BLOG最適化

初心者だからこそ知っておきたい!ブログ「100記事」伝説の本質

記事執筆の画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
ブログで「100記事」書いたら稼げるの?

3ヶ月で「100記事」書かないと稼げないの?

毎日ブログを書く時間はないんだけど・・・?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ ブログ「100記事」伝説の本質

❷ 人それぞれのブログを始める理由

❸ 「3ヶ月で100記事」が推奨される理由

❹ 記事は毎日書かないといけないのか?

❺ リライトが教えてくれた「価値ある記事」の重要性

❻ 「価値ある記事」って何を書けばいい?

 

今日はブログ初心者の方が
ブログを始めるときに
必ずといっていいほど目にする
「100記事伝説」について
その本質の部分を
考えてみたいと思います。

本記事を読めば、
なぜブログを始めたら
「3ヶ月で100記事」書くことが
推奨されているのか、
その本質の部分を知ることができて
出だしのマインドセットで
ライバルに差をつけることができますよ!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴4年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは1800人ほど。

ブログ「100記事」伝説の本質

パソコンとコーヒーの画像

 

先に結論をいってしまうと
100記事書いても
稼げない人は稼げません!(泣)

ただ単に100記事では
ダメだということです。

読者に価値を提供できている記事を
「100記事」まずは書きなさい!
ということなんですね。

この本質の部分をすっ飛ばして
とりあえず「100記事」書けば、
稼げるのかとかん違いして
スタートした人たちが
挫折してやめて行くわけですね。

ブログで稼ぎたかったら
「まずは3ヶ月間で
100記事書きましょう」
お決まりのようにいわれています。

 

ひしはり
ひしはり
 ブログ初心者に対して
書かれた記事でよく目にしますよね。

 

私の場合ですが、
実際にブログで記事を
「100記事」書いても
まったく稼げませんでしたし、
それどころかPV数も全然でしたね。

PV数とは自分のブログへの
アクセス数のことです。

こう聞くとこれからブログで
稼ぎたいと思っている方の中には、
100記事書いても結果が出ないのなら
「やめておこうかな」
思われる方もおられるかもしれませんね(笑)

しかし、これはあくまで
私の場合の話であって、
結果を出せる人は
100記事以内でも
しっかり結果を出されています。

ではなぜ、100記事書いて
結果が出る人とそうでない人が
いるのでしょうか?

また、「3ヶ月で100記事」ということが
なぜ一般的に推奨されて
いるのでしょうか?

人それぞれのブログを始める理由

ストロベリーケーキの画像

 

まず、ブログを始める理由から
考えてみましょう。

ブログを始める理由というのは
人それぞれあるとは思いますが、
大きく分けて2種類ではないでしょうか?

1つ目は自分の好きなことを
好きなように書いて行く
収益化がメインではない
趣味的なブログですね。

自分が好きなこと、
夢中になれること、
たとえばスポーツだったり、
かわいいペットのことであったり、
料理のことであったり、
自由気ままに記事にして行くブログです。

2つ目はブログで
収益化したいと思って
記事を書いて行く
ビジネスとしてのブログですね。

 

ひしはり
ひしはり
ようするにブログで稼ぎたい人です!

 

① 好きな趣味などの情報発信ブログ

② 収益化を目指した情報発信ブログ

 

①番と②番では
趣旨が天と地ほど違います。

私の場合は2つ目の理由で
ブログ運営を始めました。

1つ目の理由で
ブログを運営されている方は、
そのブログでお金を稼ぐといったことが
メインではないと思いますので、
記事数やPV数にそこまでこだわりは
ないかもしれませんね。

好きなことを好きなときに好きなように
記事に書いて発信する、
ちょっと言葉は悪いかも
しれませんが、
「自己満足的」な部分も
多少はあるかと思います。

ただそのブログが
多くの方の共感を得て
結果論としてお金が稼げたという
場合もあるかと思います。

それにくらべて
ブログで収益化したいと思って
記事を書いて行く場合は、
「自己満足的」な記事では
まったく結果が出ません。

これは私が身をもって
経験していますので
声を大にしていえますよ。(笑)

 

ひしはり
ひしはり
大事なことなのでもう一度言っておきますね!

 

「自己満足的」なブログや記事では、
まったく結果が出ません!(泣)

コツコツと続けて来たブログですが、
100記事書いてもまったく結果が出ないと
さすがにモチベーションが下がりますね。

「3ヶ月で100記事」が推奨される理由

パソコンを操作する画像

 

ではなぜ「100記事伝説」
語られるかということですが、
自分なりにいくつかの理由が
浮かび上がって来ましたので、
自分自身に言い聞かせるためにも
まとめておきたいと思います。

 

単純に書くという作業を
くり返すことで
文章力が鍛えられる。

                 

1日1記事を3ヶ月で
だいたい100記事ペース
ということで
記事を書くことが習慣化される。

                 

記事が増えて来ると
ブログの中身が密になって来るので
もっと書こうと作業意欲が
増して来る。

                 

パソコン初心者(私のような)でも
3ヶ月間毎日パソコンで記事を
書いていれば
パソコン操作に慣れて来る。

                 

知識の吸収が前提ですが、
ブログ運営を行なっていく上での
基礎的な部分(知識やスキル)が
身について来る。

                 

1記事目や10記事目と
100記事目では
記事自体の完成度が
全然違うことが実感できる。

                 

100記事書くと内容次第で
結果が出る人は出る。

 

などなどこんな感じではないでしょうか。

記事は毎日書かないといけないのか?

カレンダーの画像

 

極論、毎日書けるのに
越したことはありません。

しかし私の実体験から
本業を持っていて、なおかつ
副業ブログを毎日更新するのは
並大抵の努力と行動力ではありません。

実際に多くの人が
できないのではないでしょうか?

中には毎日ずっと
記事を更新し続けておられる
とんでもない人たちもおられますが、
もう、感覚的に「異次元」です(笑)

自分のペースでコツコツが
結局は長く続けられる秘訣ですね。

2〜3日に一度は
投稿できるくらいが
適度かもしれませんね。

そこはもう人それぞれの
ペース配分ですね。

継続するということが
「最優先事項」ですから
記事を書き続けるのがしんどくなって
やめてしまうようでは
本末転倒ですからね。

リライトが教えてくれた「価値ある記事」の重要性

修正の画像

 

以上の点から浮かび上がって来た
「100記事伝説」の本質とは、
冒頭で触れたように
「読者にとって価値のある内容の記事を
100記事書く」ということです。

これは私自身が
自分の過去の記事を
「リライト」しているときに
痛感したことです。

「リライト」とは一度書いた記事に
手を加えて書き直すことをいいます。

 

ひしはり
ひしはり
記事の修正ですね。

 

リライトについては以下の記事で
わかりやすくご紹介していますので
ぜひ、参考にどうぞ!

 

パソコン作業の画像
アクセスアップにつなげるための【ブログ記事のリライト方法】アクセスアップにつなげるためのブログ記事のリライト方法を知りたいですか?本記事では、ブログ初心者の方にもわかりやすく基本的なリライトの方法をご紹介しています。アクセスアップにつなげるためのブログ記事のリライト方法を知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

そのリライト作業をしていたときに
「なるほど、これじゃ
100記事書いても結果が
出ないはずやわ・・・
思い知らされましたね。

というのはブログを始めて
最初のころの記事なんて
記事というか日記というか、
ただただ自分発信の短い文章を
投稿し続けていただけなんですから(笑)

つまり、読者という読み手にとって
なんの価値も与えられていなかった
ということなんですね。

自分自身で読み返してみて
「この記事は読んだ人に
価値を提供できているな」
思える記事は
全体の何割かしかありませんでした。

もちろんその記事を書いていた当時は
その段階でそれが100%だと思って
投稿していたわけですから
今になって読み返してみると
お恥ずかしい限りです(笑)

初心者はやっぱり初心者レベルの
記事しか書けないという典型ですね。

でもこれが成長であり進化なんですね。

自分で読んでみて
「価値提供」ができていないと
感じた記事は思い切って
バッサリ断捨離してやりました(泣)

 

ひしはり
ひしはり
40記事ほどデリートです(泣)

 

「価値ある記事」って何を書けばいい?

WordPressの画像

 

では初心者がブログを始めて
読者に価値を与えるには、
どんな記事を書けばいいのでしょうか?

あなたに人より優れた得意なことや
人が持っていない資格などがあれば、
それを生かした記事を
書くことができますね。

他にも人が経験していないことを
あなたが経験していれば、
その経験には価値が生まれます。

人に伝えられるような
取り柄も経験もない場合は、
記事が書けないのかというと
決してそんなことはありません。

そういった場合は
まずは自分が記事にできそうなことを
インプットして、それを今度は
アウトプットすればいいわけです。

初心者がブログを立ち上げて
記事を書き出すまでの様々な経験は、
それを経験していない人にとっては
価値のある情報になります。

初心者の場合、
こんな当たり前の内容を書いても
価値がないんじゃないかと
思いがちですが、
その当たり前のことを知らない人は
世の中に五万といます。

例えばブログに携わっていて
「WordPress(ワードプレス)」という
単語を知らない人は
ほとんどいないのではないでしょうか?

しかしブログを始める前の私は
聞いたこともない単語でしたよ。

実社会でも私のまわりの10人に訊いて
果たして何人が知っているのか?

つまり初心者だと思っている自分より
これからブログを始めてみようかなと
思っている初心者の方は
たくさんおられるということです。

そんな人にとっては、
先にブログを始めた
あなたのいろいろな経験は、
知りたいと思う
価値ある情報なんですね。

「経験」「価値」として
生まれ変わるわけですね。

その価値をたくさん集めて
1つ1つ記事にして行けば、
価値ある記事の集合体としての
ブログが完成して行くことになりますね。

私自身もまさに今そういった
価値ある記事を意識して
記事を書いている最中です。

そんな記事が100記事集まれば、
絶対にそれなりの結果が出て来ると
信じています。

まとめ

 

今日はブログ初心者の方が
ブログを始めるときに
必ずといっていいほど目にする
「100記事伝説」
本質について考えて来ました。

ただ単に「3ヶ月で100記事」
書けばいいだけではないということを
わかっていただけたのでは
ないでしょうか。

逆にいえば30記事でも
人がのどから手が出るほど
ほしい情報ばかりなら、
絶対に結果が出るということですね。

ただいきなり初心者が
そんな価値ある記事ばかりを
作成することはなかなか
知識や技術がない段階では
むずかしいのが現状です。

そういった意味で
「3ヶ月間で100記事」こなせば
ブログ運営を続けて行く上での
土台というか、骨組みというか、
そういった部分がつちかわれることに
つながって行くのでしょうね。

長いマラソンを走る前の
ウォーミングアップみたいなものと
言い換えることも
できるのではないでしょうか?

「まだウォーミングアップ中かい!」
自分自身を叱咤激励して
必死に張り切る ひしはり でした。
今日はここまで。

関連記事