BLOG最適化

ブログ記事に画像は必要不可欠!その理由と重要性を徹底解説

パソコンのイラスト画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
ブログ記事に画像は必要なの?

文字だけの説明や解説じゃダメなの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ ブログ記事に画像は必要不可欠!その理由と重要性

 

世の中にはさまざまなブログがあって、
ジャンルやデザインも千差万別ですよね。

そうなると当然、記事の中に
「画像」が使われているものもあれば、
そうでないものもあります。

そして「画像の使用未使用」については、
「画像」を使わなければいけないという
明確なルールはなく
書き手の運営者次第となっています。

本記事を読めば、
ブログ記事において
「画像」を使用するその理由と
重要性がわかります。

記事内に「画像」を使うことによって
文字だけの記事よりも、
格段に読者にとっての
「わかりやすさ」
「伝わりやすさ」といった部分で
差別化を図ることが
できるようになりますよ!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは2100人ほど。

ブログ記事に画像は必要不可欠!その理由と重要性

英語で重要のスペルのイラスト画像

 

まず結論としてブログ記事に
「画像は絶対に必要不可欠」です。

なぜなら記事内に「画像」があると
内容の「わかりやすさ」
「伝わりやすさ」
格段にアップするからですね。

文字だけで書かれている記事は
視覚的に「圧迫感」というか
「圧」みたいなものを
どうしても感じてしまいます。

「画像」は視覚的にそういった
圧迫感をやわらげてくれる
「箸休め(はしやすめ)」的な役割を
果たしてくれます。

 

ひしはり
ひしはり
焼肉の食べ放題に行ったら
肉だけじゃなく
サラダやフルーツも
食べたいじゃないですか(笑)

 

肉ばかり食べていたら
しつこくなるように、
味覚に置き換えても
視覚と同じ五感ですから
同じようなことがいえるんですね。

圧迫感」や「圧」を感じると直帰や離脱につながってしまう

 

いろんなブログを見る機会も
増えて来ましたが、
中には文字だけで
書かれているブログを
見かけることもたまにありますね。

何かの説明や解説などを
文字だけで行なっている記事です。

読者はインターネット上で
自分の知りたい情報を求めて
検索してやって来ますよね。

そこでたどり着いた検索先の
サイトやブログが
文字だけで説明されていると
正直、読む気もなくなりませんか?(笑)

 

ひしはり
ひしはり
うわ〜なんかお堅そうって(汗)

 

どうしても先述した
「圧迫感」というか
「圧」みたいなものを
視覚的に感じてしまうからですね。

そんな風に感じてしまうのは、
私だけではないはずです。

実際、私自身は
文字だけの記事に遭遇すると
どうしてもすぐに
「直帰」「離脱」してしまいます。

 

ひしはり
ひしはり
すたこらさっさと離脱です(笑)

 

書き手側のブロガーとしては
読者のこの「直帰」「離脱」
割合をできるだけ
減らさないといけません。

そんな割合を示す
「直帰率」「離脱率」
その確認方法に関しては、
以下の記事でくわしく
まとめていますので
ぜひ、参考にどうぞ!

 

Googleアナリティクスの画像
「直帰率」と「離脱率」混同しがちなその違いと確認方法よく混同されがちな「直帰率」と「離脱率」ですが、その違いと確認方法を知りたいですか?本記事では「直帰率」と「離脱率」についてわかりやすくご紹介しています。「直帰率」と「離脱率」の違いや確認方法を知りたい方はぜひ、記事をご覧下さい!...

 

重要なのは視覚的な「わかりやすさ・伝わりやすさ」

 

それにくらべて
知りたい情報を「読者目線」
「画像」を使って説明されている
ブログの記事はとても見やすく
わかりやすいです。

まさにその記事を読んでいての
視覚的な「わかりやすさ・伝わりやすさ」
なんですよね。

 

ひしはり
ひしはり
ここが非常に重要なポイントです。

 

「かゆいところに
手が届く」ってやつです。

つまり、書き手としては
伝えたいことがしっかりと
読み手である読者に伝わらないと
意味がないんですね。

画像がない場合とある場合の伝わり方の具体例

 

かんたんな具体例をお見せしますね。

 

【  例 ①  】

浜辺に一匹の子犬がたたずんでいます。

茶色の毛色の
ポメラニアンという人気の犬種です。

 

こんな感じで文字だけで
説明されていると、
なんとなく頭の中で
イメージするしかありませんよね。

そしてそのイメージには
少なからず個人差が入って来ます。

これは書き手と読み手の
あいだでもいえることですよね。

一方、「画像」を使った
以下の例の場合です。

 

【  例 ②  】

ポメラニアンの画像

 

浜辺に一匹の子犬がたたずんでいます。

茶色の毛色の
ポメラニアンという人気の犬種です。

 

いかがですか?

「画像」のおかげで誰がどう見ても
浜辺のポメラニアンの印象は
ぶれませんよね。

それだけ我々人間が脳に送り込む
「情報処理」といった作業に、
目から入って来る「視覚効果」
大きな割合を占めている
ということがいえますね。

結論、読者にとっての
「ユーザビリティ(使い勝手)」
考えると、ブログ記事に
「画像は絶対に必要不可欠」
ということになるんですね。

具体的なブログ記事での
「画像」の挿入方法については、
以下の記事でわかりやすく
まとめています。

ブログ初心者の方は
ぜひ、参考にどうぞ!

 

カメラの画像
WordPressで記事内に画像を挿入してみた!こんにちは。 必死に張り切る ひしはり です。 今日は、記事内に画像を入れてみたいと 思います。 記...

 

まとめ

 

今日はブログ記事に
「画像」が必要不可欠な
その理由と重要性についてまとめました。

あくまで前提となる大事な要素は
「読者目線」「読者ファースト」
「読者のユーザビリティ」だということを
忘れずに肝に命じましょう。

それを忘れた時点で
ただの独りよがりな記事に
なってしまいますからね。

読者にとっての
「わかりやすさ・伝わりやすさ」
常に一番に意識して
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事