WordPress最適化

All in One SEO Packの効果的な設定方法と使い方

SEOの画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
「All in One SEO Pack」の効果的な設定方法ってどうするの?

「All in One SEO Pack」ってどうやって使うの?

本記事ではこの様な疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ 「All in One SEO Pack」の効果的な設定方法と使い方 

 

「WordPress」
ブログを作成し、
「アフィリエイト」
稼ぎたいと思っておられる方は
多いのではないでしょうか?

私自身もそのうちの一人ですが、
そんな「アフィリエイト」
する場合、自分のブログに
アクセスを集める「集客」
非常に重要になります。

そのための「SEO対策」は、
ブログ運営には
欠かすことができません。

本記事を読めば、
そんな重要な「SEO対策」全般を
一つのプラグインでまかなってくれる
「WordPress」プラグイン
「All in One SEO Pack」
効果的な設定方法と
使い方がわかります。

「All in One SEO Pack」
正しく「SEO対策」をして
ブログ運営を
最適化して行きましょう!

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは2350人ほど。

「All in One SEO Pack」の効果的な設定方法と使い方

設定の画像

 

それではさっそく
「All in One SEO Pack」
設定方法をご紹介して行きますね。

「Wordpress」へインストール

 

まずは「All in One SEO Pack」
「WordPress」
インストールします。

「WordPress」
管理画面の左メニューから
「プラグイン」「新規追加」
クリックします。

 

WordPress管理画面

 

右上にある「検索フォーム」
「All in One SEO Pack」
入力します。

そうすると画面に
「All in One SEO Pack」
インストール画面が出て来ますので、
「今すぐインストール」
クリックします。

 

All in One SEO Packの画像

 

インストール後に
「有効化」をクリックすると
「WordPress」への
「All in One SEO Pack」
インストールが完了します。

一般設定(General Settings)

 

有効化すると「WordPress」
管理画面の左メニューに
「All in One SEO」という
項目が表示されますので、
「一般設定
(General Settings)」から
初期設定をして行きます。

 

All in One SEO Pack設定の画像

 

「一般設定」
特に変更する必要は
ありませんので
そのままの状態でかまいません。

この項目では
「CanonicalURL」
チェックを入れておくと
重複しているURL(wwwの有無)を
統一してくれます。

 

All in One SEO Pack設定の画像

 

ホームページ設定

 

続いて「ホームページ設定」では
「ホームタイトル」
「ホームディスクリプション」
設定をして行きます。

 

All in One SEO Pack設定の画像

 

「ホームタイトル」
あなたのブログのタイトルになります。

「ホームディスクリプション」
「最大160文字」までで
設定することができる
あなたのブログのジャンルや
内容の説明文になります。

ここで設定した内容は、
読者が検索エンジンで
あなたのブログを検索したときに
表示されますのでとても重要です。

タイトル設定

 

続いて「タイトル設定」ですが、
ここでは記事のタイトルを
書き換えることができます。

特に変更する必要はないので、
「無効」にチェックを
入れておきましょう。

 

All in One SEO Pack設定の画像

 

Content Type Settings (カスタム投稿タイプ設定)

 

続いて「Content Type Settings
(カスタム投稿タイプ設定)」ですが、
「投稿」「固定ページ」以外で
投稿タイプをカスタムして
利用する予定がなければ、
デフォルト(初期設定)のままでOKです。

 

All in One SEO Pack設定の画像

 

表示設定

 

続いて「表示設定」ですが、
ここも特に変更する必要は
ありませんので、
デフォルトのままでOKです。

 

All in One SEO Pack設定の画像

 

ウェブマスター認証

 

続いて「ウェブマスター認証」ですが、
ここではサイトやブログの
解析ツールである
「Googleサーチコンソール」
「Bing webマスターツール」
設定することができます。

 

All in One SEO Pack設定の画像

 

それぞれ認証設定するためには
「Googleサーチコンソール」
「Bing webマスターツール」
登録しておく必要があります。

特に「Googleサーチコンソール」は、
Google検索結果での
サイトやブログのパフォーマンスを
監視、管理できるGoogleの
「無料サービス」ですので
必ず登録と導入をしておきましょう。

「Googleサーチコンソール」
登録がまだの方は
以下の記事でわかりやすく
画像付きでご紹介していますので
合わせてぜひ、参考にどうぞ!

 

Googleサーチコンソールの画像
初心者必見!「Googleサーチコンソール」のかんたん登録方法ブログ初心者必見の「Googleサーチコンソール」の登録方法を知りたいですか?本記事では「Googleサーチコンソール」の設定方法をわかりやすく画像付きでご紹介しています。ブログ初心者必見の「Googleサーチコンソール」の登録方法を知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

Google設定

 

続いて「Google設定」ですが、
ここでは「Google+」
「Googleアナリティクス」
自分のサイトやブログと
連携するための設定を行なえます。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

「Google+」とは
Googleが提供している
ソーシャルネットワーキング
サービスのことです。

注「Google+」は
2019年4月に
一般ユーザー(個人)向けの
サービスを終了しています。

「Googleアナリティクス」とは
Googleが無料で提供している
Webページの
アクセス解析サービスのことです。

サイトやブログを運営していく上で
「Googleアナリティクス」との
導入と連携は、
非常に重要となりますので、
必ず導入と連携をしておきましょう。

「Googleアナリティクス」
登録方法は以下の記事で
わかりやすく画像付きで
ご紹介していますので
登録がまだの方は
合わせてぜひ、参考にどうぞ!

 

Googleアナリティクスの画像
初心者必見!「Googleアナリティクス」のかんたん設定方法「Googleアナリティクス」のかんたん設定方法を知りたいですか?本記事では「Googleアナリティクス」の設定方法をブログ初心者の方でもわかりやすく画像付きでご紹介しています。「Googleアナリティクス」のかんたん設定方法を知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

連携させるには
「トラッキングIDを取得して
「GoogleアナリティクスID」の欄に
入力する必要があります。

「トラッキングID」の取得は
「Googleアナリティクス」
公式サイトにアクセスして
「管理」「トラッキング情報」
「トラッキングコード」
順に選択していくと
「トラッキングID」
表示されますので、
それをコピーして
「GoogleアナリティクスID」の欄に
貼り付けます。

 

Googleアナリティクス設定の画像

 

Googleアナリティクス設定の画像

 

All in one SEO Packの設定の画像

 

Googleアナリティクス設定の画像

 

Noindex設定

 

続いて「Noindex設定」ですが、
検索エンジンに
「インデックス(表示)」させる
必要のないページに設定しておきます。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

そうしておくことで
サイトやブログ全体に
クローラーの回遊性を
向上させることができて、
「SEO対策」的にも
効果があります。

詳細設定

 

続いて「詳細設定」ですが、
ここでは
「ディスクリプションを自動生成」
のみ設定しておけばOKです。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

All in One SEO Packの設定

 

キーワード設定

 

続いて「キーワード設定」ですが、
特に必要はありませんので
「無効」のままでOKです。

 

All in one SEO Packの設定の画像

 

最後に一番下にある
「設定を更新」をクリックして
一般設定は完了となります。

XMLサイトマップの設定

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

次に「XMLサイトマップの設定」ですが、
「Google XML Sitemaps」といった
サイトマップを自動生成してくれる
別のプラグインがありますので、
そちらをインストールして
使用されることをおすすめします。

よってここでの設定は
必要ありません。

「Google XML Sitemaps」
設定方法は以下の記事で
わかりやすく画像付きで
ご紹介していますので
設定がまだの方は
合わせてぜひ、参考にどうぞ!

 

サイトマップのイラストの画像
サイトマップを自動生成「Google XML Sitemaps 」の設定方法検索エンジン向けのサイトマップを自動生成してくれるWordPressプラグインの「Google XML Sitemaps 」の設定方法について知りたいですか?本記事では「Google XML Sitemaps 」の設定方法についてわかりやすく画像付きでご紹介しています。検索エンジン向けのサイトマップを自動生成してくれるWordPressプラグインの「Google XML Sitemaps 」の設定方法について知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

ソーシャルメディアの設定

 

続いて
「ソーシャルメディアの設定」
を行ないます。

「WordPress」
管理画面の左メニューから
「All in One SEO」「機能管理」
クリックして「ソーシャルメディア」
選択してクリックします。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

すると「All in One SEO」
メニュー内に「ソーシャルメディア」
項目が追加で表示されるので
クリックします。

まず「ホームページ設定」ですが、
「AIOSEO の Title と
Description を使用する」
チェックを入れると、
先ほど「All in One SEO Pack」
「ホームページ設定」で設定した
ホームタイトルと
ホームディスクリプションが
適用されます。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

ソーシャルメディア用に
新たに別で設定したい場合は、
チェックを外して
新たに設定することができます。

画像設定

 

「画像設定」は投稿記事が
シェアされた場合に
表示される画像を設定できます。

「OG:Imageソースを選択」では
「Featured Image」
選択することで
「アイキャッチ画像」
表示させることができます。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

「アイキャッチ画像」とは、
その名のとおり
読者の目を引き付けるための
画像のことです。

一般的にデフォルトの画像より
このアイキャッチ画像の方が
よく使用されています。

その下にある
「画像が見つからない場合は
デフォルトを使用」
チェックを入れておくと、
アイキャッチ画像が
見つからなかった場合、
デフォルトの画像が
使用されますのでチェックは
入れておくようにしましょう。

ソーシャルプロフィールリンク設定

 

続いて
「ソーシャルプロフィールリンク」ですが
特に設定する必要はありませんので、
そのままでOKです。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

Facebook(フェイスブック)設定

 

続いて「Facebook設定」ですが、
「Facebook 管理者 ID」
「Facebook App ID」
取得して連携させる必要があります。

「Facebook 管理者ID 」
取得方法は
「Find your Facebook ID」
アクセスして
FacebookのURLを入力すると
取得することができます。

「Facebook App ID」
取得方法は
「Facebook for developers」
アクセスしてステップガイドにそって
進めていくことで
取得することができます。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

Twitter(ツイッター)設定

 

続いて「Twitter設定」ですが
Facebookと同様にサイトやブログで
SNSを活用して行く上で
非常に重要な設定となります。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

「デフォルト Twitter カード」
「要約の大きい画像」の方が
インパクトもあり
読者の印象にも残りやすいので、
そちらを選択しておきましょう。

サイトやブログに
「Twitterカード」を表示させるには
「Card validator」にアクセスして
ステップガイドにそって
進めて行くことで、
「Twitterカード」
作成することができます。

「Twitter サイト」は、
「Twitterアカウント
(Twitter ID)」のことです。

「@○○○○○○ 」という
形になります。

私の場合は
「@hishihari」となります。

「Twitter 投稿者を表示」には、
チェックを入れておきます。

「Twitter ドメイン」は、
TwitterのURLのことです。

「http://twitter.com/○○○○」
という形になります。

私の場合は
「https://twitter.com/hishihari」
となります。

詳細設定

 

最後は「詳細設定」ですが
特に変更するところは
ありませんので、
そのままでOKです。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

ソーシャルメタ情報をスキャン

 

「ソーシャルメタ情報をスキャン」
サイト・ブログ内の
重複したソーシャルメタタグを
スキャンすることで確認できます。

「メタタグ」とは
Webページの設定や情報を
検索エンジンやブラウザに伝える
HTMLファイルのheadタグ内に
書き込まれているタグのことです。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

「いますぐスキャン」
クリックして問題がなければ、
「重複の meta タグが
見つかりませんでした。」
表示されます。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

最後に一番下にある
「設定を更新」をクリックすると
ソーシャルメディアの設定は、
完了となります。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

これで「All in One SEO Pack」
すべての設定が完了となります。

 

ひしはり
ひしはり
お疲れさまでした。

 

設定内容が多くて
めんどくさく感じる方も
おられるかも知れませんが、
サイトやブログを「WordPress」
運営して行く上で非常に重要な
プラグイン設定になりますので、
めんどくさがらずに
しっかりと最初に
設定しておきましょう。

最初だけの手間ですからね。

ここまで長々と設定方法について
説明して来ましたが、
効果的な「All in One SEO Pack」
使い方も続けて説明しておきますね。

「All in One SEO Pack」の効果的な使い方

SEOの画像

ブログを立ち上げたら
記事を書いて行くわけですが、
記事を投稿するときの
「SEO対策」として
「メイン設定」
「ソーシャル設定」
2つがあります。

どちらも「SEO対策」として
重要な設定ですので
ここもしっかり設定して
上手に活用して行きましょう。

メイン設定

 

まず、「メイン設定」ですが、
「WordPress」
管理画面の左メニューから
「投稿」「新規追加」と進み
記事を書いて行くのですが、
その記事作成画面のすぐ下に
「All in One SEO Pack」
表示がありますので
そこからメイン設定を
行なっていきます。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

スニペットのプレビューとは?

 

最初にある
「スニペットのプレビュー」というのは
検索エンジンで検索されたときに
表示される表示内容のことです。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

「タイトル」には、
記事のタイトルを
「最大60文字」で入力します。

タイトルの文字数は「32文字以内」

 

これといった明確な決まりは
ないようですが、
ネットで調べると
一般的に記事タイトルは、
「32文字以内」での設定が
推奨されています。

その理由としては
Googleの検索結果に
表示されるタイトルの長さが
「32文字」だからです。

「ディスクリプション」には
その記事のかんたんな内容説明を
「最大160文字」で入力します。

ここで設定する「タイトル」
「ディスクリプション」は、
サイトやブログへの
アクセス数に大きく影響しますので、
非常に重要な「SEO対策」といえます。

次に下の方に
チェックする項目がありますが、
特に変更する必要はありませんので、
そのままでOKです。

「効果的なタイトルの付け方」
については、以下の記事に
くわしくまとめていますので
ぜひ、合わせて参考にどうぞ!

 

パソコンの画像
【ブログ記事タイトルの付け方】思わず読みたくなる16のコツブログ記事のタイトルの付け方を知りたいですか?本記事では思わず読みたくなるブログ記事のタイトルの付け方の16のコツをご紹介しています。ブログ記事のタイトルの付け方を知りたい方はぜひ、記事をご覧下さい!...

 

ソーシャル設定

 

続いて「ソーシャル設定」ですが、
基本的な手順は
メイン設定と同じです。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

「タイトル」には、
記事のタイトルを
「最大95文字」で入力します。

「ディスクリプション」には、
その記事の内容説明を
「最大1000文字」で入力します。

「Facebook
オブジェクトタイプ」は、
お好みになりますが、
私の場合は「記事」
設定しています。

「Twitterカードタイプ」は、
大きめの画像の方が
印象に残りやすいので
「要約の大きい画像」
おすすめです。

 

All in One SEO Packの設定の画像

 

以上が「All in One SEO Pack」
効果的な使い方の説明になります。

まとめ

 

今回の記事では、
「WordPress」ブログで
必須とされているプラグイン
「All in One SEO Pack」
効果的な設定方法と使い方について
ご紹介して来ました。

これらの基本設定を
正しく行なうことで、
「SEO対策」的にも
大きな影響があり、
サイトやブログに
アクセスを集めて行く上でも
非常に重要になって来ます。

「All in One SEO Pack」
導入と設定は「WordPress」
サイトやブログを
運営されている方なら
ほとんどの方が
利用されているといっても
過言ではないでしょう。

先ほども書きましたが、
基本設定自体は、
最初だけの手間ですので、
しっかりと
設定しておきたいものです。

一つ一つの手間や
面倒くささの中にこそ
読者のユーザビリティにつながる
ヒントがあると信じて、
必死に張り切る ひしはり でした。
今日は、ここまで。

関連記事