません。

生まれながらに歩けたりしゃべれたり出来る人間が
いない様に段階を踏んで成長して行くものですから
焦らずに頑張って行きましょうね。

ブログ記事初投稿の頃の
初心を思い出し必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事