Googleサービス

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する2つの方法

スマホの画像

 

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

 

ひしはり
ひしはり
Googleアナリティクスで自分のアクセスだけを
除外することって出来たりするの?

出来るとしたらどうやってすればいいの?

本記事では
このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

❶ Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する2つの方法

❷ ①アナリティクスにIPアドレスを指定して除外する方法

❸ ②WordPressにトラッキングコードを貼り付けて除外する方法

 

ブログを運営していると
何かと自分で自分のブログに
アクセスして見ることが多いですよね。

そんな自分自身の「自分アクセス」
「Googleアナリティクス」での
集計には含まれてしまいます。

正しいアクセス解析を行うためにも
そんな「自分アクセス」
除外したいですよね。

本記事を読めば、
「Googleアナリティクス」を使った解析で
自分のブログへの「自分アクセス」だけを
除外する「2つの方法」
画像付きでわかりやすく
ご紹介していますので、
「自分アクセス」だけを簡単に
除外することが出来るようになりますよ。

 

この記事を書いている人

この記事を書いている私はブログ歴3年目

現在は本業のサラリーマンの傍ら副業ブロガーとして活動しています。

Twitter(ひしはり人生再構築ブロガー)のフォロワーは2100人ほど。

アナリティクスで自分のアクセスを除外する2つの方法

自分アクセス除外の画像

 

ブログを運営していると、
自分のブログに自分自身で
アクセスすることは
頻繁にありますので、
その都度、自分のアクセスが
カウントされてしまっては、
正しい解析値を知ることが出来ません。

ですので「自分アクセス」
除外する設定は、
「Googleアナリティクス」
導入と同時に必ず
設定しておくようにしましょう。

「Googleアナリティクス」の導入が
まだの方は以下の記事に
画像付きでわかりやすく
まとめていますので、
ぜひ、参考にどうぞ。

 

Googleアナリティクスの画像
初心者必見!「Googleアナリティクス」のかんたん設定方法「Googleアナリティクス」のかんたん設定方法を知りたいですか?本記事では「Googleアナリティクス」の設定方法をブログ初心者の方でもわかりやすく画像付きでご紹介しています。「Googleアナリティクス」のかんたん設定方法を知りたい方はぜひ、記事をご覧ください!...

 

それでは自分のブログで
自分自身のアクセスを
「Googleアナリティクス」から
除外することが出来る簡単な
「2つの方法」をご紹介して行きます。

まず、自分のアクセスが
除外されていない状態で
自分が運営しているブログに
アクセスすると
「Googleアナリティクス」
「リアルタイムレポート」
すぐに反映されてしまいます。

 

自分アクセス除外の設定の画像

 

先ほどもいいましたが、
このような状態では、
自分のアクセスと
ユーザーからのアクセスとの
区別がつかず正確な解析値を
知ることが出来ません。

正確な解析値を知ることが
出来なければ、
当然正しいブログの改善にも
繋げて行くことが出来ませんので、
正確な解析値を知るためにも
必要な設定を必ず行うようにしましょう。

以下が今回ご紹介する
自分のアクセスを除外する
簡単な「2つの方法」となります。

 

自分アクセス除外方法

① GoogleアナリティクスでIPアドレスを指定して除外する
② WordPressにトラッキングコードを貼り付けて除外する

 

それではそれぞれの除外方法について
ご紹介して行きますね。

①アナリティクスにIPアドレスを指定して除外する方法

除外される鳥の画像

 

1つ目の方法は
ご自身が使用されている
パソコンの「IPアドレス」
「Googleアナリティクス」
「フィルタ設定」で指定することで
「自分アクセス」
除外することが出来ます。

「IPアドレス」とは、
パソコンやスマホなどの
ネットワーク上の機器を
識別するために割り当てられた
番号のことです。

ただし「IPアドレス」
永久に同一ではありません。

ご利用中のプロバイダから
「IPアドレス」
割り当てられる際に、
通常は「毎回違うIPアドレス」
割り当てられます。

インターネットの
サービスプロバイダから
有料のオプションとして
「固定IPアドレスサービス」
受けていれば、
「IPアドレス」が変わる事はありません。

しかしそうでない場合、
「IPアドレス」
その都度変わって行きますので、
設定もその都度、
し直さなければいけません。

 

ひしはり
ひしはり
これは面倒くさいかも・・・

 

「IPアドレス」が変更される
タイミングや頻度は、
ご利用のプロバイダによって
まちまちのようですね。

 

【メリット】

・使用するブラウザに関係なく確実にアクセスの除外が出来る
・設定次第では複数のパソコンからのアクセスも除外出来る

 

【デメリット】

・利用中のプロバイダが変わればその都度設定し直す必要がある

 

毎回設定し直さなければいけない
わずらわしさはありますが、
設定自体は簡単ですので
一応ご紹介しておきますね。

まずは使用しているパソコンの
「IPアドレス」を確認しましょう。

確認方法は
「サーバー監視/ネットワーク監視サービス」
のサイトで確認することが出来ます。

 

 

アクセスすると
「あなたの利用しているIPアドレス」
表示されますので
メモを取っておくかコピーしておきます。

 

自分アクセス除外の設定の画像

 

「IPアドレス」を確認したら、
「Googleアナリティクス」
アクセスして
「フィルタ設定」を行なっていきます。

「Googleアナリティクス」
「ログイン画面」から
管理画面に移動して
左メニューの下の方にある
「管理」の項目をクリックします。

 

自分アクセス除外の画像

 

次に「すべてのフィルタ」
「+フィルタを追加」の順で
クリックします。

 

自分アクセス除外の画像

 

自分アクセス除外の画像

 

「フィルタ名」には、
自分がわかりやすい名前を入力します。

私の場合は
「自分アクセス除外」としています。

 

自分アクセス除外の画像

 

次に「フィルタの種類」ですが、
「カスタム」の方を選択します。

続いて「フィルタフィールド」ですが、
「フィールドを選択」をクリックすると
プルダウン形式で
ウインドウが開きますので、
そこで「IPアドレス」を選択します。

 

自分アクセス除外の画像

 

最後に「フィルターパターン」
入力箇所に先程メモ、
もしくはコピーしておいた
「IPアドレス」を入力します。

入力したら一番下にある
「保存」をクリックして
設定完了となります。

 

自分アクセス除外の画像

 

WordPressにトラッキングコードを貼り付けて除外する方法

除外される画像

 

2つ目の方法は「WordPressの」
「header.php」ファイルに
「Googleアナリティクス」
「トラッキングコード」
貼り付けることで自分のアクセスを
除外することが出来ますので、
その方法をご紹介したいと思います。

 

【メリット】

・WordPressにログインしている時は自動的に除外出来る
・マルチデバイス(パソコン・スマホ・タブレット)に対応している

 

【デメリット】

・WordPressの利用者しか設定出来ない

 

「Googleアナリティクス」
「ログイン画面」から
管理画面に移動して
左メニューの下の方にある
「管理」の項目をクリックします。

次に「トラッキング情報」
「トラッキングコード」
順にクリックします。

 

自分アクセス除外の画像

 

自分アクセス除外の画像

 

自分アクセス除外の画像

 

 

赤枠で囲っている箇所が、
「トラッキングコード」になります。

 

自分アクセス除外の画像

 

この「トラッキングコード」
コピーして「WordPress」
「header.php」ファイルに
貼り付けます。

まずは「WordPress」
管理画面の左メニューから
「外観」「テーマエディター」の順に
クリックし、テーマヘッダー
「header.php」ファイルを
クリックします。

 

自分アクセス除外の画像

 

自分アクセス除外の画像

 

ファイル内にある
「</head>」を探して
そのすぐ上に以下のコードと
先程の「Googleアナリティクス」
「トラッキングコード」
組み合わせて貼り付けます。

 

<?php if ( !is_user_logged_in() ) : ?>
<!–自分のトラッキングコード–>
<?php endif; ?>

 

自分アクセス除外の画像

 

便利な機能として
ファイル内の膨大な文字列の中から
特定の文字を簡単に
見つける方法があります。

「Windows」ならキーボードの
「Ctrl + F」
「Mac」ならキーボードの
「command + F」
「検索フォーム」が出て来ます。

そこに「</head>」と入力すると
その部分だけ色が変わりますので
すぐに見つけることが出来ます。

 

自分アクセス除外の画像

 

貼り付けが終わったら、
「ファイルを更新」をクリックして
設定完了となります。

 

自分アクセス除外の画像

 

どちらかの方法で
アクセス除外の設定が終わったら、
自分のブログにアクセスしてみて
「Googleアナリティクス」
「リアルタイムレポート」
実際にアクセスが除外されているかの
確認を必ず行なっておきましょう。

まとめ

 

今日はブログ運営を
始めたばかりのブログ初心者の方が、
「Googleアナリティクス」での
アクセス解析で自分からのアクセスを
除外する簡単な「2つの方法」について
ご紹介しました。

「Googleアナリティクス」では、
いろいろなアクセスデータを
解析することが出来ます。

例えば、どんな世代の人が、
どんなキーワードでブログに訪れたとか、
また、どの記事にアクセスが
多く集まっているかなどを
知ることができ、
Webサイトの改善に大きく役立ちます。

しかし、正確な解析値でないと当然
正しい改善は出来ませんので、
今日ご紹介した設定は
「Googleアナリティクス」
導入と同時に必ず設定しておきましょう。

今後もアクセス解析をしっかり分析して
さらなるブログ最適化を
必死に張り切る ひしはり でした。
今日は、ここまで。

関連記事