BLOG最適化

404エラーページと検索結果ページのカスタマイズ

こんにちは。
必死に張り切る ひしはり です。

今日は、先日書いたソフト404エラー関連の
続きを書きたいと思います。

先日は、ちょうど仕事が休みだったのと、めずらしく
用事がなかったので、ほぼ1日集中して
作業が出来ました。

 

検索ページの画像

 

404エラーページ・検索結果ページのカスタマイズ

 

先日も書きましたが、404エラーページの
おさらいからです。

 

404エラーページとは?

 

読者の方がサイト内で検索などを行なった時に
URLの入力を間違えたり、すでに削除されたページに
アクセスされた時などに表示されるエラーページの事でしたね。

デフォルト(初期設定)の状態では、
その場合画面いっぱいに
「404 Not Found」 と書かれた数字と英語の
画面が表示されます。

初めて見た時は、パソコンが壊れてしまったのかと
思いましたよ。(汗)

404エラーはサーバーエラーの中の一つで
サーバーエラーが発生するとエラーコードが
表示される様になっています。

エラーコードと言っても
色々あるらしく 「404 」 はページが
見つかりませんと言うエラーコードです。

デフォルトの画面のままでは、
私みたいなネットビジネス初心者には
その画面の意味が、分からなくて一瞬あせってしまいます。

ですので、その画面を初めて見た人でも
理解が出来て、なおかつサイトからの離脱も
少なくする為に、カスタマイズした訳です。

カスタマイズとは、自分好みに設定を
変更する事です。

当然、私は自分の知識では
そんな難しい事は、出来ませんので
早速いつもの様にネットで調べてやり方を勉強です。

 

なぜ、404エラーページをカスタマイズするのか?

 

しっかりと404エラーページの設定を
行なっている事で、読者の方への利便性がアップします。

ページが存在しない事だけを伝えるのではなくて
そのページに、人気記事や各カテゴリー
キーワード検索などの項目を設定して置く事で
サイトからの離脱率を少なくする事が出来ます。

今回の404エラーページのカスタマイズは
自分なりに納得できるものが出来ました。

そのページ設定を利用して
検索結果ページもカスタマイズしました。

 

検索結果ページとは?

 

検索結果ページとは
サイトやブログのページ内に
キーワード検索が出来る検索フォームが
設置されていると思います。

そこでキーワード検索した結果
該当するものがなかった場合に
表示されるページの事です。

デフォルトの状態では
検索結果 0件 の様な味気ない画面が出ます。

そこで、同じ様に読者の方への
利便性をアップする為にカスタマイズしました。

やり方は、ほぼ404エラーページと同じです。
一部分の言葉を入れ替えただけですので
基本的に同じ様なページが表示されます。

私の場合は、ワードプレスとスティンガー8と言う
テーマを使用していますので、
「404.php」「search.php」 と言う二つの
テーマファイルを書き直しました。

 

テーマファイルのコピーはFTPクライアントで

 

テーマファイルが子テーマにない場合は
FTPクライアントを使って、親テーマから
子テーマへファイルをコピーします。

私が使っているFTPクライアントは
「サイバーダック」です。

無料で使えておすすめされていたので
こちらを使っています。

 

 

まとめ

 

今回は、二つのページのカスタマイズについて
書かせてもらいましたが、まだまだ
利便性をアップする為に、やらなければ
いけない事がたくさんあります。

めげずに、あせらずに
コツコツと続けて行きたいと思います。

休日の日曜日、家族が起きて来る前に
早起きして、朝6時頃から作業しています。
(うん. 眠い・・・笑)

今日も1日
必死に張り切りたいと思う ひしはり でした。
今日は、ここまで。

関連記事